English
 家政学部
 生活造形学科
 
准教授
渡邊   敬子
WATANABE Keiko

リポジトリへのリンク

その他の所属・職名
家政学研究科 生活造形学専攻博士前期課程 授業担当教員

職歴
大妻女子大学家政学部被服学科 助手   1997/04-2002/03 
大妻女子大学短期大学部 非常勤講師  2002/04-2003/03/31 
京都女子大学短期大学部 講師  2003/04/01-2011/03/31 
京都女子大学短期大学部 准教授  2011/04/01-2012/03/31 
京都女子大学家政学部 准教授  2012/04/01-現在 

取得学位
博士(学術)  大妻女子大学大学院  2001/03/22 

学生及び受験生へのメッセージ
高度な技術がなくても自分の想い描いた服・一人一人の体に合った服が作れるようになることを目指して、3次元CADを使った服の設計について研究しています。3次元のCADを使いこなしてユニークな服を作ってショーやコンペに参加してくれる学生さんが増えていて頼もしいです。一方、オーダーでないと服が体に合わない障害を持つ人たちのための衣服設計にも取り組んでいます。京女の恵まれた環境とみんなの努力で夢を形にしていってほしいし、それを精一杯サポートしたいと思います。   

賞罰(賞)
日本家政学会奨励賞  2003/05 

研究分野
生活科学一般 

著書
「被服学事典」,1.1.1 人体の形態  朝倉書店  1-6  2017/10       
消費者の視点からの衣生活概論  井上書院    2013/12  菅井清美,諸岡晴美編著   978-4-75302323-3  4章 体型に合わせた衣服の購入(pp46-59)担当。 衣服と衣生活に関わる初学者を対象に衣服の設計と衣服のサイズ表示について概説した。 
新版 家政学辞典  朝倉書店    2004/07      この著は家政学の全分野を網羅したもので、「5.1.5高齢者の体型」(担当部分)は、「第5章着衣基体」の「5.1人体形態」にあって、着衣基体としての高齢者の体型の特徴について述べている。担当、640~641頁、(社)日本家政学会(編)執筆者626名 
詳細表示...

論文
衣服のシルエット形成に影響を及ぼすいせこみ分量と布の力学的特性 : ドレス複製作業の効率化を目指して  繊維製品消費科学  学術雑誌  共著  56/ 4, 366-373  2015/04  藤本 純子 , 諸岡 晴美 , 渡邊 敬子       
筋負荷および主観評価からみた乳がん術後女性の補整具重量の検討  生活造形  大学・研究所紀要  共著  60, 61-66  2015/02  諸岡 晴美 , 佐野 加永子 , 大目木 幸子, 渡邊 敬子, 谷田貝 麻美子       
Analysis of three dimensional torso shape and bodice pattern of elderly Japanese women  Proceedings of the 4th International Conference on 3D Body Scanning Technologies  その他  共著  384-391  2013/11  Keiko WATANABE and Hiroko TAKABU      The population of individuals over 65 years old is growing rapidly. To provide well-fitting clothes for this population, it is important to clarify the difference in body shape between elderly and young women, and the quantitative relationships between flat patterns and body shapes. In this study, our aim was to clarify the factors that explain the diversity among young and elderly Japanese women’s body shapes. The subjects were 107 elderly and 230 young healthy Japanese women. Six VIVID 910 non-contact 3D digitizers were used to measure their torsos. In each subject, from the 3-dimensional torso surface, two-dimensional diagrams of the body surface were made using the 3D CAD software and would be the basic pattern for making clothes for that subject. To enable statistical analysis, the 3D data of each individual were transformed to a homologous model and analyzed. The average shapes of the two age groups were calculated and an age difference was observed. Upon principal component analysis of the homologous models, nine factors were extracted. Most of these factors could be effective input variables for pattern making in addition to ordinary size variables. The shapes of the body surfaces were observed in association with the principal component scores of the models. 
Analysis of three dimensional torso shape and bodice pattern shape of young Japanese Women  Proceedings of the Asian Workshop on 3D Body Scanning Technologies  学術雑誌  単著  116-122  2012/04        The purpose of this study was to clarify factors that reflect the diversity of the shape of the body of young Japanese women. One hundred fifty-six young, healthy Japanese women were measured using VIVID 910 non-contact 3D digitizers and the data for each individual were transformed to a homologous model to enable statistical analysis. These models were then analyzed with principal component analysis (DHRC-HBS-PCA). The three-dimensional body surface of each subject was developed by LookStailorX. The relationships between the principal components and shape of the developed surface were observed in the clothing alteration. These factors could be effective input variables for pattern alteration in addition to ordinary size variables. The application of “body type grade” was examined. 
高齢女性の肩関節の可動域と着衣動作との関連  日本家政学会誌  学術雑誌  共著  60/ 5, 473-480  2009/05  渡邊敬子,中井梨恵,岡村政明,大村知子,矢井田修      高齢女性が容易に着衣できる上衣を設計することを目的として,46名の高齢女性を対象として2種類の上衣の着衣動作とともに肩関節の自動可動域を捉え、三次元動作分析を行った.その結果、高齢女性は肘屈曲時の水平伸展運動の可動域が若年女性に比べて小さいため,その代償行動として手首が袖ぐりに届くよう腕を外転させ後頭部の方へ手首を移動する。外転運動の可動域が小さい個人ではこの動作が困難であるため着衣が困難となっている.一方、背幅が広がり、袖ぐりを手首のある前方へ引き寄せる構造の衣服はこの問題を解消できることが明らかになった。  
詳細表示...

研究発表
学会発表  パンツ用ボディ設計のための成人女性の下半身の3次元形状の解析」渡邊敬子,森由紀,小山京子、 十一玲子, 森下あおい、  日本繊維製品消費科学会2016年年次大会  2016/06/25   
学会発表  座位姿勢時の動作による体表長の変化-車いす利用者の上衣設計を目指して-  繊維製品消費科学会2013年度年次大会, 椙山女学園大学  2013/06/22   
学会発表  Analysis on elderly women’s lower torso body shape,  International Textile and Apparel Association 2012 ITAA Annual Conference, Waikiki Beach Marriott Resort and Spa, USA  2012/11   
学会発表  Suits Design using Three-Dimensional Apparel CAD systemfor Disabled Young Women Using a Wheelchair  International Textile and Apparel Association 2012 ITAA Annual Conference, Waikiki Beach Marriott Resort and Spa, USA  2012/11   
学会発表  「3次元CADを用いた車椅子利用者のためのスーツ設計 ~身体・動作適合の観点から~」  日本繊維製品消費科学会2012年次大会講演要旨集,文化女子大学(東京),  2012/06/24   
詳細表示...

担当授業科目
大学  アパレル製作実習 
大学  アパレル体型学  
大学  卒業研究演習 
大学  衣生活概論 
大学院  アパレル造形学特論ⅢA 
詳細表示...