English
 発達教育学部
 教育学科 音楽教育学専攻
 
准教授
荒川   恵子
ARAKAWA Keiko

1962年生まれ
Tel.075--31-7236
Fax.075--31-7236

リポジトリへのリンク

職歴
大阪芸術大学 非常勤副手  1985/04/01-1986/12/31 
職業訓練法人 大阪ヒューマン・アカデミー 非常勤講師   1993/04/01-1999/03/31 
大阪大学 非常勤ティーチング・アシスタント  1994/12-1998/02 
大阪職業能力開発短期大学校(現 近畿職業能力開発大学校) 非常勤講師  1997/10-1999/03 
京都女子大学 文学部 教育学科 音楽教育学専攻 非常勤講師  1998/04/01-1999/03/31 
京都女子大学 文学部 教育学科 音楽教育学専攻(現発達教育学部 教育学科 音楽教育学専攻)専任講師  1999/04/01-2005/03/30 
大阪大学 人間科学部 非常勤講師  2004/10-2005/03/31 
大阪大学大学院 人間科学研究科 非常勤講師   2004/10-2005/03/31 
京都女子大学 発達教育学部 教育学科 音楽教育学専攻 准教授  2005/04/01-現在 

出身大学院
大阪大学  博士  文学研究科  芸術学専攻(音楽学)  1998/03/15  修了  国内   

出身学校
大阪芸術大学  芸術学部  文芸学科  1985/03/31  卒業  国内   

取得学位
博士(文学)  大阪大学  1998/03/25 

職務上の実績
国語科中学校教諭一種免許取得  1985/03/31   
国語科高等学校教諭二種免許  1985/03/31   

学生及び受験生へのメッセージ
大学での学びは、自分で探求する喜びに満ちています。知的好奇心旺盛に、知の探検を楽しみましょう。   

研究分野
音楽学 
音楽知覚認知 

キーワード
①演奏様式の変遷について
②演奏の知覚と認知について
③鑑賞指導について 

研究テーマ
演奏様式の変遷について  演奏様式 音響解析、テンポ変化 音量変化、オリジナル楽器  1993-  録音資料に残る20世紀の名演奏家の演奏を分析する。音響解析を行い、テンポ変化や音量変化のデータをもとに様式変遷を検証し、変化を生み出す原因について歴史的背景や芸術哲学の変化などを射程に入れて考察する。
鑑賞指導について  演奏比較、科学教育  2000-  小学校以降、社会人までは演奏比較を行う鑑賞指導を提唱し、幼稚園では科学的興味を喚起する内容を導入して構成。
音楽と科学のコラボレーションによるアウトリーチ  幼児 幼小連携 音楽 科学 アウトリーチ  2010- 

著書
演奏を支える心と科学(翻訳)  誠信書房  282-309  2011/09  R.パーンカット,G.E.マクファーソン編著 安達真由美,小川容子監訳    Richard Parncutt & Gary E. McPherson (ed.) The science & psychology of music performance (Oxford University Press 2002)の翻訳。演奏に関する医学、脳科学など学際的研究による科学的論文集を日本の音楽教育学と音楽心理学の研究者達で共同翻訳出版した。各論文は研究分野の異なる二人の翻訳者が担当し、議論しながら進めるシステムをとっている。 担当箇所 「第12章 イントネーション 音楽演奏におけるピッチ感覚とは」(松永理恵と共著) 
音楽と感情の心理学(翻訳)  誠信書房  1-8  2008/10  P.N.ジュスリン,J.A.スロボダ編著 大串健吾,星野悦子,山田真司監訳    心理学、人類学、医学など様々な領域における音楽と感情の研究紹介の論文集である。日本音楽知覚認知学会の音楽と感情研究会で平成16年~平成17年に輪読し、そこから今回の翻訳出版へと繋がった。冒頭のコンセプトに関する部分を担当した。「第1章 音楽と感情 はじめに」 (Music and Emotion:Theory and Research / Oxford University Press 2001)の翻訳 
音は心の中で音楽になる―音楽心理学への招待  北大路書房  152-153, 175-177  2000/03  谷口高士監修    音楽を媒介として起こる人間の知覚・認知・思考・感情・発達などのメカニズムやプロセスを解説した本書の中で、研究成果を紹介する箇所の一部を担当した。 
未来をひらく音楽科教育‐中学校・高等学校教員養成課程における課題と展望―  DTP出版  180-187  2017/07  関口博子・荒川恵子・ガハプカ奈美・土居知子他    平成29年3月に公示された新しい学習指導要領に対応した教科書である。全体の編集とともに、学習指導要領で「生きる力」が重視されていることから「第12章 音楽科教育とキャリア教育」の執筆を担当した。そこでは、自己の足跡を振り返り、自分の考え方や要望にどのような傾向があるかを緻密に分析して、現在の自分を正確に把握し、自らの可能性をどう切り開くかを考えるキャリア教育の重要性、及び専攻の卒業生は学びをどのように活かしてどのような進路があるかを提示した。 
中学校・高等学校教員養成課程における音楽科教育の理論と実践  三恵社  188-195  2017/06  ガハプカ奈美・土居知子・荒川恵子・関口博子他    中学校・高等学校の音楽科教員養成課程において、学生が身につけているべき、音楽に関する理論と実践的課題について網羅的に示した教科書である。全体の編集ともに「第13章 鑑賞教育の可能性-シューベルト作曲《魔王》を用いて」の執筆を担当した。そこでは「演奏表現への理解」を深める為に、シューベルト作曲《魔王》を鑑賞教材として、歴史的名演奏家の演奏比較を導入した鑑賞指導法を提案した。 
詳細表示...

