English
 現代社会学部
 現代社会学科
 
教授
濱﨑   由紀子
HAMASAKI Yukiko

リポジトリへのリンク

その他の所属・職名
現代社会研究科 公共圏創成専攻博士前期課程 指導教員
現代社会研究科 公共圏創成専攻博士後期課程 授業担当教員

取得学位
Ph.D.  パリ第五大学   

学生及び受験生へのメッセージ
一人考え込んでいても脳は変わりません。新しい本と出会い、友と語らい、旅をすることによって、今まで繋がっていなかったニューロン同士が結びつき新しい神経回路が形成されていきます。そんなとき「なるほど」とか「これだ!」という発想が生じるのです。大学生活はそんな体験の連続です。学生の皆さんにたくさんの素晴らしい出会いがあることを祈っています。   

研究分野
精神神経科学 

キーワード
精神医学、児童思春期精神医学、精神病理学、統合失調症 

研究テーマ
統合失調症の児童期におけるサブクリニカルな特性  (精神医学、児童思春期、統合失調症)   
ひきこもりの比較文化精神医学的研究  ひきこもり、文化、精神医学   

研究費
課題番号26350945「子どもの精神病リスク早期スクリーニング・システムの開発と包括的介入モデルの構築」研究代表者  2014-2016  科学研究費  基盤研究(C)一般  科学研究費   
課題番号23601025「子どもの精神病発症リスクの同定とメンタルヘルス向上のための包括的介入モデルの構築」  2011-2013  科学研究費    基盤研究(c)   
詳細表示...

著書
『現代社会を読み解く』、「現代社会と自閉症スペクトラム」  晃洋書房  64-76  2015/03  嘉本伊都子ほか編    急激な社会文化の変容に伴い、現代人の精神病理とくに思春期精神病理の様相が大きく変わりつつある。その中でも、行為障害、統合失調症、アスペルガー症候群に焦点をあて、各々の精神病理の変遷、診断基準や治療・処遇内容の変化について解説するとともに、現代精神医学の診断カテゴリーの問題点について論じた。 
『青年期発達百科事典』全3冊、第3巻『精神病理と非定型プロセス』「発達精神病理学」  丸善出版  329 -336  2014/03  濱崎由紀子     
『現代社会研究入門』、「現代社会と思春期精神病理-診断の妥当性と有効性について考える-」  晃洋書房  17-22  2010/04  濱崎由紀子     
詳細表示...

論文
Rapport de recherches sur le hikikomori. Synthèse des résultats publiés en septembre 2016 par le bureau du cabinet du Japon  L'information psychiatrique  学術雑誌  共著  93/ 4, 289-96  2017/04  Yukiko Hamasaki,Nicolas Tajan,Nancy Pionnié-Dax    10.1684/ipe.2017.1625   
文化結合症候群としての統合失調症  臨床精神病理  学術雑誌  単著  38/ 1, 92  2017/04  濱崎由紀子       
Hikikomori: The Japanese Cabinet Office’s 2016 Survey of Acute Social Withdrawal.  The Asia-Pacific Journal | Japan Focus  学術雑誌  共著  15/ 1, 1-11  2017/03  Nicolas Tajan, Hamasaki Yukiko, Nancy Pionnié-Dax       
Predictors for Risk of Schizophrenia in Children  Early Intervention in Psychiatry  学術雑誌  共著  10/ Suppl.1, 226  2016/10  Yukiko HAMASAKI, Takao NAKAYAMA, Takatoshi Hikida  17517885    統合失調症の児童早期における心理行動特性について記述統計学的な研究の結果にもとづいて考察した。 
事例化について : ひきこもりを経由する統合失調症発病過程から考える  臨床精神医学  学術雑誌  単著  44/ 5, 655-662  2015/05         
詳細表示...

研究発表
学会発表  Predictors for Risk of Schizophrenia in Children  IEPA 10th International Conference  2016/10/22  統合失調症の児童早期における心理行動特性について記述統計学的な研究の結果にもとづいて考察した。 
学会発表  宗教と主観的幸福感について  第39回日本精神病理学会  2016/10/08  宗教が個人の主観的幸福感にどのような影響を与えているかについて、大学生を対象に行った記述統計学的研究の結果に基づきながら精神病理学的に考察した。 
学会発表  文化結合症候群としての統合失調症  第39回日本精神病理学会  2016/10/07  統合失調症の症状形成に風土や個人の宗教的基盤がどのように作用するのかについて、Huber G.の基底障害論に依拠しながら精神病理学的に考察した。 
シンポジウム  子どもの統合失調症リスク群  第112回日本精神神経学会学術総会  2016/06/03   
学会発表  Toward the early screening for the risk of schizophrenia in children.  the IEPA 2014 Conference.at the Keio Plaza Hotel, Tokyo, Japan.  2014/11/17  Aim: The subclinical behavioral and psychological characteristics of schizophrenic children have not been sufficiently investigated to present specific evidences .To elucidate the picture of them and to find out indicators which predict later development of schizophrenia, childhood behaviors of the adult schizophrenia subjects were investigated in a questionnaire-based retrospective study. Method: Schizophrenia outpatients in his/her twenties and normal healthy subjects were investigated. All patients are diagnosed according to DSM-IV-TR as schizophrenia, and who present now mainly negative symptoms after passing an acute stage. By modified use of the CBCL (Child Behavior Checklist) as a retrospective assessment questionnaire, the parents of the patients and of control subjects rated their childhood (aged 6-8 years) behaviors. Results: Among the eight CBCL syndrome subscale T-scores, those of “Withdrawn”, “Anxious/Depressed”, “Social problems” and “Attention problems” were significantly associated with schizophrenia, although any of these scores were not in clinical range. Patients also showed a significantly attenuated aggression. The hit-rate when classifying the schizophrenic and normal subjects by logistic regression analysis using the eight CBCL syndrome subscale T-scores totaled 87%. Conclusion: The results suggest that subclinical behavioral and psychological characteristics of schizophrenia already exist in the patients' childhood. With some assessment tool using obtained logistic regression formulas, the early screening for the risk of schizophrenia in children could be possible. 
詳細表示...

担当授業科目
大学  精神医学概論 
大学  心とからだ2 
大学  比較文化精神医学 
大学  専門英語講読 
大学院  現代精神病理学研究 
詳細表示...