English
 家政学部
 食物栄養学科
 
教授
河村   幸雄
KAWAMURA Yukio

Tel.075-531-7131,7159
リポジトリへのリンク

その他の所属・職名
家政学研究科 食物栄養学専攻博士前期課程 指導教員
家政学研究科 生活環境学専攻博士後期課程 指導教員

職歴
京都大学/文部教官/助手(農学研究科/農芸化学専攻/食糧科学研究所)  1977/01/01-1987/09/30 
ハーバード大学医学部分子生理学教室・博士研究員  1984/04/01-1985/05/12 
農林水産省食品総合研究所・蛋白質研究室長  1987/10/01-1999/09/30 
秋田県立総合食品研究所・所長  1999/10/01-2001/03/31 
近畿大学農学部応用生命化学科・教授  2001/04/01-2013/03/31 

出身大学院
京都大学  博士  農学研究科  農芸化学専攻  1976/03/23  単位取得満期退学  国内   

取得学位
農学博士  京都大学  1977/03/23 

学生及び受験生へのメッセージ
 基礎学力に基ずいた思考力、展開力、想像力の涵養を目的に学習してください。   

研究分野
応用生物化学 
食品科学 

キーワード
生体内酸化ストレス応答、認知学習記憶と食品、骨代謝改善、アポトーシス 

研究テーマ
酸化ストレス応答分子のプロテオーム解析  酸化ストレス,プロテオーム   
学習記憶に及ぼす食品成分の作用  学習、記憶、ストレス、食品成分   
食品成分による生体防御亢進  感染防御、    
食品による骨粗鬆症予防  骨粗鬆症、葛、破骨細胞   

共同・受託研究希望テーマ
記憶の定着と保持に及ぼす食品成分の影響    大学等の研究機関との共同研究を希望     
葛(くず)のイソフラボン、プエラリンによる骨粗鬆症、脂質代謝、炎症状態の改善に関する研究    産学連携等、民間を含む他機関等との共同研究を希望  共同研究   
詳細表示...

著書
食べ物と健康 3  化学同人    2013/08  河村幸雄     
キノコの抗がん作用」がん抑制の食品事典(2003  法研出版    2003  河村幸雄     
大地からの健康学「大豆の健康機能性」  農林統計協会    2001  河村幸雄     
食品機能評価法「血圧制御in vitro & in vivo」  光琳出版    2000  河村幸雄     
大豆のヘルシーテクノロジー  光琳出版    1998       
詳細表示...

論文
Isolation and characterization of acid-soluble bluefin tuna (Thunnus orientalis) skin collagen  aquaculture and fishery science  学術雑誌  共著  10.1186/s41240-018-0  2018  Teruyoshi Tanaka, Kenji Takahashi, Kazufumi Tsubaki, Maika Hirata, Keiko Yamamoto, Amal Biswas, Tatsuya Moriyama, Yukio Kawamura    10.1186/s41240-018-0084-141240  In this study, we isolated and characterized the acid-soluble skin collagen of Pacific bluefin tuna (PBT, Thunnus orientalis). The PBT skin collagen was composed of two α chains (α1 and α2) and one β chain. The denaturation temperature of PBT collagen was low although it was rich in proline and hydroxyproline. The primary structure of PBT skin collagen was almost identical to that of calf and salmon skin collagen; however, it differed with respect to the epitope recognition of the antibody against salmon type I collagen. These results suggest that the primary structure of skin collagen was highly conserved among animal species, although partial sequences that included the epitope structure differed among 
Kudzu(Pueraria lobata) vine isoflavon, Puerarin, improves weight gain, glucose metabolism and osteoporosis and their biokinetics in ovariectomized mouse  Advances in Obesity, Weight management & control  学術雑誌  共著  7/ 3, Doi: 10.15406/aowmc.2017.07.000196  2017/09  T.Tanaka, Y.Homma, and Y.Kawamura    10.15406/aowmc.20170700196  Kudzu(Pueraria lobata) vine isoflavon, Puerarin, improves weight gain, glucose metabolism and osteoporosis and their biokinetics in ovariectomized mouse 
Puerarin suppresses macrophage activation via antioxidant mechanisms in a CaPO4-induced mouse model of aneurysm  J. of Nutritional Science and Vitaminology  学術雑誌  共著  62, 425-431  2016  Teruyoshi Tanaka, Tatsuya Moriyama, Yukio Kawamura , Dai Yamanouchi      Orally administrated Puerarin suppresses macrophage activation via antioxidant mechanisms in a CaPO4-induced mouse model of aneurysm 
Anti-hyperglycemic effect of a kudzu(Pueraria lpbata) vine extracts in ovariectomized mice  J. of Nutritional Science and Vitaminology  学術雑誌  共著  62/ 5, 341 -349  2016/10  Teruyoshi Tanaka, Yukihiro Yokota, Hanjun Tang, Nobuhiro Zaima, Tatsuya Moriyama , Yukio Kawamura      Kudzu(Pueraria lobata) ethanol extracts exerted anti-hyperglycemic action to ovariectomized-mice , a postmenopausal model animal. 
Phylogenetic Analysis and Taste Cell Expression of Calpain 9 in Catfish (Ictalurus punctatus)  Natural Science, 2015, 3, Published Online March 2015 in  学術雑誌  共著  3  2015  Tetsuya Ookura, Eiki Koyama, Anne Hansen, John H. Teeter, Yukio Kawamura, Joseph G. Brand    SciRes. http://www.scirp.org/journal/ns doi   
詳細表示...

研究発表
学会発表  老化促進マウス(SAM)の学習力と獲得記憶のストレス誘導性減衰はカキ熱水抽出物の経口投与により抑制される  日本農芸化学会2018年度大会(名古屋)  2018/03/16   
学会発表  ストレス誘導性記憶の減衰の改善・予防ー牡蠣抽出物ー  日本農芸化学会2017年度大会(京都)  2017/03/19   
学会発表  クズ・プエラリンの経口摂取によるマウスのLPS誘導性敗血症の抑制   日本微量栄養素学会2015 年度学術集会  2015/05/30   
詳細表示...

担当授業科目
大学  食品学実験 
大学  食品学総論 
大学  食物栄養の科学 
大学  科学英語A 
大学院  食品機能学特論 
詳細表示...

教科書・教材
食べ物と健康3  2013/10/10  新ガイドライン準拠 エキスパート 管理栄養士養成シリーズ 
タンパク質の科学  1998/11/25   
詳細表示...

所属学会
日本栄養食糧学会 2001-現在  国内
代議員」 2001-現在
日本分子生物学会 2001-現在  国内
微量栄養素学会 1987-現在  国内
理事 1987-現在
日本食品免疫学会 1987-現在  国内
日本動物細胞工学会 1987-現在  国内
日本食品科学工学会(旧日本食品工学会) 1978-現在  国内
関西支部長 2013-現在
理事 2013-現在
代議員 1987-現在
日本生化学会 1973-現在  国内
日本農芸化学会 1973-現在  国内
代議員 2001-現在

委員歴・役員歴
日本農芸化学会参与
日本栄養食量学会参与
日本食品科学工学会終身会員
日本微量栄養素学会理事
農林水産省プロジェクト一次評価委員