日本語
 Faculty for The Study of Contemporary Society
 Department for the Study of Contemporary Society
 
Professor
TORITANI   Kazuo
Birth:1959

Repository

Other faculty or department / position
Faculty for The Study of Contemporary Society
Graduate School of Studies in Contemporary Society Department of Public Sphere Studies(Master's Course) 指導教員
Graduate School of Studies in Contemporary Society Department of Public Sphere Studies(Doctoral Course) 指導教員

Academic degrees
Dr. of Commerce  Doshisha University  2010/11/11 
商学修士  Doshisha University  1984/03 
Bachelor of Commerce  Doshisha University  1978/03 

Announcement to students
It has passed long time that ‘Globalized Economy’, ‘De-regulation and Liberalization’ have been pointed out as a set of economic slogans by Neo-liberalism. Their result, however, is the Lehamn-bankruptcy of Sept. 2008 and the world economic crisis from the US to the Euro crisis. On the other, Japan faced the bubble burst in the late 1980s as well. After that, it was severely in struggle with so-called ‘Lost Two Decades’ in the 1990s. And, finally, it seemed that the Japanese economy was turning around the final stage to clear off mounted debt as ‘negative heritage’ deeply seated in balance sheet of companies and financial institutions. At the very time, such tragically devastating seism as The Great East Japan Earthquake took place on March 11th of 2011. With this, it is much worried in the world as well as in Japan that roughly estimated cost to re-build scrapped tows and villages along with social infrastructure for both of industry and daily life, and to clean up the broken Fukushima No. 1 nuclear power plant for decontamination for coming hundred and thousand years, may put horribly burden on the already world-worst budget deficit of the government with about 1000 trillion yen.
My research topic is to advance deeply, in light of money and banking theory, into these and those acute socio-economic matters. They will be turned into social and economic conditions surrounding you as next generation. I wish you can join in my research for our future.   

Current research field
Economic Policy 
Fiscal Studies/Finance Theory 

Research keywords
Since the Lehamn Crisis of 2008, the world economy is now facing serious difficulties. This is not natural but human-made disaster, which has chronically taken place many times for the past 200 years since the birth of capitalism. My research topic is to search alternative way to construct monetary and financial system, in both terms of domestic and international aspect, in order to evade such daister from taking place never again. 

Subject of research
Reforming International Monetary System  The Bretton Woods System, International Monetary System, Keynes Plan   
International Finance in East Asia and Hong Kong Financial Market  East Asia, International Finance, Foreign Exchange System, World Economy, Hong Kong Dollar, Currency Board   
Intenrnationalization of Renminbi  Chinese Renminbi, International Currency, Financial Market, International Currency   
Theory on Moneay and Banking  Money, Currency, Banking, Finance, Credit Theory   

Books
Whither Global Financial Capitalism?  Minerva Pub.Ltd.    2013/04  Kazuo Toritani  978-4-6230-6578-3   
世界経済危機における日系企業  ミネルヴァ書房  219-240  2012/09      2008年世界金融危機勃発を契機に打ち出された中国・人民元「国際化」の現状と限界について、人民元建貿易取引決済勘定の受け入れ先ともなり人民元建債券取引(いわゆる「点心債」)市場ともなった香港金融市場との関わりで分析し検討した。 
国際通貨体制と東アジア 「米ドル本位制」の現実  ミネルヴァ書房 (全327頁)    2010/01      本書は第一部理論篇と第二部実証分析篇の二つから構成される。第一部では,外国為替の理論から始まり,現代の国際通貨金融システム=「米ドル本位制」の存立条件を歴史的・理論的そして段階的に問い質すことを課題としている。第二部では,第一部で明らかにされた理論的視座から,先ずは1997年東アジア危機を取り上げ,危機が国際的金融資本取引及び為替取引の自由化により引き起こされていることを明らかにすると共に,中国・人民元為替相場制度論争及びアメリカ経常収支赤字持続可能性論争を整理しつつ,現代の国際通貨金融システムの危機的状況を分析して,国際的資産決済原理に立った国際通貨制度改革の方向性を記した。 
世界経済 増補改訂 版  八千代出版 (全356頁)    2009/05       上記研究業績著書8に,2008年アメリカ発世界金融恐慌の発生と2005年7月の中国・人民元為替相場制度改革等,新たな展開について加筆し,必要な修正を行なった(2部1章4「金融グローバル化とその破綻」pp.75-80,2部2章4「アメリカ発金融恐慌」pp.158-167,2部4章4「中国為替相場システムの改革」pp.311-316)。 (共著者:嶋田巧,鳥谷一生,佐々木純一郎,ヴィクター・リー・カーペンター,松浦一悦,山本和人) 
世界経済  八千代出版 (全320頁)    2006/06      グローバリゼーションが展開する現代の世界経済は,90年代以降加速的な成長を遂げつつある中国経済の参入によって,今やアメリカ・EU・東アジアの三極構造を軸にして展開しつつある。その中で,70年代以降対外投資を梃子に東アジア地域におけるいわば牽引車としての役割を担ってきた我が国経済も,中国を含む東アジア地域の国際分業関係に再編され,今後は国際金融協力を通じ,戦後の米ドル体制との関係を如何に処していくか,大きな分岐点に立たされることは必至である。本書は,世紀を転換点として,グローバル化と共にむしろ鮮明化しつつある地域主義的動きに焦点をあてて,戦後の世界経済に歩みについて記すと共に,現代の世界経済・国際通貨金融システムの各論について体系的に明らかにしたものである。 (1部1章1「資本主義の発展と世界経済」,pp.3-10,1部3章「国際収支・外国為替と国際通貨金融システム」,pp.45-66,2部4章1「戦後日本経済の軌跡「国際化」」,pp.255-278,2部第4章2「東アジア通貨金融危機の発生と国際金融システム危機」pp.279-292担当,「中国為替相場システムの改革」pp.311-316)各章・節を執筆担当。) (共著者:嶋田巧,鳥谷一生,佐々木純一郎,ヴィクター・リー・カーペンター,松浦一悦,山本和人) 
View details...

