English
 現代社会学部
 現代社会学科
 
教授
工藤   正子
KUDO Masako

その他の所属・職名
現代社会研究科 公共圏創成専攻博士前期課程 指導教員

出身大学院
英国エディンバラ大学大学院  修士  社会科学部社会人類学科    1988/11/01  修了  国外  イギリス 
東京大学大学院  修士  総合文化研究科  超域文化科学専攻文化人類学分野  1997/03/31  修了  国内   
東京大学大学院  博士  総合文化研究科  超域文化科学専攻文化人類学分野  2004/03/31  単位取得満期退学  国内   

出身学校
上智大学  文学部  新聞学科  1985/03  卒業  国内   

取得学位
学士  上智大学  1985/03/15 
修士  エディンバラ大学  1988/11/20 
修士(学術)  東京大学  1997/03/23 
博士(学術)  東京大学  2005/12/15 

学生及び受験生へのメッセージ
現代社会学部には、わたしたちが生きる社会への多角的なアプローチが用意されています。講義やゼミに主体的に取り組むことで、大学ならではの刺激的な学びを体験し、社会との新たな関わり方を切り拓いてください。   

研究分野
文化人類学 

キーワード
国境間の人の移動、ジェンダー、越境結婚、家族、日本、パキスタン、英国、イスラーム、ムスリム 

研究テーマ
日本を拠点とする家族のグローバル化と第二世代のアイデンティティ形成に関する研究  グローバル化、イスラーム、ジェンダー、家族、アイデンティティ  2016-2017 
日本人ムスリムの若者たち:トランスナショナルな生活実践とアイデンティティ形成  日本人ムスリム、若者、トランスナショナルな生活世界、アイデンティティ  2016-2019 

研究費
「日本人ムスリムの若者たち:トランスナショナルな生活実践とアイデンティティ形成」  2016-2019  科学研究費  基盤研究(C)一般  基盤研究(C)(一般) (H28~H30)   
「多文化社会のケア・ジェンダー・エスニシティ:パキスタン系イギリス女性の事例から」)(研究代表者:工藤正子)  2012-2014  科学研究費  基盤研究(C)一般  科学研究費   
「社会的・文化的な複数性に基づく未来社会の構築に向けたグローカル研究拠点の形成」(成城大学)(研究代表者:上杉富之)  2011-2015  その他    「私立大学戦略的研究基盤形成支援事業」   
「アジアにおける結婚・離婚移住ネットワークの多方向性と還流性に関する実証研究」(研究代表者:東洋英和女学院大学・石井香世子)  2011-2013  科学研究費  基盤研究(B)一般  科学研究費   
「現代イギリスのパキスタン系ムスリム女性の就労意識と実践」(研究代表者:工藤正子)  2009-2011  科学研究費  基盤研究(C)一般  科学研究費    
詳細表示...

著書
『交錯する多文化社会:異文化コミュニケーションを捉え直す』  ナカニシヤ出版  28-53  2016/12  河合優子(編)     
『人種神話を解体する(第三巻):「血」の政治学を越えて』  東京大学出版会  303-331  2016/09  川島浩平・竹沢泰子(編)     
『仕事の人類学:労働中心主義の向こうへ』  世界思想社  70-91  2016/03  中谷文美・宇田川妙子(編)     
Marriage Migration in Asia: Emerging Minorities at the Frontiers of Nation-states (Kyoto CSEAS Series on Asian Studies 16)), Ishii, Sari K ed.  NUS Press and Kyoto University Press  27-42  2016/02  Masako KUDO     
『現代家族ペディア』比較家族史学会編  弘文堂  pp.258-260., pp.260-261  2015/11  工藤正子     
詳細表示...

論文
The Evolution of Transnational Families: Bi-national Marriages between Japanese Women and Pakistani Men  "Critical Asian Studies, 49 (1): 18-37.  学術雑誌  単著  49/ 1, 18-37.  2017/01  Masako Kudo       
「在日ムスリム社会のダイナミクス」  『アステイオン』  学術雑誌  単著  83, 90-104  2015/11  工藤正子       
「多文化社会のケア, エスニシティ, ジェンダー―英国パキスタン系移民の高齢者介護の事例から―」  京都女子大学現代社会学部紀要 『現代社会研究』  大学・研究所紀要  単著  17号  2014/09  工藤正子       
Transnational Child-raising in Cross-border Marriages: A Case of Japanese-Pakistani Muslim Families  Islam and Multiculturalism: Coexistence and Symbiosis, JSPS Asia and Africa Science Platform Program, Organization for Islamic Areas Studies, Waseda University, et al. eds.pp.71-75.  その他  単著    2014/03  Kudo, Masako      (和文題目は、「イスラームと多元文化主義」日本学術振興会アジア・アフリカ学術基盤形成事業) 
「在日ムスリム家族の子育て:日本人女性とパキスタン人男性の国際結婚の事例から」  『国際シンポジウム報告書Ⅳ:二つのミンゾク学:多文化共生のための人類文化研究』(神奈川大学 国際常民文化研究機構)  その他  単著  51-57  2013/11  工藤正子       
詳細表示...

研究発表
講演  Growing up in Transnational Spaces: The Children of Japanese-Pakistani Marriages  The Contemporary Japan Study Group of WIAPS, Waseda University, Graduate School of Asia-Pacific Studies  2017/01/27  In this talk, I explored the educational trajectories and processes of identity formation among the children of Japanese-Pakistani marriages. 
学会発表  Challenging Borders by Creating Transnational Families: The Case of Pakistani-Japanese Couples  SIEF2015 12th Congress: Zagreb;Utopias, Realities, Heritages. Ethnographies for the 21st century (於:University of Zagreb)  2015/06/23   
学会発表  Tabunka-kyosei” and Multicultural Families: Conceptualizing “Diversity” in a Japanese Context  113th Annual Meeting of the American Anthropological Association, Washington, D.C.(於Marriot Wardman Park Hotel)  2014/12/05   
学会発表  Negotiating Motherhood in Transnational Space: A Case of Japanese Women Married to Pakistani Labour migrants  AAS-in-Asia Conference “Aisa in Motion: Heritage and Transformation”(於・シンガポール国立大学(NUS))  2014/07/18   
講演  日本人ムスリム女性のトランスナショナルな生活世界と宗教的自己の変容:パキスタン人男性との越境結婚の事例から  早稲田大学イスラーム地域研究機構(「人間文化研究機構(NIHU)プログラム・イスラーム地域研究」早稲田大学拠点)、2013年度第2回イスラームとジェンダー研究会  2014/02/07   
詳細表示...

担当授業科目
大学  社会調査演習Ⅰ 
大学  演習Ⅲ 
大学  演習Ⅴ 
大学  エスニシティ論 
大学  演習Ⅰ 
詳細表示...

所属学会
日本南アジア学会 2013/05/01-現在  国内
英国王立人類学会 2010/11/01-現在  国外
American Anthropological Association 2008/11-現在  国外
移民政策学会会員 2008/07-現在  国内
日本社会学会会員 2005/06-現在  国内
日本文化人類学会会員 1997/07-現在  国内