日本語
 Faculty of Law
 Department of Law
 
Professor
FUKUI   Atsushi
Repository

Additional position
Manager(Dean) 
Manager(Dean) 

Other faculty or department / position
Graduate School of Law Department of Law(Master's Course) 指導教員

Graduate school
Kyoto University  Master course  Graduate School, Division of Law  民刑事法専攻  1968/03  Completed  Domestic   

School
Kyoto University  Faculty of Laws    1966/03  Graduated  Domestic   

Academic degrees
修士  Kyoto University  1968/03 

Official activities
法学部長  2015/04/01   2015年4月1日より2017年3月31日まで、2年間法学部長を務めた。 

Announcement to students
「弁護士のいない所に利息制限法はない!」、これはある若い女性弁護士が弁護過疎地域における3年間の活動を振り返って述べた言葉である。この言葉からも分かるように、日本では未だ未だ弁護士の援助を必要としている多くの人々がいるのです。京都女子大学は、このような日本社会の要請に応えるべく、我が国で初めて女子大法学部を設置しました。正義感にあふれた若い女子学生が、多数本学の法学部に入学して法曹を目指すことを期待しています。   

Current research field
Criminal Law 
法学 

Research keywords
Law of Criminal Procedure,Saibanin,Pre-trial custody,The Committee for the Inquest of Prosecution 

Subject of research
Civil participation in the criminal justice  Saibanin,Jury,A member of the Committee for the Inquest of Prosecution   

Books
Criminal Procedure Law(7th edition)  有斐閣  総頁数449  2012/10  Atsushi FUKUI  978-4-641-05849-1  旧版後の判例・学説を補充して改訂したもの。当事者主義の観点から、犯罪被害者の位置付けにつき加筆した。 
刑事訴訟法講義(第5版)  法律文化社  総頁数514  2012/06       
死刑と向きあう裁判員のために(増補版)  現代人文社  127-138  2012/05  福井厚     
View details...

Papers
原発訴訟と司法の役割-「福島原発事故」は終わっていない!-  京女法学  Bulletin of Universities and Institutes  Joint  10, 1-48  2016/08  宇野朗子、海渡雄一、河合弘之、福井厚(解題)  2186-7194    京都女子大学法学部2016年度前期公開講座における3人の講演者の講演の記録および当日公開講座の司会を務めた福井厚の「あとがき」を収録したものである。 
福島第一原発苛酷事故と「強制起訴」制度-東京第五検察審査会の「強制起訴」議決を契機として-  京女法学  Bulletin of Universities and Institutes  Only  9, 1-55  2016/02  FUKUI Atsushi      東京電力の福島第一原発の事故に関して、東京第五検察審査会が東電の前社長など3人の業務上過失致死傷罪につき起訴相当と議決したことの当否を論じ、刑法上も刑事訴訟法上も理論的に十分支持しうる旨を主張したもの。 
犯罪被害者と検察審査会制度(下)-デュポールの「公序」概念を手掛かりとしてー  京女法学  Bulletin of Universities and Institutes  Only  7, 55-94  2014/12  FUKUI,Atsushi      検察審査会制度については、とりわけ「強制起訴」制度を巡って冤罪を生み出すことになるとの批判がある。デュポールが冤罪のおそれについてどのように対処しようとしていたかを、彼の判決陪審論を手掛かりに考察した。 
犯罪被害者と検察審査会制度(上)-デュポールの「公序」概念を手掛かりとしてー  京女法学  Bulletin of Universities and Institutes  Only  5, 77-98  2013/12  Atsushi FUKUI      刑事司法において犯罪被害者をどのように位置付けるべきかにつき、フランス革命時におけるデュポールの「公序」概念を手掛かりに考察したもの。 
Civil participation in the criminal justice  Kyojo Journal of Law ahd Politics  Bulletin of Universities and Institutes  Only  4, 1-24  2013/06  福井厚      那覇検察審査会の「起訴相当」議決を手掛かりに、刑事司法への市民参加の意義について論じたもの。 
View details...

Research presentations
Symposium  犯罪被害者支援について  法と心理学会第14回大会WS「犯罪被害者をとりまく問題」(開催場所:九州大学/福岡)  2013/10/13  犯罪被害者の刑事司法への参加の意義を、フランス革命時のデュポールの「公序」概念を手掛かりに考察したモもの。 
View details...

Other research achievements
翻訳「フォイエルバッハ『陪審裁判所に関する諸考察』(3)」(継続)  2017/02/13-2017/02/13  Others  Only  フォイエルバッハの『陪審裁判所に関する諸考察』を翻訳したもの。 
公開講座「原発訴訟と司法の役割-『福島原発事故』は終わっていない!-」  2016/05/14-2016/05/14  Others  Joint  京都女子大学法学部の2016年度前期公開講座として実施され、当日は3人の講演とそれに引き続く討論の司会者を務めた。 
翻訳「フォイエルバッハ『陪審裁判所に関する諸考察』(2)」(継続)  2012/12/25-2012/12/25  Others  Only  フォイエルバッハの『陪審裁判所に関する諸考察』を翻訳したもの。 
翻訳「フォイエルバッハ『陪審裁判所に関する諸考察』(1)」(継続)  2011/11/30-2011/11/30  Others  Only  フォイエルバッハの『陪審裁判所に関する諸考察』を翻訳したもの。 
View details...

Alloted class
University  専門入門演習Ⅰ 
University  専門演習Ⅰ 
Graduate school  法学実務演習 
View details...