論文
公開件数:5件
No. 発表論文の標題 掲載誌名 論文誌種別 単著・共著区分 巻号頁 出版日 著者名 ISSN DOI 概要
1 「結社の自由の射程―公益監督制度に関わって―」
京女法学
大学・研究所紀要
単著
7, (95-120)
2014/12
大隈義和


公益法人の制度改革が法人の「監督」に重点を移したこと、および前作が移行途次の制度改革との関係で「公益性概念と結社の自由」を取り上げたことを引き継ぎ、本稿は「公益法人監督制度」を通して「結社の自由」の射程(範囲)を論じる。
2 「公益性」概念と結社の自由(二・完)―「公益法人」制度改革を素材として
京女法学
大学・研究所紀要
単著
第5, 1-22
2013/12



前論文(1)での検討に続き「結社の自由」論を再検討のうえ、一般法人もひとまず「結社」に含めたうえで公益増進への指向性の程度に応じてその属性をはかり「結社の自由」の保障と規制のあり方を論ずることが適切とする。
3 日本国憲法と「『民』による『公益』の増進」の関係
第3回アジア憲法論壇(中国憲法研究会)
その他
単著
124-132
2012/08



2012年8月25-26日に中国・北京市で開催された第3回アジア憲法学会における報告で、新公益法人制度と憲法上の結社の自由との考察の前提として、新制度を紹介し、最後に結社の自由との関係にも触れたもの。
4 インタビュー・移行申請の今を知る「福岡県の移行申請・審査の状況」
『公益・一般法人』(全国公益法人協会)
その他
共著
826, 4-12
2012/08
大隈義和=村上英明=藤田直己=文屋俊子=田中里美(司会・藤田和子)


新公益法人制度開始後、移行期限まで1年半を切ったこの時点での福岡県の審査の状況について福岡県公益認定審議会委員5名がインタビュー形式で答えたもの。
5 「公益性」概念と結社の自由(1)ー「公益法人」制度改革を素材として
京女法学
大学・研究所紀要
単著
1, 181~199
2011/11
大隈義和


「公益法人」制度改革を素材として「結社の自由」の内容を再検討しよとするもの