論文
幼稚園における音楽と科学のコラボレーションによるアウトリーチ活動の成果と課題-「海の生き物探険」をテーマとした子どもの目と耳と知的好奇心に訴える演奏会を通じて  関西楽理研究会発行『関西楽理研究』   学術雑誌  共著  33, 32-52  2016/12  豊田 典子 , 荒川 恵子 , 豊田 秀雄 , 岡林 典子 , 内田 博世 , 谷口 高士      2016年、大阪及び京都府下の私立幼稚園2園において、海の生き物探険をテーマとした音楽と科学のコラボレーションの訪問演奏会を行った。演奏会中の子どもの画像を記録し、教職員、保護者等へのアンケート調査と主任教諭へのインタビューを行い、追跡調査として、演奏会後の園児の行動変容について、教諭による観察報告を得た。それらを分析した結果、本演奏会において①子どもの興味に沿ったテーマ設定の妥当牲、②ピアノ及びマリンバといった子どもにとって身近な楽器によるクラシック音楽選曲の妥当性と生演奏による傾聴効果③パペット人形の使用効果、④ジンベエザメ原寸大の巨大な絵の使用による視覚的効果、⑤身体表現を用いた参加型演目導入の効果、という5つの成果が確認され「子どもの目と耳と知的好奇心に訴える演奏会」であったことが示唆された。それをふまえて本演奏会の意義と今後の展望について考察した。 
幼稚園における演奏会で科学を学ぶー動物の糞からいのちと地球の不思議を学ぶ音楽と科学のコラボレーションによるアウトリーチ活動の試み  京都女子大学『発達教育学部紀要』  大学・研究所紀要  共著  12, 59-68  2016/02  荒川恵子 豊田典子 内田博世 谷口高志      日本学術振興会の科学研究費助成研究の一環であり、幼児を対象とした音楽と科学のコラボレーションによるアウトリーチ活動についての継続研究である(JSPS課題26350249)。京都市内私立幼稚園で「糞から知る動物の食性、行動様式、胃腸の構造」「食物連鎖」「雪の結晶」を学び、落語「転失気」とハメモノ(雪・幽霊)の内容を含む構成で行った幼稚園訪問演奏会を対象として分析を行った。観察の結果、演奏会では、クラシック作品を聴く際、指揮する、リズム打ちするなどの反応が見られ、科学の話や落語も集中して聞くことができる様子が見られた。後日の主任へのインタビューによると、演奏会中、科学の内容に強く興味を持つ言動が見られる園児がいたとのことだった。演奏会の影響がどのように普段の保育に出ているのかを検証する為に、教諭の記述による追跡調査を行った。落語の模倣や、配布した関連性のある絵本を熱心に読み、演奏会で触れた科学的内容について話し合ったりと興味の広がりを示す様子が見られ、本演奏会の影響が強く出ていることが分かった。 
幼稚園訪問演奏会における音楽と科学のコラボレーションの内容検討 -鳥の生態と音の物理的側面に焦点を当てた実践例を用いて-  関西楽理研究会発行『関西楽理研究』  学術雑誌  共著  32,, 88-112  2015/12  荒川恵子 豊田典子 豊田秀雄 谷口高志      日本学術振興会の科学研究費助成研究の一環であり、幼児を対象とした音楽と科学のコラボレーションによるアウトリーチ活動についての継続研究である(JSPS課題26350249)。