English
 発達教育学部
 教育学科 教育学専攻
 
教授
難波   正明
NANBA Masaaki

リポジトリへのリンク

その他の所属・職名
発達教育学研究科 表現文化専攻修士課程 指導教員

職歴
就実短期大学専任講師  1986/04/01-1994/03/31 
就実短期大学助教授  1994/04/01-1995/03/01 
京都女子大学専任講師  1995/04/01-1999/03/31 
京都女子大学助教授  1999/04/01-2006/03/31 
京都女子大学教授  2006/04/01-現在 

出身大学院
岡山大学  修士  教育学研究科  音楽教育専攻  1986/03/31  修了  国内   

出身学校
東京芸術大学  音楽学部  楽理科  1984/03/31  卒業  国内   

取得学位
教育学修士  岡山大学  1986/03/31 

学生及び受験生へのメッセージ
大学4年間で「私はこれを身につけた」と自信を持って言えるものを一つでも二つでも見つけて、自分で立てた目標を達成してください。   

研究分野
音楽教育 

キーワード
①音楽科の教育内容に関する研究
②ピアノ指導に関する研究 

研究テーマ
音楽科の教育内容と音楽構成要素 導入期のピアノ教材 表現教育  音楽構成要素 大譜表の読み取り 表現行為    

共同・受託研究実績
幼小連携を目指した音楽活動プログラムの開発  岡林典子  坂井康子・佐野仁美・南夏世・深澤素子・山崎菜央・高橋香佳・大瀧周子  2013-2016  共同研究  国内共同研究  『関西楽理研究ⅩⅩⅩⅡ巻』 『京都女子大学発達教育学部紀要第12号』 
詳細表示...

著書
『表現の文化と教育』  オブラ・パブリケーション  7-33, 69-71, 133-137, 176-178  2007/08  難波正明・小林公江・川口千代編著     人間の「表現する」という行為を基点に、その文化や教育の現状・展望を考えるという趣旨で、本書の編集・執筆にあたった。 担当部分:第1章「表現の行為と文化の地平」「プロムナードⅠ・Ⅱ・Ⅲ」  このうち第1章では、表現という行為の意味内容を問うことから出発し、日常的な表現行為から「芸術」の表現行為を人間の動的な営みとしての文化という視点から見据え、J.ホイジンガ、J.デューイらの所論によりながら、表現の文化に途切れることなく連続した地平が広がっていることを明らかにした。 
『音楽のリテラシー』  オブラ・パブリケーション  117-129, 138-172, 253-275  2000/07  秀村冠一・小林公江・難波正明     音楽の読み書きに必要な基礎的知識を出発点として、それをいかに運用して多彩な表現を実現していくかを具体的に示すとともに、その背後にある文化的、歴史的文脈をよりグローバルな視点から浮き彫りにした。 担当部分:第1部第8章「和音」/第2部第2章「和声への入り口と和音伴奏」/第3章「旋律に和音をつける(1)」/第4章「旋律に和音をつける(2)」/第3部「様々な曲種」「音楽の垂直的な関係」「20世紀の音楽言語」 
『音楽的成長と発達-誕生から6歳まで-』(訳書)  渓水社  1-42  1999/10  神原雅之・難波正明・里村生英・渡辺均・吉永早苗     Schirmer Books社より出版された"Musical Growth and Development"(1989年初版)を翻訳したものである。著者のDorothy T.McDonald(アイオワ大学)とGene M.Simons(ジョージア大学)による原書は、子どもの音楽的成長と発達の過程を、豊富なデータをもとに実証的に記述している。 担当部分:第1章「乳幼児期の音楽:過去と現在」/第2章「発達・学習理論と乳幼児期の音楽」 
『これからのデザインとアート-パソコン利用の可能性-』  ニーズ  105-120  1991/04  西原暲・田辺幹夫他7名     現在、我々を取り巻いている音楽環境を考える上で、コンピュータをはじめとする様々な電子機器の急速な発達と影響を看過する訳にはいかない。本章では、コンピュータ及びその周辺機器が音楽にもたらすもの、さらにその音楽に対する意味を、演奏、作曲、聴取という音楽的行為の三つの側面に沿って考察した。 担当部分:第6章「コンピュータと音楽」 
詳細表示...

