English
 現代社会学部
 現代社会学科
 
学長
林   忠行
HAYASHI Tadayuki

1950年生まれ
Tel.075-531-9162

名誉教授授与大学名
北海道大学

職歴
一橋大学法学部助手  1982/04-1984/03 
明治学院大学法学部非常勤講師(国際関係論)  1982/04-1985/03 
成城大学法学部非常勤講師(外交史)  1983/04-1985/03 
広島大学法学部助教授(国際政治学、国際政治史担当)  1985/04-1991/07 
広島大学法学部教授(同上担当)  1991/08-1994/03 
北海道大学スラブ研究センター教授  1994/04-2011/03 
北海道大学スラブ研究センター長・評議員  1996/04-1998/03 
北海道大学文学研究科教授兼務(スラブ社会文化論協力講座での担当)  2000/04-2011/03 
北海道大学役員補佐  2004/04-2006/03 
国立大学法人北海道大学理事・副学長  2006/04-2011/03 
京都女子大学現代社会学部教授  2011/04-現在 
京都女子大学現代社会学部学部長  2014/04/01-2014/05/14 
京都女子大学長  2014/05/15-現在 

出身大学院
一橋大学  修士  法学研究科    1977/03  修了  国内   
一橋大学  博士後期  法学研究科    1982/03  単位取得満期退学  国内   

出身学校
東京都立大学  法学部  法律学科  1975/03  卒業  国内   

取得学位
法学修士  一橋大学  1982/03/28 

学生及び受験生へのメッセージ
地に足をつけ、グローバルな視野で世界を見よう。小さな一歩でいいから、世界に踏み出そう。   

研究分野
地域研究 
チェコスロヴァキア史 
政治学 
国際関係論 

キーワード
チェコスロヴァキア、東欧、中東欧、政治史、国際関係史、比較政治 

研究テーマ
ラテンアメリカと中東欧の政治変動比較―民主主義の定着過程の比較動態分析  ラテンアメリカ、中東欧、政治変動、新自由主義  2009-2012 

著書
『ポスト社会主義期の政治と経済―旧ソ連・中東欧の比較』  北海道大学出版会    2011/03  仙石学、林忠行    仙石学との共編著。旧ソ連/東欧地域での体制転換を比較政治経済学的な方法で分析する論文集。 
Post-Communist Transformations: The Countries of Central and Eastern Europe and Russia in Comparative Perspective  Slavic Research Center    2009/04  Tadayuki Hayashi, Atsushi Ogushi    大串敦との共編著。ロシアと東欧の体制転換過程を比較政治経済学の視点から分析した論考を集めた論文集。 <http://src-h.slav.hokudai.ac.jp/coe21/publish/no21_ses/contents.html> 
Regions in Central and Eastern Europe: Past and Present, 331p.  Slavic Research Center    2007      福田宏との共編著。東欧、北欧、ロシアと日本の研究者による東欧、北欧、ロシアでの地域(region)形成、地域認識、地域協力の歴史と現状を分析する論文を集めた論集。 <http://src-h.slav.hokudai.ac.jp/coe21/publish/no15_ses/contents.html> 
『体制転換後のロシア内政の展開』(21世紀COEプログ ラム研究報告集No.22)  スラブ研究センター    2007/08  林忠行、大串敦    大串敦との共編著。体制転換後のロシア政治に関するわが国の若手研究者の意欲的な論文を集めた論文集。 <http://src-h.slav.hokudai.ac.jp/coe21/publish/no22/contents.html> 
Regional Integration in the East and West: Challenges and Responses, 250p.  Slovak Foreign Policy Association-Slavic Research Center    2005  A.Duleba, T.Hayashi    A.Dulebaとの共編著。スロヴァキア対外政策協会研究部との共同企画。東欧と東アジアの国際関係の特質を比較対照する。 
詳細表示...

論文
細谷千博―実証的外交史研究の先駆者  初瀬龍平他編『国際関係論の生成と展開―日本の先達との対話』ナカニシヤ出版  その他  単著  98-110  2017/03  林忠行「      戦後の日本における外交史研究で先駆的な研究を行った細谷千博の学問的な展開とその研究の特徴を紹介する論文 
チェコスロヴァキア軍団再考-第一次世界大戦と国外のナショナリズム  西洋史研究  学術雑誌  単著  第44号, 139-155  2015/11  林忠行      第一次世界大戦期にロシアで編成されたチェコスロヴァキア軍団の創設期の将校たちの履歴をもとに、この義勇軍の持つスラブ主義的な思想を分析し、またそのナショナリズムと両大戦間期のチェコスロヴァキア国家のナショナリズムとの連続性を考察した。 
「現代の民族問題―ヨーロッパで考える」  嘉本伊都子他編『現代社会を読み解く』晃洋書房  その他  単著  127-139  2015/03         
「東欧から見た欧州国際関係」  大芝亮編『ヨーロッパがつくる国際秩序』ミネルヴァ書房、.  その他  単著  151-172  2014/06  林忠行       
「チェコスロヴァキア軍団―未来の祖国に動員された移民と捕虜」  山室信一他編『現代の起点 第一次世界大戦2総力戦』岩波書店  その他  単著  55-77  2014/05  林忠行       
詳細表示...

研究発表
学会発表  「地域研究からみる日本国際政治学会」  日本国際政治学会2012年度研究大会  2012/10/19   
詳細表示...

担当授業科目
大学  地域研究・Ⅰ 
大学  教養科目A(市民と社会1) 
詳細表示...

社会活動
日本ロシア・東欧研究連絡協議会代表幹事  2017/01/07-現在   
2016年度ロシア東欧学会、日本スラブ東欧学会合同大会実行委員長  2016/02-2016/10   
日本スラブ東欧学会(JSSEES)理事長  2012/05-現在  理事長 
日本国際政治学会大会実行委員長  2005/11-2005/11   
ロシア・東欧学会大会実行委員長  2004/10-2004/10   
詳細表示...

所属学会
日本比較政治学会 1999-現在  国内
日本スラブ東欧学会 1997/10-現在  国内
日本ロシア・東欧学会 1996/10-現在  国内
日本政治学会 1990-現在  国内
日本国際政治学会 1976-現在  国内