大阪府下私立幼稚園で「留鳥と渡り鳥」「地球の公転と季節」「楽器の長さによる音高の違い」を学ぶ内容で構成した訪問演奏会に関する報告である。演奏会の最中、園児達には耳馴染みのないクラシック作品を聴く際にも、指揮する、リズム打ちするなどの反応が見られた。ともに鑑賞した保護者、教諭らのアンケート調査でも演奏会に対する評価が高かった。演奏会の影響がどのように普段の保育に出ているのか検証する為に、追跡調査用紙に教諭らに記述してもらい、その内容によって「音楽」「鳥カード」「鳥カード展開」「地球カード」「地球カード展開」「ドレミパイプ」「ドレミパイプ展開」の7項目にカテゴライズし、カウントし、分類整理した。幼稚園の保育室では、ヴァイオリン演奏を模倣する園児や、各クラスに配布した鳥の画像のカード、ドレミパイプを活用した新しい遊びへの展開が見られ、本演奏会の影響が強く出ていることが分かった。 
幼児を対象とした音楽と科学のコラボレーションによるアウトリーチ活動の可能性-和楽器・天体・気象をテーマとして-  京都女子大学『発達教育学部紀要』  大学・研究所紀要  共著  11, 71-80  2015/02  荒川恵子、豊田典子、豊田秀雄、岡林典子、内田博世      日本学術振興会の科学研究費助成研究の一環である(JSPS課題26350249)。音楽鑑賞研究グループ「カンパネラ」として、2011年から取り組んできた、幼児を対象とした音楽と科学のコラボレーションによるアウトリーチ活動についての継続研究である。ダジック・アース(4次元地球儀)を用いて天体(地球の公転、自転、四季の移り変わり)、気象(雪、雪の結晶)、和洋楽器比較(三味線、ギター)、ハメモノ(雪・幽霊)の内容で構成した訪問演奏会について分析した。演奏会の影響がどのように普段の保育に出ているのか追跡調査をすることが課題であったため、ギターを貸し出したところ、影響が見られた。園児の観察、反応の分析及び教諭、保護者らによる評価の分析、考察の部分を担当した。 
科学的内容を導入したプログラムによる幼稚園訪問演奏会の実践 -天体と音の物理的側面に着目して-  『Human Sciences:大阪人間科学大学紀要』  大学・研究所紀要  共著  13, 57-73  2014/03  豊田典子、豊田秀雄、荒川恵子、岡林典子、内田博世      天体及び音の物理的側面に着目して行った音楽と科学のコラボレーションによる演奏会について報告した。探査機でなければ見ることのできない部分まで見せることが可能な4次元地球儀ダジック・アース(京都大学大学院・理学研究科・地球物理学教室 代表 齊藤昭則氏制作)の2M球を用いて、惑星について紹介し、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバスを用いて、楽器の弦の長さと音程の関係について示した。園児の行動について、1)演奏会前、2)演奏聴取時、3)科学的内容の聴取時の3場面を対象として定量化し比較した。特に、ヴァイオリンのピチカート奏法では多くの園児が笑うなど、園児独自の特徴的な音楽享受の反応が見られた。企画、コーディネート、内容構成、園児の反応の分析及び教諭、保護者らによる評価の分析、考察の執筆と担当した。 
詳細表示...

