English
 家政学部
 食物栄養学科
 
准教授
松本   晋也
MATSUMOTO Shinya

リポジトリへのリンク

その他の所属・職名
家政学研究科 食物栄養学専攻博士前期課程 授業担当教員

職歴
京都大学食糧科学研究所・助手  1994/05/01-2001/03/31 
京都大学大学院農学研究科農学専攻品質評価学分野・助教  2001/01/01-2009/03/31 

出身大学院
京都大学  修士  農学研究科  食品工学専攻  1991/03/31  修了  国内   
京都大学  博士  農学研究科  食品工学専攻  1994/03/31  単位取得満期退学  国内   

出身学校
京都大学  農学部  食品工学科  1989/03/31  卒業  国内   

取得学位
博士(農学)  京都大学  1995/05/23 

学生及び受験生へのメッセージ
手当たり次第に勉強するのではなく,一冊の教科書を何度も読み返すことで基礎知識が身につけることができます。これは,受験勉強,入学後の勉強を問わず,良いやり方だと思います。   

研究分野
分子生物学 
分子栄養学 
遺伝学 

キーワード
線虫,Caenorhabditis elegans,飢餓,脂肪代謝,成人病胎児起源説,エピジェネティクス 

研究テーマ
線虫を用いた飢餓の分子生物学的研究  飢餓,Caenorhabditis elegans  2010-  飢餓が生体にどのような影響をあたえるのかをモデル生物Caenorhabditis elegansを用いて研究する。
成人病胎児期起源説の分子遺伝学的解析  飢餓,成人病胎児期起源説,Caenorhabditis elegans  2012-  成人胎児期起源説の分子メカニズムをモデル生物Caenorhabditis elegansを用いて研究する。
低温応答におけるCD36の役割  CD36, 線虫,低温応答  2014-  生物が低温に曝されたときにどのように応答するのかについて,CD36の役割を中心に研究をおこなう

著書
食べ物と健康 食品の科学  南江堂  43-56  2015/03  太田英明,北畠直文,白土英樹,他17名  978-4-524-26846-7   
味のなんでも小辞典—甘いものはなぜ別腹?  講談社(ブルーバックシリーズ)    2004/04      160~163頁 
おいしさの科学(特集 食がつくる「人間力」味覚を育てる)  婦人之友社(婦人之友)第95巻第2号    2001/02      42~46頁 
詳細表示...

論文
Chemical Composition and Functional Properties of Sub-fractions of Soluble Soybean Polysaccharides.  Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry 73(23) pp.2568-2575  学術雑誌  共著    2009        Jun Li, Shinya Matsumoto, Akihiro Nakamura, Hirokazu Maeda, Yasuki Matsumura 
第5回高付加価値食品開発のためのフォーラムに参加して  食品加工技術 vol.28, No.1 pp.40-43  学術雑誌  単著    2008        松本晋也、加藤康介、西嶋 祥、松村康生 
Adsorption and Structural Change of β-lactoglobulin at Diacylglycerol-Water Interface.  Langmuir 24(20) pp.11483-11488  学術雑誌  共著    2008        Miria Sakuno, Shinya Matsumoto,Shigeru Kawai,Koseki Taihei,Yasuki Matsumura 
酸化脂質の経口摂取時における線虫の抗酸化酵素の発現誘導について  日本味と匂い学会誌 vol.13 No.3 pp.435-436  学術雑誌  共著    2005        松本晋也、相馬顕子、麻生知子、木村理恵、松村康生 
詳細表示...

担当授業科目
大学  基礎栄養学 
大学  基礎の有機化学 
大学  基礎の化学 
大学  基礎の化学 
大学  教養科目A 福祉とくらしI 
詳細表示...