論文
公開件数:5件
No. 発表論文の標題 掲載誌名 論文誌種別 単著・共著区分 巻号頁 出版日 著者名 ISSN DOI 概要
1 実習不安と実習での体験・学びとの関係について
京都女子大学学生相談室紀要
大学・研究所紀要
単著
Vol.36, 3-18
2011/02



保育実習に対する学生の不安や期待等が実習体験によって継続・変化するかを分析した。「子どもとの関わり」が実習前の不安、実習の困難さ、実習で学んだことのいずれにおいても中心であり、また、各段階を経て経験を自己の課題として位置づけていく過程がみられることなどを指摘した。
2 実習不安と評価不安および対人恐怖心性との関係
京都女子大学学生相談室紀要
大学・研究所紀要
単著
Vol.34, 27-40
2009/02



学生の保育所実習に対する不安、大学の講義等で感じる評価不安、対人緊張などの「対人恐怖心性」との関係を分析。実習不安の4つの側面のうち「知識・技能・評価への不安」は評価不安、対人恐怖心性のうちの「社会的場面で当惑する悩み」との関連が強いなど、相互の関連性について指摘した。関連性が高いと推測された「実習生活に対する不安」と対人恐怖心性との関連は低かったため、追試等今後の課題とした。
3 障害者施設実習に対する不安ー不安の因子構造および不安と経験との関係ー
京都女子大学発達教育学部紀要第5号
大学・研究所紀要
単著

2009/02



保育実習のうちの障害者施設実習に関する学生の不安の因子構造を明らかにするとともに、他の施設(児童福祉施設)での実習の場合と比較・分析した。同時に、障害者と接触経験等と不安との関係を分析した。この結果、「障害者の属性に対する不安」の存在など他の保育実習と異なる不安が認められ、不安の因子によって経験の影響の仕方が異なること、経験の「質」の分析の意義を指摘した。21-30頁。
4 統合保育に対する意識・態度の類似度による分類と影響因の検討
京都女子大学「発達教育学部紀要」
大学・研究所紀要
単著
第3号, 11-21
2007/02



統合保育に対する保育系女子大生の意識・態度の因子構造を分析し、因子得点を元にクラスター分析によって対象者の群分類を行った上で、群と先行経験などの影響因との関係を分析した。加えて学年間での群構成の比較により、大学における実習等との関連を検討した。この結果、先行経験、実習体験の「質」が影響因となること、学年の進行と群分化の関係に関連が見られた。これらから、保育系授業・実習の充実に向けた取組についての示唆を得た。
5 障害児教育における職業教育
筑波大学教育開発国際協力研究センター平成16年度拠点システム構築委託事業実施報告書
その他
共著

2005/03



「開発途上国における障害児教育分野の教育協力モデル開発に関する基礎的研究」の一環として行う。知的障害児養護学校における職業発達への支援や進路指導・職業教育の現状をもとに基本的なモデルを提示した。さらに、職業訓練など学校教育以外の分野で行われる職業教育・指導について情報を収集し、整理した。また、それら両者の共通点などについても言及した。1-30頁、39-42頁。 倉本義則、梅永雄二