English
 家政学部
 食物栄養学科
 
顔写真 講師
樹山   敦子
KIYAMA Atsuko


リポジトリへのリンク

兼務職
京都女子大学栄養クリニック指導教員 

職歴
県立広島大学人間文化学部健康科学科 助手  2005/04-2007/09 
県立広島女子大学生活科学部健康科学科助手(兼任)  2005/04-2007/09 
県立広島大学人間文化学部健康科学科 助教  2007/10-2009/03 
比治山大学短期大学部総合生活デザイン学科 非常勤講師  2008/04-2009/03 
安田女子大学家政学部管理栄養学科 講師  2009/04-2011/03 
京都女子大学家政学部食物栄養学科 講師  2011/04-現在 
京都女子大学栄養クリニック指導教員(兼任)  2012/04-現在 

出身大学院
大阪大学大学院  博士  医学系研究科  情報伝達医学専攻    単位取得満期退学  国内   

出身学校
広島女子大学  家政学部  食物栄養学科    卒業  国内   

取得学位
博士(医学)  大阪大学  2006/02 

学生及び受験生へのメッセージ
科学的にみる身体の『栄養』と、実生活における『食』の在り方をつなぎ考えられる
そんな管理栄養士をめざしてみませんか?   

研究分野
栄養生理 

キーワード
栄養生理 

研究テーマ
高脂肪食摂取誘発肥満マウスのAMPK発現・活性変化に対するAMP摂取の影響  AMPK、代謝、肥満、DIOマウス、  2015-  高脂肪食摂取誘発肥満モデルマウスを用い、AMPの経口摂取が肥満におけるエネルギー代謝異常とAMPK活性にどのように影響するかを検討する。

著書
栄養科学シリーズNEXT「栄養生化学」人体の構造と機能 第3版  株式会社 講談社サイエンティフィク    2017/03       
応用栄養学実習ワークブック第2版  株式会社 みらい  183-197  2015/04       
応用栄養学実習ワークブック  株式会社 みらい  185-198  2013/04       
栄養科学シリーズNEXT「栄養生化学」人体の構造と機能  株式会社 講談社サイエンティフィク    2012/03       
新これであなたも管理栄養士6応用力試験  株式会社 講談社サイエンティフィク    2005/12       
詳細表示...

論文
SGLT2阻害薬イプラグリフロジン12か月間投与における全身および四肢・体幹の脂肪量・筋肉量の変化および内臓脂肪面積の検討  Progress in Medicine  学術雑誌  共著  37/ 1, 111-114  2017  高木秀一、高木美幸、樹山敦子、中村直登       
イプラグリフロジン(SGLT2阻害薬)の臨床的効果とBIA法による体成分変化の検討  Progress in Medicine  その他  共著  34/ 12, 143-149  2014/12  高木秀一 高木美幸 樹山敦子 中村直登       
高齢者介護保健施設における介護食提供の現状と取組み  京都女子大学食物学会誌  大学・研究所紀要  単著  66, 11-16  2011/12  樹山敦子       
Role of Per1- interacting protein of the suprachiasmatic nucleus in NGF mediated neuronal survival  Biochemical and Biophysical Research Communications  学術雑誌  共著  339, 514-519  2006/01  Kiyama A, Isojima Y and Nagai K.       
A novel protein interacts with a clock-related protein, rPer1  Brain Research  学術雑誌  共著  916, 1-10  2001/10  Matsuki T*, Kiyama A*, Kawabuchi M, Okada M and Nagai K.       
詳細表示...

担当授業科目
大学  臨床栄養学 
大学  臨床栄養学実習 
大学  調理学実習Ⅱ 
大学  食物栄養研究法Ⅰ 
大学  臨地実習事前事後指導 
詳細表示...