English
 文学部
 国文学科
 
教授
峯村   至津子
MINEMURA Shiduko

1967年生まれ
リポジトリへのリンク

その他の所属・職名
文学研究科 国文学専攻博士前期課程 指導教員
文学研究科 国文学専攻博士後期課程 指導教員

職歴
光華女子短期大学非常勤講師  1997/04/01-1998/03/31 
京都女子大学短期大学部講師  1998/04/01-2003/03/31 
神戸女子大学文学部非常勤講師  2001/04/01-2003/03/31 
京都女子大学短期大学部助教授  2003/04/01-2007/03/31 
京都女子大学短期大学部准教授  2007/04/01-2010/03/31 
立命館大学文学部非常勤講師  2007/04/01-2010/03/31 
京都大学大学院文学研究科、京都大学文学部非常勤講師  2008/04/01-2010/03/31 
京都女子大学短期大学部教授  2010/04/01-現在 
京都女子大学文学部教授  2012/04/01-現在 
京都大学大学院人間・環境学研究科、京都大学総合人間学部非常勤講師  2014/04/01-2015/03/31 

出身大学院
京都大学  修士  文学研究科  国語学国文学専攻  1994/03/23  修了  国内   
京都大学  博士後期  文学研究科  国語学国文学専攻  1997/03/24  単位取得満期退学  国内   

出身学校
長野県 長野高等学校      1986/03  卒業  国内   
京都大学  文学部  文学科国語学国文学専攻  1991/03/25  卒業  国内   

取得学位
博士(文学)  京都大学  2000/03/23 

学生及び受験生へのメッセージ
樋口一葉や泉鏡花を中心に、日本の近代文学を研究しています。
学生の皆さんと共に、明治の文学を読む楽しさを追究したいと思っています。   

研究分野
日本文学 

キーワード
近代文学
明治
樋口一葉
泉鏡花
翻訳文学 

研究テーマ
樋口一葉・泉鏡花を中心とした主に明治期の小説の研究  樋口一葉 泉鏡花 明治時代 小説  1990- 
明治初期翻訳文学の研究  翻訳文学 明治時代  1999- 
近代文学と挿絵・口絵の研究  近代文学 挿絵 口絵  2014- 

著書
新日本古典文学大系明治編『翻訳小説集 一』  岩波書店  1-142,415-433,495-505  2013/01  中川久定、峯村至津子、秋山伸子、齋藤希史、渡辺喜之  978-4-00-240214-7  明治期10年代初頭の翻訳小説「哲烈禍福譚」(原作はフランスのフェヌロン作「テレマックの冒険」)の本文校訂・注釈・解説を担当、執筆した。 
『一葉文学の研究』 (岩波アカデミック叢書)  岩波書店  全296  2006/03  峯村至津子    樋口一葉の後期の小説の中で、家庭の中の女性を描いた作品群は、働く女性を描いた諸作品に比して、従来あまり評価されてこなかった。本書ではあえて前者に焦点を当て、同時代の女性を取り巻いていた諸言説や、そうした言説の中で語られる理想の女性像を体現したようなヒロインが登場する同時代小説の中で、そこから逸脱してゆく一葉小説の独自性を浮かび上がらせた。全296頁。 
詳細表示...

