English
 家政学部
 食物栄養学科
 
教授
河村   幸雄
KAWAMURA Yukio

Tel.075-531-7131,7159

その他の所属・職名
家政学研究科 食物栄養学専攻博士前期課程 指導教員
家政学研究科 生活環境学専攻博士後期課程 指導教員

職歴
京都大学/文部教官/助手(農学研究科/農芸化学専攻/食糧科学研究所)  1977/01/01-1987/09/30 
ハーバード大学医学部分子生理学教室・博士研究員  1984/04/01-1985/05/12 
農林水産省食品総合研究所・蛋白質研究室長  1987/10/01-1999/09/30 
秋田県立総合食品研究所・所長  1999/10/01-2001/03/31 
近畿大学農学部応用生命化学科・教授  2001/04/01-2013/03/31 

出身大学院
京都大学  博士  農学研究科  農芸化学専攻  1976/03/23  単位取得満期退学  国内   

取得学位
農学博士  京都大学  1977/03/23 

学生及び受験生へのメッセージ
 基礎学力に基ずいた思考力、展開力、想像力の涵養を目的に学習してください。   

研究分野
応用生物化学 
食品科学 

キーワード
生体内酸化ストレス応答、認知学習記憶と食品、骨代謝改善、アポトーシス 

研究テーマ
酸化ストレス応答分子のプロテオーム解析  酸化ストレス,プロテオーム   
学習記憶に及ぼす食品成分の作用  学習、記憶、ストレス、食品成分   
食品成分による生体防御亢進  感染防御、    
食品による骨粗鬆症予防  骨粗鬆症、葛、破骨細胞   

共同・受託研究希望テーマ
記憶の定着と保持に及ぼす食品成分の影響    大学等の研究機関との共同研究を希望     
葛(くず)のイソフラボン、プエラリンによる骨粗鬆症、脂質代謝、炎症状態の改善に関する研究    産学連携等、民間を含む他機関等との共同研究を希望  共同研究   
詳細表示...

著書
食べ物と健康 3  化学同人    2013/08  河村幸雄     
キノコの抗がん作用」がん抑制の食品事典(2003  法研出版    2003  河村幸雄     
大地からの健康学「大豆の健康機能性」  農林統計協会    2001  河村幸雄     
食品機能評価法「血圧制御in vitro & in vivo」  光琳出版    2000  河村幸雄     
大豆のヘルシーテクノロジー  光琳出版    1998       
詳細表示...

論文
Puerarin suppresses macrophage activation via antioxidant mechanisms in a CaPO4-induced mouse model of aneurysm  J. of Nutritional Science and Vitaminology  学術雑誌  共著  62, 425-431  2016  Teruyoshi Tanaka, Tatsuya Moriyama, Yukio Kawamura , Dai Yamanouchi      Orally administrated Puerarin suppresses macrophage activation via antioxidant mechanisms in a CaPO4-induced mouse model of aneurysm 
Anti-hyperglycemic effect of a kudzu(Pueraria lpbata) vine extracts in ovariectomized mice  J. of Nutritional Science and Vitaminology  学術雑誌  共著  62/ 5, 341 -349  2016/10  Teruyoshi Tanaka, Yukihiro Yokota, Hanjun Tang, Nobuhiro Zaima, Tatsuya Moriyama , Yukio Kawamura      Kudzu(Pueraria lobata) ethanol extracts exerted anti-hyperglycemic action to ovariectomized-mice , a postmenopausal model animal. 
Phylogenetic Analysis and Taste Cell Expression of Calpain 9 in Catfish (Ictalurus punctatus)  Natural Science, 2015, 3, Published Online March 2015 in  学術雑誌  共著  3  2015  Tetsuya Ookura, Eiki Koyama, Anne Hansen, John H. Teeter, Yukio Kawamura, Joseph G. Brand    SciRes. http://www.scirp.org/journal/ns doi   
Identification of peamaclein as a marker allergen related to systemic reactions in peach allergy  Annals of Allergy, Asthma & Immunology, .  学術雑誌  共著  112,, 175-177  2014  Inomata N, Okazaki F, Moriyama T, Nomura Y, Yamaguchi Y, Honjoh T, Kawamura Y, Narita H, Aihara M       
Distribution of lysophosphatidylcholine in the endosperm of Oryza sativa rice  Rapid Commun. Mass Spectrom.  学術雑誌  共著  28, 1515–1520  2014  Nobuhiro Zaima * , Yukihiro Yoshimura , Yukio Kawamura and Tatsuya Moriyama    10.1002/rcm.6927   
詳細表示...

研究発表
学会発表  ストレス誘導性記憶の減衰の改善・予防ー牡蠣抽出物ー  日本農芸化学会2017年度大会(京都)  2017/03/19   
学会発表  クズ・プエラリンの経口摂取によるマウスのLPS誘導性敗血症の抑制   日本微量栄養素学会2015 年度学術集会  2015/05/30   
詳細表示...

担当授業科目
大学  食品学総論 
大学  食品学実験 
大学  食物栄養研究法 II 
大学院  食品機能学特論 
大学院  食品学特別研究 I 
詳細表示...

教科書・教材
食べ物と健康3  2013/10/10  新ガイドライン準拠 エキスパート 管理栄養士養成シリーズ 
タンパク質の科学  1998/11/25   
詳細表示...

所属学会
日本栄養食糧学会 2001-現在  国内
代議員」 2001-現在
日本分子生物学会 2001-現在  国内
微量栄養素学会 1987-現在  国内
理事 1987-現在
日本食品免疫学会 1987-現在  国内
日本動物細胞工学会 1987-現在  国内
日本食品科学工学会(旧日本食品工学会) 1978-現在  国内
関西支部長 2013-現在
理事 2013-現在
代議員 1987-現在
日本生化学会 1973-現在  国内
日本農芸化学会 1973-現在  国内
代議員 2001-現在

委員歴・役員歴
農林水産省プロジェクト一次評価委員