Papers
中国バブル経済崩壊後の人民元「国際化」の現状と限界  信用理論研究(信用理論研究学会)  Academic Journal  Only  第35号, 41-53  2017/05         
SOE of China with Overcapacity and its Increasing Debt, Causing deflationary Pressure on the World Economy and Sustainability of its Financial System  Contemporary Society  Bulletin of Universities and Institutes  Only  19, 21-34  2016/12  Kazuo Toritani       
On the Financial Economy of China Facing Structural Adjustment and the Development of its International Financial Policy-The Current Situation in the Midst of Creaking Financial System and Worsening External Balance-  Contemporary Society Bulletin  Bulletin of Universities and Institutes  Only  10, 19-53  2016/03         
The Political Economy of Financial Liberalization and the Renminbi Internationalization of China, Preconditions for its Challenge to the US Dollar Standard System  同志社商学  Bulletin of Universities and Institutes  Only  66/ 6, 45-68  2015/03         
The International Monetary Ssytem after the Crisis of Global Financial System; how we have reached here and where we should go  同志社商学  Bulletin of Universities and Institutes  Only  66/ 5, 105-135  2015/03         
View details...

Research presentations
Conference presentation  中国バブル経済崩壊後の人民元「国際化」の現状と限界-香港金融為替市場の視点から-  信用理論研究学会  2016/05/16  2015年夏、世界第二のGDPを擁し、「世界の工場」、「世界の市場」として世界経済を牽引してきた中国経済の失速が露わとなった。2001年末WTOへの参加を契機に、中国は外資導入・輸出指向工 業化政策により高度経済成長を疾駆してきた。しかし、2008年アメリカ発世界金融危機に直面して、こうした開発政策も限界に突き当たった。これに対し中国政府は4兆元に及ぶ公共事業をもって景気 刺激策に乗り出し、不動産開発を目的とした音が全土に響くことになった。もっとも、早くも2013年ともなると、不動産バブルの崩壊が各所で露見し始めた。中国政府は、追加刺激策として2014年後半以降株式市場テコ入れ策に乗り出し、同年末以降は株価高騰に沸くことになった。だが2015年6月、株式市場は大崩落し、8月にはこの間一貫して上昇基調を続けてきた人民元為替相場が一転して下落するに至った。本報告では、人民元建貿易取引の決済勘定が置かれ、またオフショア人民元建債券-いわゆる「点心債」-の発行・流通市場である香港金融市場との関わりから、バブル崩壊後、構造調整下の中国金融経済が、人民元「国際化」戦略に与える影響について報告する。 
Conference presentation  The Political Economy of Financial Liberalization and Renminbi Internationalization of China: The Current Situation in the Midst of Creaking Financial System and Worsening External Balance  The JSIE 74th Annual Meeting of the Japan Society of International Economics  2015/11/07   
Conference presentation  転換期の人民元「国際化」  信用理論研究学会 関西部会  2013/03/23   
Conference presentation  Internationalization of Renminbi and the Financial Market of Hong Kong  Japan Society of Monetary Economics  2012/09/15   
Conference presentation  報告者苗金芳(佐賀大学大学院生)「グローバル・インバランス問題の解消策―カギとなる中国における内需拡大と金融改革」の討論者  日本金融学会春季大会  2010/05/15   
View details...

Alloted class
University  Macro Economics 
University  Specialized English Reading III 
University  Basic Seminar I 
University  Seminar I 
University  Seminar III 
View details...

Teaching achievements
中国・江漢大学商学院客員教授  2007/09-Present  海外大学での英語による授業実践 先方大学からの招聘による講義 
香港大学ビジネス経済学部金融経済学科客員教授  2005/02-2005/09  海外大学での英語による授業実践 文部科学省「海外教育研究実践支援プログラム」による派遣 
タイ国立チェンマイ大学社会科学部客員教授  2002/06-2002/09  海外大学での英語による授業実践 東京財団による派遣教員,英語による授業 
View details...

Memberships of academic societies
日本金融学会 1988/05-Present  Domestic
日本国際経済学会 1984/10-Present  Domestic
信用理論研究学会 1988/05-Present  Domestic
中国経済経営学会 2015/04/01-Present  Domestic