研究発表
公開件数:11件
No. 学内分類 発表テーマ 発表会議名 発表日 概要
1 学会発表
中国バブル経済崩壊後の人民元「国際化」の現状と限界-香港金融為替市場の視点から-
信用理論研究学会
2016/05/16
2015年夏、世界第二のGDPを擁し、「世界の工場」、「世界の市場」として世界経済を牽引してきた中国経済の失速が露わとなった。2001年末WTOへの参加を契機に、中国は外資導入・輸出指向工 業化政策により高度経済成長を疾駆してきた。しかし、2008年アメリカ発世界金融危機に直面して、こうした開発政策も限界に突き当たった。これに対し中国政府は4兆元に及ぶ公共事業をもって景気 刺激策に乗り出し、不動産開発を目的とした音が全土に響くことになった。もっとも、早くも2013年ともなると、不動産バブルの崩壊が各所で露見し始めた。中国政府は、追加刺激策として2014年後半以降株式市場テコ入れ策に乗り出し、同年末以降は株価高騰に沸くことになった。だが2015年6月、株式市場は大崩落し、8月にはこの間一貫して上昇基調を続けてきた人民元為替相場が一転して下落するに至った。本報告では、人民元建貿易取引の決済勘定が置かれ、またオフショア人民元建債券-いわゆる「点心債」-の発行・流通市場である香港金融市場との関わりから、バブル崩壊後、構造調整下の中国金融経済が、人民元「国際化」戦略に与える影響について報告する。
2 学会発表
中国・金融「自由化」と人民元「国際化」の政治経済学 -軋む金融経済システムと対外収支の悪化の中で-
第74回日本国際経済学会全国大会
2015/11/07

3 学会発表
転換期の人民元「国際化」
信用理論研究学会 関西部会
2013/03/23

4 学会発表
人民元「国際化」と香港金融市場
日本金融学会秋季大会
2012/09/15

5 学会発表
報告者苗金芳(佐賀大学大学院生)「グローバル・インバランス問題の解消策―カギとなる中国における内需拡大と金融改革」の討論者
日本金融学会春季大会
2010/05/15

6 学会発表
‘Prospects of Foreign Exchange Arrangements for East Asia amid the Current of Changes in Global Finance’
The Society for the Advancement of Socio-Economics
2009/07
The Society for the Advancement of Socio-Economics, Science-Po, Paris, France, July 17, 2009.
7 学会発表
‘Corners Hypothesis and the Proposals on Foreign Exchange System for East Asia: A Perspective from the Incompatible Trinity’
The Asia-Pacific Economic and Business History Conference
2009/02
The Asia-Pacific Economic and Business History Conference 2009, Gakushuin University, Tokyo, Japan, February 18, 2009
8 学会発表
東アジア地域における二つのACU-可能性と課題-
国際経済学会
2008/10/11

9 シンポジウム
Two Frontiers of Asian Monetary and Financial Cooperation: Asian Currency Unit and Asian Payment Union
The 3rd International Student Forum
2007/08/07

10 学会発表
報告者前田淳(北九州大学)「国際資金フローの理論と日本の為替政策」の討論者
信用理論研究学会
2003/03
信用理論研究学会西日本部会2003年度第4回例会(広島修道大学)
11 学会発表
報告者小原篤次(大阪経済法科大学)「アメリカの貿易・株式投資」の討論者
国際経済学会
2001/10
日本国際経済学会 第60回(2001年)記念全国大会(2001年10月21日,神戸大学)自由論題第10分科会