著書
公開件数:3件
No. 書名 出版社名 担当頁 出版日 著者名 ISBN 概要
1 未来をひらく音楽科教育 —中学校・高等学校教員養成課程における課題と展望—
DTP出版
52-59
2017/07
京都女子大学発達教育学部教育学科音楽教育学専攻編
978-4-86211-638-3
和声聴音課題を漸次的、体系的に学習できるよう、難易度別に五段階に集約し計26題の課題を作成した。またそれぞれの課題にワンポイントアドヴァイスを付した。 担当部分: pp.52-59 第4章「音楽科教育におけるソルフェージュ課題集」第2節「和声聴音」
2 中学校・高等学校教員養成課程における音楽科教育の理論と実践
三恵社
68-75
2017/06
京都女子大学発達教育学部教育学科音楽教育学専攻編
978-4-86487-715-2
ソルフェージュの授業実践での現状に鑑みながら、ソルフェージュと音楽理論との連関性について言及した。また和声聴音の訓練により鋭敏な耳を作り、理論から更に演奏へと繋げるためのヒントを提起した。 担当部分: pp.68-75 第4章「ソルフェージュの基礎教育」第3節「ソルフェージュにおける和声聴音 —理論から演奏へ繋げるために—」
3 表現の文化と教育
オブラ・パブリケーション
235-250
2007/08
大谷正和
978-4-915964-07-7
「表現する」という行為を現代音楽の視点から考察、20世紀以降のピアノ作品に見られる様々な特殊奏法を解説しながら、ピアノ奏法の新たな展望と可能性について述べた。 担当部分: pp.235-250 第10章「現代ピアノ作品に見る奏法の拡大と手わざの開拓」 共同執筆者: 難波正明、小林公江、川口千代 他6名