English
 法学部
 法学科
 
准教授
前田   直子
MAEDA Naoko

リポジトリへのリンク

その他の所属・職名
法学研究科 法学専攻修士課程 指導教員

出身大学院
京都大学  修士  人間・環境学研究科      修了  国内   
京都大学  博士後期  人間・環境学研究科      修了  国内   
英国レスター大学大学院  修士  法学研究科      修了  国外  英国 

出身学校
京都大学  法学部      卒業  国内   

取得学位
法学士  京都大学   
修士(人間・環境学)  京都大学   
法学修士(LL.M)  英国レスター大学   
京都大学博士(人間・環境学)  京都大学   

学生及び受験生へのメッセージ
私たちは、地球環境の保全や紛争の解決、人権保障などグローバルな問題に直面しています。理論と実践のバランスを大切に、国際社会の将来や日本の役割、そして自分自身がどのように社会に貢献していけるのかを、一緒に学び考えましょう。   

賞罰(賞)
ブリティッシュ・カウンシル奨学生  1999 

研究分野
国際法学 

キーワード
国際法 国際人権法 人権条約 国連 個人通報 

研究費
アジアにおける国際的人権保障制度の実施と課題  2014-2016  科学研究費  基盤研究(B)一般  科学研究費   
国連人権理事会における「人権の主流化」の到達点と限界-政府間主義の機能  2014-2015  科学研究費  挑戦的萌芽研究  科学研究費   
欧州人権条約における国家の判決履行義務  2013-2015  科学研究費  基盤研究(C)一般  科研費(学術研究助成基金助成金)   
国際法の訴訟化への理論的・実践的対応  2011-2015  科学研究費  基盤研究(A)一般  科学研究費助成金   
国際人権条約における一般的救済確保義務の研究  2011-2012  科学研究費  若手研究(B)  学術研究助成基金助成金   
詳細表示...

著書
『新・判例解説Watch』vol.19【2016年10月】 公開死刑に処せられる蓋然性が高い国籍国への送還の違法性(大阪高等裁判所平成27年11月27日判決<LEX/DB25541771>)  日本評論社  319-322  2016/10  前田直子     
『国際法入門 逆から学ぶ』  法律文化社  「第15章 国際人権法」203-215  2014/04  山形英郎 編著     
『平成23年度 重要判例解説』  有斐閣  「国際法4」301-302  2012/04       
『変革期の国際法委員会』  信山社  「国籍の国家承継」529-552  2011/04  前田直子     
『ヨーロッパ人権裁判所の判例』  信山社  「9 ロイズィドゥ判決(先決的抗弁)」101-105  2008/09  戸波江二ほか編     戸波江二、北村泰三、建石真公子、小畑郁、江島晶子編集。執筆分担者60名。欧州人権裁判所による主要判例80件を収録。第1章「9 実施機関の権限の制限:管轄権受諾宣言に付された制限の有効性に関する解釈 ロイズィドゥ判決(先決的抗弁)」 101-105頁)担当。受諾宣言に付された制限の有効性と受諾宣言自体の有効性の関係を中心に解説した。  担当部分:第1章「9 実施機関の権限の制限:管轄権受諾宣言に付された制限の有効性に関する解釈」―ロイズィドゥ判決(先決的抗弁)―(Loizidou v. Turkey [preliminary objections])[1995、大法廷]」pp.101-105  共同執筆者:小畑郁他共編、阿部浩己、坂元茂樹、中井伊都子、薬師寺公夫、山崎公士、前田直子(他60名)    
詳細表示...

論文
「解説・日本の国際法判例(11)―2012(平成25年)―」  『国際法外交雑誌』  学術雑誌  共著  115/ 4, 111-152  2017/01         
座長コメント<特集2 国際人権保障の最前線>  国際人権  学術雑誌  共著  27, 90-93  2016/10  前田直子・芝池俊輝       
新・判例解説Watch 国際公法 No.36 公開死刑に処せられる蓋然性が高い国籍国への送還の違法性(大阪高等裁判所平成27年11月27日判決<LEX/DB25541771>)  新・判例解説Watch(web)  その他  単著    2016/04         
Book Review: Kokusaijinkenhou-Kokusaikijun no Dainamizumu to Kokunaihou tono Kyouchou[International Human Rights Law- Dynamism of International Standards and Cooperation with Domestic Law] by Shin Hae Bong  Japanese Yearbook of International Law  学術雑誌  単著  58, 424-426  2016/02         
「解説・日本の国際法判例(10)―2011(平成24年)―」  『国際法外交雑誌』  学術雑誌  共著  114/ 4, 126-157  2016/01         
詳細表示...

研究発表
学会発表  <The Honourable Shigeru Oda Commemorative Lectures> Development of International Human Rights Law: On the Occasion of the Fiftieth Anniversary of the Adoption of the International Covenants on Human Rights "Forty Years’ Practice of the UN Human Rights Committee for Implementation of the Covenant: A Universal Model for the Protection and Promotion of Human Rights"  国際法学会2016年度(第119年次)研究大会  2016/09/10   
シンポジウム  “Reinforcement of Measures for the Execution of Judgments of the European Convention on Human Rights”  International Symposium organized by the Grants for “Leading Graduate Schools” Program and “Excellent Graduate Schools” Program  2014/02/01   
学会発表  外国人の在留管理における「児童の権利条約」の適用可能性  2013年度国際法学会研究大会 パネル分科会B「日本の国内法過程における国際法の実施 -国内判例の分析を通じて-」  2013/10/14   
学会発表  『保護される権利』ー国際法上の個人の権利としての法的限界  世界法学会2011年度研究大会  2011/05/14   
詳細表示...

担当授業科目
大学  国際法 
大学  導入演習 
大学  専門入門演習Ⅰ 
大学  事例演習Ⅰ 
大学  専門演習Ⅰ 
詳細表示...

社会活動
大阪府人権施策推進審議会委員  2013/10/01-現在   
(公財)世界人権問題研究センター嘱託研究員  2004/12-現在   
詳細表示...

所属学会
国際法協会日本支部 2015/04-現在  国内
アジア国際法学会 2011/05-現在  国内
国際人権法学会 1998/11-現在  国内
国際交流委員 2012/10-2015/10
国際法学会 1997/05-現在  国内
事務局委員 2014/09-2016/06
雑誌編集委員 2012/10-2014/09
世界法学会 1997/05-現在  国内

委員歴・役員歴
・国連婦人の地位委員会・日本政府代表団(2005-2006)
・国連人権委員会・日本政府代表団(2000-2002) ほか