English
 家政学部
 生活造形学科
 
教授
山岡   俊樹
YAMAOKA Toshiki

名誉教授授与大学名
和歌山大学

その他の所属・職名
家政学研究科 生活造形学専攻博士前期課程 指導教員
家政学研究科 生活環境学専攻博士後期課程 指導教員

職歴
(株)東芝  1971/04/01-1998/09/30 
和歌山大学  1998/10/01-2014/03/31 

出身大学院
千葉大学  博士後期  自然科学研究科  環境科学専攻  1991/03/31  修了  国内   

出身学校
千葉大学  工学部  工業意匠学科  1971/03/31  卒業  国内   

取得学位
学術博士    1991/03/31 

職務上の実績
認定人間工学専門家     

学生及び受験生へのメッセージ
デザインはユーザに価値を与える役割があります.一方,人間工学は人間と機械の調和を考える学問で,デザインの土台となります.例えば,文字の高さを決めたいとき,文字高=視距離/200の人間工学の式があります.厳密性はありませんが,デザインする上役立つ人間工学のルールです.このような人間工学の様々な情報.法則を学ぶことにより,質の高いユニバーサルデザイン,ビジュアルデザイン,製品デザイン,サービスデザイン等を行うことができます.このデザインと人間工学を学んでみませんか.   

研究分野
サービスデザイン 
デザイン(情報デザイン,ユニバーサルデザイン,UIデザイン,UXデザイン) 
人間工学(メンタルモデル,観察工学,ユーザインタフェース,システム論,他) 
製品開発(マーケットリサーチ) 

キーワード
サービスデザイン,製品デザイン,ユニバーサルデザイン,ユーザ体験デザイン,ユーザインタフェースデザイン,情報デザイン,デザインマネージメント,メンタルモデル,観察工学,システム論,ヒューマンエラー 

研究テーマ
サービスデザイン  サービス,システムデザイン,顧客満足  2005- 
メンタルモデル  structural model, functional model  2005- 
デザイン方法論  デザインプロセス,システム設計方法  1998- 

共同・受託研究希望テーマ
サービスデザイン    産学連携等、民間を含む他機関等との共同研究を希望  技術相談,共同研究   
デザイン(サービスデザイン,ユーザ体験デザイン,製品デザイン,ユニバーサルデザイン,情報デザイン,デザインマネージメント,ユーザインタフェースデザイン)    産学連携等、民間を含む他機関等との共同研究を希望  技術相談,共同研究   
メンタルモデル    産学連携等、民間を含む他機関等との共同研究を希望  技術相談,共同研究   
ユーザビリティ    産学連携等、民間を含む他機関等との共同研究を希望  技術相談,共同研究   
製品開発    産学連携等、民間を含む他機関等との共同研究を希望  技術相談,共同研究   
詳細表示...

共同・受託研究実績
サービスデザイン(鉄道高架下空間の活用デザイン)  山岡俊樹    2015-2015  受託研究  その他   
監視画面のデザイン  山岡俊樹    2014-2015  共同研究  国内共同研究   
デザイン開発      2012-2014  共同研究  国内共同研究   
ソーシャル・サービスデザイン評価体系化研究      2011-2012  共同研究  国内共同研究   
某製品の人間工学に基づくデザイン開発      2011-2012  共同研究  国内共同研究   
詳細表示...

研究費
安全な自転車利用促進を目指す循環型社会の新しい交通システム構築のための基盤研究  2012-2015  科学研究費    科研,基盤研究(B)   
メンタルモデルの骨組みの解明とそれに基づくメンタルモデル設計手法の構築  2011-2014  科学研究費    基盤C   
自然現象に基づく感性豊かなインタフェースデザインに関する調査  2008-2009  その他    新エネルギー・産業技術総合開発機構,平成20年度「エコイノベーション推進事業」   
生鮮部門バックヤード改善プロジェクト  2008-2009  その他    (財)社会経済生産性本部,サービス産業生産性協議会,平成20年度サービス産業生産性向上支援調査事業   
高齢者・若年者のメンタルモデル構築プロセスの精緻化及び設計への落とし込み  2007-2010  科学研究費    科研,基盤C   
詳細表示...