論文
幼小をつなぐ音楽活動の可能性(4)―絵本を用いた「表現遊び」から「音楽づくり」へ―  京都女子大学発達教育学部紀要  大学・研究所紀要  共著  13, 73-83  2017/02  岡林典子・難波正明・山崎菜央・深澤素子・松田幸恵・藤井香菜子・高橋香佳・大瀧周子       
リズムと拍子に関する基礎的考察―L.クラーゲスの『リズムの本質』を中心に―  京都女子大学発達教育学部紀要  大学・研究所紀要  単著  13, 11-17  2017/02  難波正明       
幼小をつなぐ音楽活動の可能性(3)―幼稚園・小学校での実践を教員養成で活かすために―  京都女子大学発達教育学部紀要  大学・研究所紀要  共著  12, 89-98  2016/02  岡林典子・難波正明・深澤素子・砂崎美由紀・山崎菜央・高橋香佳・大瀧周子  1349-5992     
幼小の子どもの育ちをつなぐ音楽活動の試み―遊び歌《しゅりけんにんじゃ》の実践をもとに―  関西楽理研究  学術雑誌  共著  ⅩⅩⅩⅡ, 41-52  2015/09  岡林典子・難波正明・佐野仁美・坂井康子・南 夏世  1346-8588     
幼小をつなぐ音楽活動の可能性(2)―わらべうた《らかんさん》の実践から―  京都女子大学発達教育学部紀要  大学・研究所紀要  共著  11, 11-20  2015/02  難波正明・岡林典子・深澤素子・ 砂崎美由紀・山崎菜央・高橋香佳・大瀧周子       
詳細表示...

その他研究業績
桜井チヨ ソプラノリサイタル  2006/06/03-2006/06/03  芸術活動  共同   広島県在住の声楽家、桜井チヨのソプラノ・リサイタルの全プログラム(17曲)をピアノ伴奏した。曲目は、モーツァルトのオペラ・アリア、中田喜直作曲「サルビア」、團伊玖磨作曲「夕鶴」より「つうのアリア」他。 
五葉アンサンブル2001「アンサンブルの愉しみ」  2001/11/10-2001/11/10  芸術活動  共同   五葉アンサンブルの第9回目の演奏会を開催し、その中でJ.M.ルクレール作曲「ヴァイオリン・ソナタロ短調」、マラン・マレ作曲「ヴァイオリンとオーボエのための組曲ニ長調」を演奏した。(室内楽チェンバロ) 
中谷和子アルトリサイタル  2001/10/05-2001/10/05  芸術活動  共同   岡山県在住の声楽家、中谷和子のアルト・リサイタルの全プログラム(11曲)をピアノ伴奏した。曲目は中田喜直作曲「こどものための8つのうた」、團伊玖磨作曲「三つの小唄」他。 
五葉アンサンブル2000「アンサンブルの愉しみ」  2000/03/25-2000/03/25  芸術活動  共同   五葉アンサンブルの第8回目の演奏会を開催し、その中でW.A.モーツァルト作曲「四手のためのソナタK.381」、及びG.F.ヘンデル作曲「トリオ・ソナタOp.2-4」を演奏した。(室内楽チェンバロ) 
五葉アンサンブル99「バロックの響き」  1999/04/24-1999/04/24  芸術活動  共同   五葉アンサンブルの第7回目の演奏会を東京で開催し、その中で、マラン・マレ作曲「ヴァイオリンとオーボエのための組曲ニ長調」及び「スペインのフォリア」、J.D.ゼレンカ作曲「トリオ・ソナタ第1番」を演奏した。(室内楽チェンバロ) 
詳細表示...

担当授業科目
大学  教育学研究Ⅰ 
大学  音楽科教育法4 
大学  教育学入門演習Ⅰ 
大学院  表現教育特論AⅠ 
大学院  表現文化課題研究Ⅰ 
詳細表示...

所属学会
日本カリキュラム学会 1998-現在  国内
関西楽理研究会 1995-現在  国内
関西楽理研究編集委員 2015/04/01-2018/03/31
日本音楽学会 1995-現在  国内
日本音楽教育学会 1984-現在  国内