English
 発達教育学部
 教育学科 心理学専攻
 
教授
箱田   裕司
HAKODA Yuji

その他の所属・職名
発達教育学研究科 心理学専攻博士前期課程 指導教員
発達教育学研究科 教育学専攻博士後期課程 指導教員

取得学位
文学博士  九州大学  1988/03 

学生及び受験生へのメッセージ
自分を信じ、新しいことにチャレンジしよう   

研究分野
実験心理学 

キーワード
認知心理学、記憶、注意、認知の個人差 

研究テーマ
ストループ・逆ストループ効果、Navon 課題、有効視野課題を用いた注意の研究  ストループ課題、逆ストループ課題、Navon 課題、有効視野  2013-2015 
大局的・局所的処理モードと認知スタイル  グローバル処理、ローカル処理、認知スタイル、Navon 課題  2014-  本研究では、グローバル・ローカル処理モードと認知スタイルとの関係、およびグローバル・ローカル処理訓練が認知スタイルに及ぼす影響を調べる。
肥満症と認知的コントロール  肥満症、認知的制御、ストループ・逆ストループ干渉  2016-2018  認知的干渉課題を用いて肥満症の背景にある認知的メカニズムを研究する

共同・受託研究実績
視覚パターンの記憶とプロトタイプ形成過程の研究  箱田裕司  中溝幸夫・安藤満代  1989-1990  受託研究  企業からの受託研究  安藤満代・箱田裕司 (1997)蝶・蜂画像の認知におよぼす特徴の貢献度 基礎心理学研究, 16, 12-20. 
視覚パターンの記憶とプロトタイプ形成過程の研究  箱田裕司  中溝幸夫・安藤満代  1988-1989  受託研究  企業からの受託研究  箱田裕司・安藤満代・中溝幸夫 「蝶図形の認知とカテゴリー化」 心理学研究, 64, 9-15. 
情動的ストレスが人間の環境認知機能に及ぼす影響  箱田裕司  大上渉・大沼夏子  1998-1999  受託研究  企業からの受託研究  大上渉・箱田裕司・大沼夏子・守川伸一 (2001)不快な情動が目撃者の有効視野に及ぼす影響 心理学研究, 72, 361-368. 
詳細表示...

著書
英語教育と認知心理学のクロスポイント  北大路書房  149-150  2016/02  箱田裕司・松本亜紀  978-4-7628-2915-4  本書の佐久間康之氏による第2章「外国語活動経験者の母語(日本語)および外国語(英語)におけるストループおよび逆ストループ効果:小学5年から中学3年の認知発達的特長」について、我々のストループ・逆ストループ研究の成果に基づき、批判的検討を行った。 
本当のかしこさとは何か:感情知性(EI)を育む心理学  有斐閣    2015/02       
新・知性と感性の心理:認知心理学最前線(行場次郎・箱田裕司編)  福村出版    2014/03  箱田裕司    2000年発刊の「知性と感性の心理」を大幅に改訂したもの。行場とともに編集にあたるとともに、「日常記憶」「これからの認知心理学」の章およびトピックス「あるカテゴリーに限定した障害をもつ患者」を執筆。 
認知心理学ハンドブック  有斐閣    2013/12       
記憶の符号化と検索 感覚・知覚・認知の基礎 現代電子情報通信選書「知識の森」  電子情報通信学会    2012  箱田裕司・大上八潮     
詳細表示...

論文
An fMRI study of the functional mechanisms of Stroop/reverse-Stroop effects.  Behavioural Brain Research  学術雑誌  共著  290, 187-196  2015  Song, Y., & Hakoda, Y.       
Lack of global precedence and global-to-local interference without local processing deficit : A robust finding in children with attention-deficit/hiperactivity disorder under different visual angles of the Navon task.  Neuropsychology  学術雑誌  共著  29, 888-894  2015/11  Song, Y. & Hakoda, Y.    10.1037/neu0000213  通常、Navon課題では大きな文字が小さな文字よりも認知されやすい。ところが、ADHDの実験参加者を用いて調べたところ、グローバル処理優先性は認められず、むしろグローバル処理に障害があることが認められた。 
タスクスイッチング研究におけるいくつかの問題点―佐伯論文へのコメント―  心理学評論  学術雑誌  共著  58, 52-54  2015/08  箱田裕司・渡辺めぐみ       
タスクスイッチング研究におけるいくつかの問題点―佐伯論文へのコメント  心理学評論  学術雑誌  共著  58, 52-54  2015/07  箱田裕司・渡辺めぐみ      佐伯恵理名奈氏による「柔軟性を支える認知メカニズム-タスクスイッチング研究からの示唆-」について、実験方法論観点、あるいは脳研究の視座から批判的検討を行った。 
The Presence of a Weapon Shrinks the Functional Field of View.  Applied Cognitive Psychology  学術雑誌  共著  29  2015/06  Harada, Y., Hakoda, Y., Kuroki, D., & Mitsudo, H.      凶器注目効果が単に注目によって起こるのかそれともそれ以外の原因、例えば有効視野の収縮によって起こるのかという問題について決着を付けた論文。 
詳細表示...

研究発表
学会発表  Effect of reduction in color perception on Stroop and reverseStroop interference  ICP 2016 31st International Congress of Psychology  2016/07/27  高齢者における色彩知覚能力の低下がストループ干渉・逆ストループ干渉にどのような影響を及ぼすか調べた研究。 
その他  Stroop & Reverse-Stroop interference as cognitive control: The possible underlying mechanisms and applied perspectives (Symposium sponsored by Toyo Physical Corporation)  ICP 2016 31st International Congress of Psychology  2016/07/27   
学会発表  Navon letters processing affects cognitive style task performance  ICP 2016 31st International Congress of Psychology  2016/07/26  Navon 課題のグローバル情報あるいはローカル情報を処理することが、認知スタイル課題(ロッド・フレームテスト)にどのような影響を及ぼすか明らかにした。 
学会発表  自閉症における顔表情への識別閾  日本認知心理学会第13回大会  2016/07/05  自閉症児と対照定型発達児で、顔表情の識別閾にどのような違いがあるかを調べた研究 
学会発表  嗅覚刺激における言語隠蔽効果、類似性の影響  日本認知心理学会 第13回大会  2016/07/05  嗅覚刺激を言語化するとその再認成績が低下することを確認し、重要な変数が選択刺激間の類似性であることを明らかにした。 
詳細表示...