English
 家政学部
 食物栄養学科
 
准教授
米浪   直子
KOMENAMI Naoko

リポジトリへのリンク

その他の所属・職名
家政学研究科 食物栄養学専攻博士前期課程 授業担当教員

学生及び受験生へのメッセージ
よく学び、よく遊びましょう。
いろいろなことにチャレンジして、自分の進路を自分で見つけてください。   

研究分野
食生活学 

キーワード
ライフステージ別栄養学、栄養評価論、スポーツ栄養学、調理学、エネルギー代謝 

研究テーマ
食事誘発性体熱産生に関する研究  (エネルギー代謝、栄養アセスメント)   
高齢者用食品の物性および栄養に関する研究  (栄養アセスメント、食事のテクスチャー)   
スポーツ活動時の水分・栄養補給に関する研究  (味覚、唾液バイオマーカー、生体リズム)   

共同・受託研究希望テーマ
スポーツ選手の栄養管理に関する研究    産学連携等、民間を含む他機関等との共同研究を希望  共同研究   
ヒトのエネルギー代謝と熱放散反応に関する研究    産学連携等、民間を含む他機関等との共同研究を希望  受託研究,共同研究   
詳細表示...

著書
映像で学ぶ調理の基礎とサイエンス  学際企画(株)    2015/03      衛生管理・調理操作、基本操作、調理の基礎、調理例、資料集、DVDの映像および解説を収載しており、資料集を担当した。 松崎政三、藤井恵子、寺本あい(編著)加福文子(技術)、安藤真美、石原三妃、市川陽子、加賀谷みえ子、桂博美、神田知子、後藤昌弘、米浪直子、杉山寿美、高橋智子、富田圭子、村上恵、吉村美紀(著)、大雅世(技術) 
第11版臨床栄養学実習書  医歯薬出版(株)    2011/03      第1章では、臨床栄養の基礎としてケアマネジメントの考え方を明確に示し、第2章、第3章では、栄養成分別治療食の基本的な考え方や手法をまとめ、病態別食事療法に応用できるように執筆した。第4章から第9章までは、各疾患別ガイドラインに基づき、栄養アセスメント、ケアプランの実施に沿って解説し、食事構成も掲載した。pp1-240 玉川和子、口羽章子、木戸詔子(編)安藤ひとみ、木戸詔子、口羽章子、桒原晶子、米浪直子、田中清、玉川和子(著) 
学びやすい家政学概論(含 栄養・調理)第3版  (株)金芳堂    2005/04      家庭生活の経営、住生活、衣生活、栄養・調理についての事例や総説を掲載し、「食生活と健康」、「栄養素の働きと消化吸収」を執筆した。食事摂取基準についても掲載した。硯川眞旬、米浪直子(編)、安籐真美、伊海公子、河野孝子、菊藤法、米浪直子、西川実佐子、服部麗子、福田洋子、森悦子、山田克子(著) 
学びやすい家政学概論(含 栄養・調理)第2版  (株)金芳堂    2002/04      家庭生活の経営、住生活、衣生活、栄養・調理についての事例や総説を掲載し、「食生活と健康」、「栄養素の働きと消化吸収」を執筆した。 硯川眞旬、米浪直子(編)、安籐真美、伊海公子、河野孝子、菊藤法、米浪直子、西川実佐子、服部麗子、福田洋子、森悦子、山田克子(著) 
学びやすい家政学概論  (株)金芳堂    1999/04      家庭生活の経営、食生活、衣生活、住生活についての事例や総説を掲載し、「健康づくりのための食生活」、「安全な食生活」、「高齢者のための食事」を執筆した。 硯川眞旬、米浪直子(編)、安籐真美、伊海公子、菊藤法、米浪直子、西川実佐子、浜名麗子(著) 
詳細表示...

論文
クッキング教室での体験学習が幼児の調理技術および食意識に及ぼす影響  滋賀短期大学紀要  大学・研究所紀要  共著  42, 1-11  2017/02        幼稚園児を対象にクッキング教室を実施し、保護者による質問紙調査を行った。年長では調理操作の向上はみられなかったが、年少、年中では調理操作得点に有意な増加がみられた。また、幼児の調理操作得点と幼児の食意識、親の食意識にはそれぞれ相関があり、クッキング教室による体験学習は幼児の調理技術の向上だけでなく、幼児の食意識や保護者の食意識を高めることが示唆された。木下友理子、中平真由巳、米浪直子 
青年期女性における体格と食意識の関連性  京都女子大学食物学会誌  大学・研究所紀要  共著  71, 25-32  2016/12        女子大学生を対象に生活習慣および食習慣に関する意識調査を実施し、因子分析、重回帰分析、パス解析による分析を行った結果、BMI18.5未満群では、外食・中食の自己抑制の意識や食品の選択の意識を向上させて、体重管理の意識を高める必要があることが示唆された。木下友理子、河本真由美、城野由加里、山崎圭世子、坂番和、松本楓子、竹村理子、米浪直子 
ラグビーフットボール選手におけるデュアルインピーダンス法による内臓脂肪の評価(資料)  体力科学  学術雑誌  共著  64/ 2, 251-259  2015/04      10.7600/jspfsm.64.251  現役社会人ラグビーフットボール選手を対象にデュアルインピーダンス法により内臓脂肪面積と皮下脂肪面積を測定し、臨床検査値と合わせて内臓脂肪の蓄積について検討した。 山下千晶、山崎圭世子、兼定祐里、宮脇尚志、中山玲子、岡崎真吾、米浪直子 
社会人ラグビーフットボール選手におけるプレシーズンおよびシーズン中の身体組成の変化と栄養摂取状況  日本ラグビー学会誌  学術雑誌  共著  8, 49-55  2015/03        社会人ラグビーフットボール選手を対象に2月から8月のプレシーズンおよび9月から12月のシーズン中において身体組成の変化を調べ、食事・栄養摂取量と合わせて検討した。 山下千晶、米浪直子 
社会人ラグビーフットボール選手におけるポジション別栄養アセスメント  京都女子大学食物学会誌  大学・研究所紀要  共著  69, 7-13  2014/12        ラグビーフットボール選手は、ポジションに応じたパフォーマンスの向上が期待されるため、フォワードとバックスのポジション別に身体組成と臨床検査値から栄養アセスメントを行って問題点を検討した。 山下千晶、山崎圭世子、米浪直子 
詳細表示...