研究発表
学会発表  オーケストラ演奏聴取におけるダイナミクスとピッチ変動について  −オリジナル楽器とモダン楽器の演奏比較−  日本音響学会音楽音響研究会12月研究会  2017/12/17  オーケストラ演奏聴取において聴取印象を左右するダイナミクスとピッチの分析をモーツァルト作曲交響曲第40番ト短調第1楽章提示部を対象として、52の録音資料を用いて行った。その前の国際学会で発表した分は、アーノンクールに焦点を当てていたが、こちらでは52の録音全体を分析した。一対比較法により被験者に演奏の好ましさを評価させたところ、オリジナル楽器とモダン楽器による演奏の嗜好は個人差があるものの、オリジナル楽器の演奏のピッチを上げてもモダン楽器より好まれることはないという結果になった。オリジナル楽器独特の演奏方法と考えられる。 
学会発表  An analysis of dynamic and pitch variation in orchestra performance Focusing on the performances of Harnoncourt  The 6th Conference of the Asia-Pacific Society for the Cognitive Sciences of Music  2017/08/26  オーケストラ演奏聴取において聴取印象を左右するダイナミクスとピッチの分析を、モーツァルト作曲交響曲第40番ト短調第1楽章提示部を対象に、52の録音資料を用いて行った。特に、ニコラウス・アーノンクール(Nikolaus Harnoncourt 1929 - 2016)に焦点をあて、他の演奏家と比べて、どこに特色があるのかを分析した。その結果、アーノンクールの場合は、モダン楽器オーケストラによる演奏であろうとオリジナル楽器オーケストラの演奏であろうとダイナミクスの差が大きく、3次元的アーティキュレーションが現代人の精神を覚醒させてるとする彼の言説と符合することを指摘した。 
学会発表  幼稚園訪問演奏会における「音楽と科学のコラボレーション」の内容検討 ―生物の生態から自然のサイクルを学ぶ内容を中心としてー  日本音楽表現学会第13回美ら島大会(於:沖縄県立芸術大学)  2015/06/21  日本学術振興会の科学研究費助成研究の一環であり、音楽鑑賞研究グループ「カンパネラ」として、2011年から取り組んできた、幼児を対象とした音楽と科学のコラボレーションによるアウトリーチ活動についての継続研究である(JSPS課題26350249)。2幼稚園において行った、生物の生態から自然のサイクルを学ぶ内容の訪問演奏会について報告した。大阪府下A幼稚園では、「留鳥と渡り鳥」「地球の公転と季節」「楽器の長さによる音高の違い」を学ぶ内容で構成し、京都市内B幼稚園では「糞から知る動物の食性、行動様式、胃腸の構造」「食物連鎖」「雪の結晶」を学び、落語「転失気」とハメモノ(雪・幽霊)の内容も含み構成した。演奏会では、両園とも園児達が耳馴染みのないクラシック作品を聴く際、指揮する、リズム打ちするなどの反応が見られ、科学の話や落語も集中して聞くことができた。演奏会の影響がどのように普段の保育に出ているのか教員の記述による追跡調査を行ったところ、影響が見られた。追跡調査によると、A幼稚園の保育室では、ヴァイオリン演奏を模倣する園児や、各クラスに配布した鳥の画像のカード、ドレミパイプを活用した新しい遊びへの展開が見られ、B幼稚園でも配布した関連性のある絵本を熱心に読み、興味の広がりを示す様子が見られた。 
学会発表  幼児を対象とした音楽と科学のコラボレーションによるアウトリーチ  全国保育者養成協議会第53回研究大会(於:ホテルニューオータニ博多)  2014/09  日本学術振興会科学研究費助成研究の一環である(JSPS課題26350249)。音楽鑑賞研究グループ「カンパネラ」として、2011年から取り組んできた、幼児を対象とした音楽と科学のコラボレーションのアウトリーチ活動について、そのコンセプトと内容を紹介した。そして、その継続として行った2014年のダジック・アース(4次元地球儀)を用いた天体と和・洋楽器比較に着眼する内容の実践報告及び教諭、保護者らによる評価の分析を行った。企画、コーディネート、内容構成、園児の反応の分析及び教諭、保護者らによる評価の分析、考察の部分を担当した。 
シンポジウム  音楽鑑賞研究グループ「カンパネラ」の幼稚園におけるアウトリーチ  ダジックアース研究会(於:京都大学)  2014/03/24  京都大学大学院理学研究科地球科学ふく合部ダジック・チームの文部科学省宇宙科学技術推進調整委託費(平成25年度-平成27年度)によるプロジェクトの一環として研究会が開催され、ダジックアース(4次元地球儀)を用いて活動する仲間、ダジックアース・フレンズとして認定され発表した。音楽鑑賞研究グループ「カンパネラ」が、2011年から取り組んできた、幼児を対象とした音楽と科学のコラボレーションのアウトリーチ活動のコンセプトと2013年のダジックアースを用いた天体と音の物理的側面に着眼する内容を中心に報告を行った。企画、コーディネート、内容構成、園児の反応の分析及び考察の部分を担当した。 
詳細表示...

