English
 現代社会学部
 現代社会学科
 
准教授
奥井   亜紗子
OKUI Asako

その他の所属・職名
現代社会研究科 公共圏創成専攻博士前期課程 授業担当教員

取得学位
博士(学術)  神戸大学  2006/03/15 

学生及び受験生へのメッセージ
大学時代はじっくり自分に向き合うことの出来る貴重な時間です。ゼミやサークルでの豊かな人間関係を通じて、その後の人生を支える基盤を培ってほしいと思います。   

研究分野
社会学 

キーワード
家族、農村、地域、移動、近代家族、地域エリート、家 

研究テーマ
1.近現代日本の家族変動に関する実証的研究 2.地方社会の構造と変化に関する実証的研究 3.近現代日本における農村ー都市移動をめぐるモノグラフ研究  家族変動/移動/農村/地方社会   

著書
『成熟地方都市の形成ー丹波篠山にみる「地域力」』「篠山を担うーー地域エリートの変遷」  福村出版  143-170  2015/11    978-4-571-41056-7   
『現代社会を読み解く』「社会調査事始め」  晃洋書房  27-38  2015/03  嘉本伊都子・霜田求・手塚洋輔・中田兼介・中山貴夫・西尾久美子編  978-4-7710-2601-8  第3章を分担執筆。現代における様々な社会事象のなかから「探求すべき何か」を見出し、それに的確に迫るための社会調査の方法について論じる。 
『東アジア「地方的世界」の社会学』「『地方的世界』における人口移動と市街地形成―但馬地方旧豊岡市を事例に」  晃洋書房  98-115  2013/06  藤井勝・高井康弘・小林和美編  97804771024519   
『農村―都市移動と家族変動の歴史社会学――近現代日本における「近代家族の大衆化」再考』  晃洋書房    2011/02       
詳細表示...

論文
戦間期一山村青年の生活と「移動」――「作造日記」からみた昭和6年稲葉  平成24~27年度科学研究費補助金(基盤研究(C))研究成果報告書(稲葉編)『公狭域に及ぶ人的移動と地域交渉を介した地方社会の複合的形成に関する研究』  その他  単著  22-40  2017/03         
学歴主義の浸透と農村長男の都市移動ー兵庫県篠山市同郷団体会員調査をもとにー  農業史研究  学術雑誌  単著  50  2016/03         
書評:米村千代『「家」を読む』  家族社会学研究  学術雑誌  単著  27/ 2  2015/10         
「地域エリート」の存立構造とその変遷――昭和30年代農業高校卒OBの事例を通して――  東北学院大学経済学論集  学術雑誌  単著  177, 111-125  2011/12         
地方都市中心市街地における人口の流動と再生産――旧豊岡市西花園地区アンケート調査を通じて――」  平成19~22年度科学研究費補助金(基盤研究(A)(1))  その他  単著  97-109  2011/03         
詳細表示...

研究発表
学会発表  学歴主義の浸透と農村ー都市移動ーー兵庫県篠山市同郷団体会員調査をもとにーー  農業史学会2015年度研究報告会  2015/03   
学会発表  戦後篠山における農業高校出身者――「地域エリート」の育成とその変遷  第57回日本村落研究学会  2009/10   
学会発表  家族変動論再考――戦後農村―都市移動者の追跡調査を通じて――  第18回日本家族社会学会  2008/09   
学会発表  韓国における社会調査の方法  現代韓国朝鮮学会  2007/06   
学会発表  .戦後日本の都市移動者家族と祖先祭祀  第49回比較家族史学会大会  2007/06   
詳細表示...

受賞学術賞
第5回地域社会学会研究奨励賞(著書部門)  2012/05  国内 
第7回日本村落研究学会研究奨励賞(著書部門)  2011/10  国内 
第3回地域社会学会賞(共同研究部門)  2009/05  国内 
詳細表示...

担当授業科目
大学  家族社会学 
大学  社会調査演習Ⅰ 
大学  データ処理論Ⅰ 
大学  基礎演習Ⅰ 
大学  演習Ⅰ 
詳細表示...