English
 発達教育学部
 教育学科 教育学専攻
 
教授
森   繁男
MORI Shigeo

その他の所属・職名
発達教育学研究科 教育学専攻博士前期課程 指導教員

職歴
京都大学教育学部助手「Dコース=社会部門」  1987/04-1988/03 
京都女子大学短期大学部専任講師兼京都女子大学大学文学部専任講師「教育社会学 他」  1988/04-1993/03 
京都女子大学短期大学部助教授兼京都女子大学文学部助教授「教育社会学 他」  1993/04-1999/03 
京都女子大学大学院文学研究科教育学専攻兼任講師「教育社会学(演習・特論)」  1996/04-2004/03 
京都女子大学短期大学部教授兼京都女子大学文学部教授「教育方法 他」  1999/04-2004/03 
京都女子大学大学院文学研究科教育学専攻博士前期課程指導教員  2004/04-2006/03 
京都女子大学発達教育学部教授「教育社会学 他」  2004/04-現在 
京都女子大学大学院発達教育学研究科教育学専攻博士前期課程指導教員  2006/04-現在 
京都女子大学発達教育学部長  2014/04/01-2017/03/31 

出身大学院
京都大学  修士  教育学研究科  教育方法学専攻(教育社会学講座)  1983/03  修了  国内   
京都大学  博士後期  教育学研究科  教育方法学専攻(教育社会学講座)  1986/03  単位取得満期退学  国内   

出身学校
京都大学  教育学部  教育学科  1978/03  卒業  国内   

取得学位
教育学修士  京都大学  1983/03/23 

職務上の実績
社会教育主事補資格  1978/03   
高等学校教諭一級普通免許状(社会科)  1983/03   

研究分野
教育社会学 

研究テーマ
ジェンダーと教育に関する総合的研究  ジェンダー・社会化・隠れたカリキュラム   
子どもの生活と教育に関する実証的研究  子ども・学校・将来観   
男女平等教育に関する実践的研究  ジェンダー・セクシュアリティ・エンパワーメント   

著書
教育とジェンダー形成―葛藤・錯綜/主体性―  ハーベスト社  25~46(後掲)  2005/10  編著者:望月重信・近藤弘・森繁男・春日清孝     
解放を学ぶ女たち  剄草書房  37~65,193~227  1987/04  編訳者:上杉孝實 共訳者:大庭宣尊・奥田実・木原義勝・北岡宏章・森繁男    Jane L. Thompson,”Learning Liberation:Women’s Response to Men’s Education”(Croom Helm Ltd.1983)の全訳である。編訳者:上杉孝實、 共訳者:大庭宣尊・奥田実・木原義勝・北岡宏章・森繁男 本人担当部分は「第3章:女子の学校教育」(pp.37~65)、および「第9章:女性教育とラディカル政治学」(pp.193~227)。イギリスの女性教育家J.L.トンプソンの女性解放理論とその社会教育を通じての実践を「父権制」や「教育制度」の面から詳細に論じている。 
詳細表示...

論文
学級における「いじめ」の構築とジェンダー言説-女子大学生による「振り返り」からの緒論-  『京都女子大学発達教育学部紀要』  大学・研究所紀要  単著  第11号, 49‐53  2015/02        上記誌中49-53頁。 ある授業を受講する女子大学生たちに「いじめ」を取り上げたテレビ番組を視聴させ、そこに自らの「いじめ/いじめられ」経験を重ねて彼女らの「ジェンダー言説」としての「いじめ認識」を分析した。 
多様な個性を育てる教育の社会的課題-階層とジェンダーにみる格差の克服-  『現代日本の教育課題-21世紀の方向性を探る-』(東信堂)  その他  単著    2013/03  村田翼夫・上田学編著      村田翼夫・上田学編著『現代日本の教育課題-21世紀の方向性を探る-』第6章(pp.147~170)。 戦後日本の教育にみられる「個性重視の原則」に対して、これを棄損する「教育の階層格差」や「教育のジェンダー格差」が存在し続けるメカニズムを「ハビトゥス」や「隠れたカリキュラム」の視点から解明し、これらを克服する可能性を「スクール・ソーシャルワーカー」や「学習支援NPO」、あるいは「ジェンダー・フリー教育」の中に探った。 
ジェンダーと教育  『最新教育キーワード』(第13版)(ハーベスト社)  その他  単著    2009/12        江川・高橋・葉養・望月(編著)『最新教育キーワード』〔第13版〕第5章第134項(pp.288~289)。「ジェンダー化の隠れたカリキュラム」とその相体化をめぐって、「多様なジェンダー」を志向するという意味での「ジェンダーフリー教育」の諸課題をとらえ直した。 
ジェンダー社会化  『最新教育キーワード137』(第12版)(時事通信社)  その他  単著    2007/07        江川・高橋・葉養・望月(編著)『最新教育キーワード137』〔第12版〕第5章第122項(pp.260~261)。「多様化や主体化」の可能性と「二分法的社会化」言説との間で揺れ動く今日のジェンダー形成の錯綜について論じた。 
見えないジェンダー-社会化の隠れたカリキュラム-  『教育とジェンダー形成―葛藤・錯綜/主体性―』(ハーベスト社)  その他  単著    2005/10        望月・近藤・森・春日(編著)『教育とジェンダー形成―葛藤・錯綜/主体性―』第1章(pp.25~46)。ジェンダー形成を「ジェンダー化」として「隠れたカリキュラム」の視点からとらえ、ジェンダー・リアリティから出発する「ジェンダー・フリー教育」の試みと課題を論じた。 
詳細表示...

担当授業科目
大学  教育学演習Ⅰ 
大学  教育学研究Ⅰ 
大学  教育学研究Ⅲ 
大学  教育調査・統計法 
大学院  教育社会学特論A 
詳細表示...

社会活動
京都私学の将来ビジョン研究協議会委員  2016/10/01-現在   
財団法人 京都ゼミナールハウス理事  2001/05-現在   
長岡京市男女共同参画プラン懇話会委員  1998/11-現在   
京都市男女共同参画懇話会委員  1998/09-2009/03   
文部省生涯学習局委嘱男女平等教育研究会研究協力委員  1997/08-1999/03   
詳細表示...

所属学会
日本子ども社会学会 2000/12-現在  国内
紀要編集委員 2007/07-2011/06
日本教育学会 1990/06-現在  国内
日本教育社会学会 1981/04-現在  国内
紀要編集委員 1995/11-1999/09