その他研究業績
幼稚園訪問演奏会活動  2000/02-現在  芸術活動  共同  京都及び大阪の幼稚園にてプログラムを考案、企画、実施 (音楽・造形・身体表現融合、落語、伝統文化、科学的内容など) 
詳細表示...

担当授業科目
大学  音楽文化研究Ⅱ 
大学  音楽文化基礎演習Ⅱ 
詳細表示...

教育実績
企業とのコラボレーションによる課題解決型授業実施(朝日新聞京都総局の記者と連携)  2015/04-2015/07   
キャリア教育  2010/04-現在   
詳細表示...

社会活動
第6回アジア・太平洋音楽認知科学協会国際大会(The 6th Conference of the Asia-Pacific Society for the Cognitive Sciences of Music)の誘致  2017/08/25-2017/08/27  今年度は、第6回アジア・太平洋音楽認知科学協会国際大会(The 6th Conference of the Asia-Pacific Society for the Cognitive Sciences of Music)の組織委員長を務めた。本大会を平成29年8月25日~27日、京都女子大学を主会場、京都国立博物館を副会場として開催した。(3年間HPを継続 http://apscom2017.org/ 18カ国から約150名の研究者が参加。)大会テーマは、“Music as a universal human faculty : Exploring its biological, psychological, and cultural dimensions”とし、テーマに掲げられた3つの次元に、3シンポジウムがそれぞれ呼応する構成にした。口頭発表52件は、Music and Emotion、Music and Neuroscience、Pitch and Tonality、Rhythmなど15セクションに分かれて行われ、ポスター発表49件も、多岐にわたる意義深く刺激的な発表がなされて、活発な議論が交わされた。 朝日新聞や京都新聞で、「響縁」と題した地域に公開した学会主催コンサート(パナソニック役員でジャズピアニストの小川理子氏らによるジャズ、基調講演者で元東京藝大邦楽科教授の筝曲家 安藤政輝氏による邦楽と洋楽の融合コンサート、事務局長がリーダーを務めるガムランアンサンブルのコンサート)が取り上げられた。運営面では、パナソニック、ヤマハ、ローランド、島津製作所など10企業から様々な支援を得て、日本心理学会他7つの学術団体から名義後援も得、中規模ながら実り多い学術交流、国際交流、地域貢献ができた。 
ザ・フェニックスホール共催公演「フェニックス エヴォリューション シリーズ」選考アドヴァイザー  2009/03-2009/08   
本願寺教学伝道研究センター 仏教音楽・儀礼研究所 委託研究員  2007/04-2011/03  京都女子大学の所蔵する仏教洋楽作品群などを研究。作品について、成立経緯について、歴史的背景について研究。 
詳細表示...

所属学会
日本音楽表現学会 2005/06-現在  国内
京都大会事務局長 2010/01-2010/06
関西楽理研究会 1999/04-現在  国内
総務、会計 2002/04-現在
美学会 1998/09-現在  国内
日本音楽教育学会 1998/09-現在  国内
副編集委員長 2012/04-2014/03/31
国際経験美学会 1997/04-2003/12  国内
第7回大会実行委員 2002/01-2002/07
アジア・太平洋音楽認知科学協会 1994/11-現在  国外
第6回国際大会 組織委員長 2015/09-2017/08/27
日本音楽知覚認知学会 1994/11-現在  国内
常任理事 2015/04/01-現在
国際大会実行委員 2008/04-現在
理事 2003/04-現在
情報処理学会 1993/04-現在  国内
日本音響学会 1992/04-現在  国内
関西支部評議員 2011/04-現在
日本音楽学会 1991/04-現在  国内
編集委員 2017/04-現在
編集幹事 1994/04-1997/03