研究発表
学会発表  朝食の欠食習慣が唾液バイオマーカーの日内リズムに及ぼす影響  第15回日本栄養改善学会近畿支部学術総会  2016/12  唾液コルチゾルの日内リズムには朝食欠食習慣による影響がみられ、HPA系(視床下部、下垂体、副腎系)ホルモンの日内分泌リズムの維持には朝食習慣が重要であることが示唆された。講演要旨集p59、坂番和、市田汐里、多谷本朋子、藤井佐紀、竹村理子、松本楓子、若村智子、中山玲子、米浪直子(若手研究者表彰) 
学会発表  高脂肪食への野菜の付加が食事誘発性体熱産生に及ぼす影響  第15回日本栄養改善学会近畿支部学術総会  2016/12  高脂肪食に野菜を付加し、食事誘発性体熱産生、脂質酸化、および体温への影響について検討した結果、脂質酸化に影響がみられたが、熱産生、体温には変化がみられなかった。講演要旨集p56、竹村理子、福田紗規、加藤杏奈、坂番和、松本楓子、中山玲子、米浪直子(若手研究者表彰) 
学会発表  運動習慣のある在宅高齢者の体力レベルと食習慣の関連  第15回日本栄養改善学会近畿支部学術総会  2016/12  運動習慣のある在宅高齢者を対象として、体力テストと食事摂取頻度調査法による食事調査を実施し、体力レベルと食習慣の関連について分析した。体力の総得点とたんぱく質を含む食品群(魚、肉、卵、豆・豆製品)の摂取量には正の相関が認められ、体力レベル高値群ではたんぱく質摂取量が有意に多かった。講演要旨集p56、松本楓子、平山明花、降旗環希、竹村理子、坂番和、江藤幹、中尾美喜夫、中山玲子、米浪直子 
学会発表  テーラーメード栄養指導のための食事誘発性体熱産生の分析  日本家政学会関西支部第38回研究発表会  2016/10  食事誘発性体熱産生と体組成、生活習慣、遺伝的要因などの関連を明らかにしてエネルギー代謝の個人差を把握し、個々人に合わせたテーラーメード栄養指導に応用することを検討した。研究発表要旨集p3 竹村理子、川島瑛美、福田紗規、加藤杏奈、坂番和、松本楓子、山崎圭世子、米浪直子 
学会発表  高齢者の健康教室における低強度運動とストレッチが唾液バイオマーカーに及ぼす影響  第74回日本生理人類学会大会  2016/10  低強度運動のストレス軽減効果および免疫機能への効果をコルチゾルおよび分泌型免疫グロブリンAの唾液バイオマーカーを用いて検討し、高齢者の健康教室における低強度運動とストレッチによる運動プログラムの効果が示唆された。第74回大会要旨集p38 松本楓子、平山明花、降籏環希、江藤幹、中尾美喜夫、米浪直子 
詳細表示...

その他研究業績
コラム(京都女子大学育友会メールマガジン第22号p10)  2017/03/25-2017/03/25  その他  単独  産学連携によるレシピ集作成や弁当の企画など、野菜摂取を促進する活動についてのコラムを執筆した。 
健康コラム「健康寿命と食事」(Nest Volume24)  2014/02/03-2014/02/03  その他  単独  生活習慣病および低栄養、肥満を予防して健康寿命を延ばす食生活についての健康コラムを執筆した。 
家族のための健康教室6生活習慣病②「食習慣とウオーキング」(2013年11月28日京都新聞医療のページ)  2013/11/28-2013/11/28  その他  単独  生体リズムを維持するための朝食とウオーキングについての健康コラムを執筆した。 
食生活支援「美味しく減塩!~香りの活用術~」(2012年11月5日岩手日報)  2012/11/01-2012/11/03  その他  共同  さんしょう、ゆず、ごぼう、ごまなどの食材の香りを利用したメニューを考案して提供し、リーフレットを配布して減塩のための栄養教室を陸前高田市、気仙沼市、一関市の自治会館にて開催した。 
第53回意外に簡単!お菓子作り②「芋ようかん」(2010年11月10日本願寺新報)  2010/11-2010/11  その他  単独  京都女子大学栄養クリニック「食と健康の教室」第53回コラムを執筆した。 
詳細表示...