English
 発達教育学部
 教育学科 心理学専攻
 
教授
吉村   英
YOSHIMURA Masaru 

リポジトリへのリンク

その他の所属・職名
発達教育学研究科 心理学専攻博士前期課程 指導教員
発達教育学研究科 教育学専攻博士後期課程 指導補助教員

取得学位
文学修士  京都大学  1981/03 

研究分野
社会心理学 
教育心理学 

著書
現代都市の行動学(再掲)  福村出版    1995/08      この書は、第1部 対人行動、第2部 産業・組織、第3部 環境からなる。「第7章 対人魅力」および「第9章 社会的判断」(担当部分)は第1部に属する。現代社会における人間行動について、感情および認知という2つの対人的側面から検討を行なった。それとともに、人間行動の各側面を理解する上で、現代都市社会そのものにたいする認識を深めることの重要性について論じた。 
発達心理学辞典  ミネルヴァ書房    1995/01      この書は発達心理学全体を網羅した辞典であり、発達理論、歴史、系統発生、議長類の行動、研究方法、生理、臨床、発達障害、認知、思考、言語、人格、感情、社会性、周辺領域、人名などの分野からなっている。担当項目は「社会的スキル」、「社会的距離」、「心情関係」、「敵意」、「リーダーシップ」の5項目であり、発達における社会性および人間関係の重要性について論じた。 
メディアコミュニケーション -コミュニケーターの心理  至文堂 現代のエスプリ30号    1993/01      この書は、第1部 メディアの効果、第2部 電話コミュニケーション、第3部 パソコンコミュニケーション、第4部 手紙コミュニケーションからなる。「手書きとワープロのあいだ」(担当部分)は第4部に属する。ワープロで書かれた手紙が受け手にどのような心理的影響を与えるかについて、実験データに基づいて手紙の場合と比較しながら考察を行った。さらに情報社会との関係について論じた。 
心理臨床大事典  培風館    1992/11      この書は第1部 総論、第2部 基礎論 第3部 心理療法、第4部 心理アセスメント、第5部 精神医学、第6部 精神分析、第7部人間・文化からなる。担当項目は第4部に属する「ゲス‐フー・テスト」および「ソシオメトリー」である。各テスト法について理論的背景や実施上の注意事項について解説を行なうとともに、集団における人間関係を理解する上で各テスト法の果たす役割について論じた。 
パソコンSPSS  東洋経済新報社    1991/03      この書は、社会科学の分野で広く使用されている汎用統計パッケージSPSSのパーソナルコンピュータ版SPSS/PC+の解説書であり、21の章からなる。SPSSは豊富なデータ管理機能と高度なデータ分析機能を備えている。本書ではSPSSの諸機能について、特に統計解析機能(記述統計、推測統計、多変量解析、ノンパラメトリック統計など)を中心に解説した。 
詳細表示...

論文
青年期の発達課題が幸福感に与える影響  京都女子大学大学院発達教育学研究科博士後期課程研究紀要発達教育学研究  大学・研究所紀要  単著  11, 1-13  2017/03  吉村 英       
大学生における幸福の概念―男子学生と女子学生の比較―  京都女子大学大学院発達教育学研究科博士後期課程研究紀要発達教育学研究  大学・研究所紀要  単著  10, 13-30  2016/03         
女子大学生における幸福の概念と幸福感の規定因  京都女子大学大学院発達教育学研究科博士後期課程研究紀要発達教育学研究  大学・研究所紀要  単著  9, 13-29  2015/03    1882-093X    幸福に関する自由記述のデータをテキストマイニングの手法によって分析することにより、女子大学生における幸福の概念を検討するとともに、友人関係、恋愛イメージ、キャリア意識などの要因が幸福感にどのような影響を与えているかについても実証的な検討を行った。 
女子大学生のキャリア意識と幸福感―学部間の比較―  京都女子大学大学院発達教育学研究科博士後期課程研究紀要発達教育学研究  大学・研究所紀要  単著  8, 31-53  2014/03  吉村 英       
情報判断における情報の内容とメディアの効果―老年期について  京都光華女子大学短期大学部研究紀要  大学・研究所紀要  共著  50, 49-57  2012/12  吉村 啓子 吉村 英       
詳細表示...