論文
絵と歌が描き出すこの世の地獄『地獄変絵巻』  『京都女子大学通信』  その他  単著  114, 11-12  2015/10  峯村至津子      京都女子大学図書館所蔵の貴重書、芥川龍之介の小説「地獄変」を素材とした絵巻一軸(吉村忠夫画、吉井勇歌)の内容を紹介し、小説との比較を行った。 
泉鏡花「外科室」の口絵─「外科室」注釈序章─  京都女子大学国文学会『女子大國文』  学術雑誌  単著  155, 1-30  2014/09  峯村至津子  0285-9823    泉鏡花「外科室」の初出雑誌『文芸倶楽部 第六編』(明治28・6・20 博文館)所載の同作口絵について、『文芸倶楽部』掲載の他作品の口絵や挿絵との比較を通してその特色を明らかにし、そこから見えてくる小説「外科室」の性格について考察した。 
「女靴」「結婚生理」「遮断機」「世間知らず」「貞操切符」「天の樹」「菜の花」「虹の約束」「媒体」「藤代大佐」「幽鬼」  和泉書院『丹羽文雄文藝事典』  その他  単著  84,106-107,124,136-137,151,153-154,159-160,161-162,168,178,1  2013/03  峯村至津子  978-4-7576-0647-0    丹羽文雄の作品の書誌情報、梗概、鑑賞のポイントなどを解説した。 
泉鏡花「外科室」の語り手─天なく、地なく、社会なく─  京都女子大学国文学会『女子大国文』  学術雑誌  単著  150, 63-88  2012/01  峯村至津子      明治20年代から30年代の小説に描かれた、〈真の美の理解者〉〈塵界と距離を置く者〉といった画家のイメージを明らかにし、それを踏まえて、主人公たちの現世からの離脱を語る「外科室」の語り手が〈画師〉として設定されていることの意味や、鏡花の描き方の独自性について指摘した。 
講演要旨 近代文学と祇園─岡本綺堂「鳥辺山心中」をめぐって─  『祇園さん』  その他  単著  7, 3-4  2012/01  峯村至津子       
詳細表示...

研究発表
講演  樋口一葉と田澤稲舟  天門美術館開館50周年記念講演会  2015/04/26  明治20年代に活動していた女性作家、樋口一葉と田澤稲舟の作品の特徴と差異、同時代の評価の問題点について講演した。 
講演  明治期の小説を読む─泉鏡花「外科室」の舞台設定─  京都女子大学冬季特別公開講座  2015/03/05  〈非現実的〉と言える内容を描いた「外科室」(下)の舞台が、実在の場所「小石川植物園」に設定され、しかもその当時の同所の実際の状況を小説内に反映させていることについて、その舞台設定が作品内容とどのように関連し合ってどういった効果をあげているのか、ということを考察した。 
講演  近代文学と住吉踊  住吉セミナー(於 住吉大社)  2012/08/27  明治期の住吉踊について、大阪・東京それぞれ土地での展開について講述した。 
講演  近代文学と祇園─岡本綺堂「鳥辺山心中」をめぐって─  八坂文化セミナー(於 八坂神社)  2011/05/21  戯曲「鳥辺山心中」が、従来流布していた歌謡の詞章や巷説を取り込みながら、それにどのような改変を加え、主人公に近代的な人物造形を施そうとしたのか、考察した。 
講演  川端康成「反橋」を読む  住吉セミナー(於 住吉大社)  2010/08/30  川端康成の住吉三部作について解説し、特に「反橋」に焦点を当て、、作中での現在と過去、夢とうつつ、現実と非現実の往還を可能にする住吉社の役割について論じた。 
詳細表示...

担当授業科目
大学院  近代文学特論A 
大学院  近代文学特論B 
大学院  近代文学演習ⅠA 
大学院  近代文学演習ⅠB 
大学  入門演習A 
詳細表示...

教育実績
学生の発表に対するコメント配布  2014/04-現在  2回生・3回生・4回生の演習、教職実践演習などに於いて、学生の発表に対する詳細なコメントを配布した。 
フィールドワーク  2003/04-現在  2回生・3回生・4回生・大学院生の演習科目において、文学作品にゆかりの場所などを実地踏査し、学生たちが研究に活かせるよう努めた。 
小レポートやコミュニケーションペーパーの活用  1998/04-現在  授業に於いて、随時学生に考察を求める小レポートを実施、また、学生に質問等を書かせ、それをもとに授業内容を補足するなど、学生が積極的な姿勢で臨めるよう配慮している。 
詳細表示...

社会活動
国文学研究資料館調査員  1999/04-2006/03   
詳細表示...

所属学会
樋口一葉研究会 1995/06-現在  国内
日本近代文学会 1993/07-現在  国内