著書
サービスデザイン  共立出版  1-148  2016/06  山岡俊樹  978-4-320-07198-8  理論編と事例編に分かれている.理論編ではサービスデザインの考え方,方法が述べられている.事例編では,サービスデザインを実践した企業の11例が紹介されている. 
デザイン人間工学の基本  武蔵野美術大学出版局    2015/04  山岡俊樹(編著),岡田明,田中兼一,森亮太,吉武良治     
デザイン人間工学―魅力ある製品・UX・サービス構築のために―  共立出版  全頁  2014/03  山岡俊樹    デザインと人間工学を融合させた新しいフレームワークを提唱した.そのデザインプロセス,デザイン項目,事例に基づき,論理的にデザインする方法である. 
デザイナー、エンジニアのためのUX・画面インターフェースデザイン入門  日刊工業新聞社  全7章の内,主に 1章,2章,3章,6章を担当  2013/09  山岡俊樹,前川正実,平田一郎,安井鯨太    論理的に決められた手順に従って行えば,あるレベルのデザインができる様に配慮されている.つまり,誰でも情報のデザインができる様に,考え方,方法および活用事例が記述されている. 
Ergonomics in Asia: Development, opportunities and Challenges  CRC press  177-183  2012/04  山岡俊樹,他    担当章 (A proposal for three useful methods of GUI design usability evaluation) GUIデザイン用に3つの評価方法(チェックリスト,SUM,ユーザビリティタスク分析)を提案して,その有効性を実証した. 
詳細表示...

論文
メンタルモデルの個人差が製品の選択評価に及ぼす影響-ユーザビリティと見た目を指標として-  日本感性工学会論文誌  大学・研究所紀要  共著  15/ 4, 531-536  2016/08  西崎 友規子,土井 俊央,山岡 俊樹       
Design and ease of use: Analysis of individual differences in mental models  Applied Human Factors and Ergonomics 2016  学術雑誌  共著  6  2016/07  Y. Nishizaki, T. Doi and T. Yamaoka       
The extraction requirements using KH-Coder  The 2nd International Symposium on Affective and Engineering  学術雑誌  共著  6  2016/03  Murata Ai, Yamaoka Toshiki       
Relationship of Mental Models with Eye Movement during Operation of the User Interface  The 2nd International Symposium on Affective Science and Engineering  学術雑誌  共著  6  2016/03  Rika Kato,ToshikiYamaoka       
Consideration about an effective information providing method - Operation display with coin lockers as an example-  The 2nd International Symposium on Affective Science and Engineering  学術雑誌  共著  6  2016/03  Yukari Waki,Toshiki Yamaoka       
詳細表示...

研究発表
学会発表  インターフェースにおける時間モデルの検討  第12回日本感性工学会春季大会  2017/03/30   
学会発表  観察,ユーザビリティ及びデザインの評価に対するブール代数アプローチの活用  第12回日本感性工学会春季大会  2017/03/29   
学会発表  月桂冠のサービスデザイン(2)  第12回日本感性工学会春季大会  2017/03/29   
学会発表  月桂冠のサービスデザイン(1)  第12回日本感性工学会春季大会  2017/03/29   
学会発表  制約条件に基づく要求事項抽出  第12回日本感性工学会春季大会  2017/03/29   
詳細表示...

担当授業科目
大学  デザイン概論 
大学  デザイン人間工学 
大学  デザイン実習Ⅰ 
大学院  造形意匠学特別研究Ⅰ 
大学院  造形意匠学特別研究Ⅱ 
詳細表示...

教育実績
1,2回生のデザイン志望の学生に対する指導  2016/04/01-2017/03/31  1,2回生のデザイン志望の学生に対して,デザインに関する基礎事項(レンダリングの描き方等のスキル,デザインの考え方他)を指導し,各種デザインコンペや山岡研のPJにも参加してもらい,実力をつけてもらっている. 
ゼミ生に対するデザインと研究課題の積極的推進  2016/04/01-2017/03/31  3回生と4回生のゼミ生の課題(デザイン,人間工学研究他)の成果を国内外の学会で発表できるように指導している.学会発表の場合,論文の書き方,発表の仕方を指導している.国際学会の場合は,英語による論文の書き方,発表の仕方を時間をかけて行っている. 
詳細表示...

教科書・教材
サービスデザイン  2016/06/25   
デザイン人間工学の基本  2015/04/01   
デザイン人間工学  2014/03/25   
UX・画面インタフェースデザイン入門  2013/09/30   
論理的思考によるデザイン  2012/02/29   
詳細表示...

社会活動
特定非営利法人「人間中心設計推進機構」にて,デザイナー/エンジニア向けの講演会(2)  2016/08/30-2016/08/30   
台湾国立ITRI(工研院産業服務中心 )にて,講演とワークショップを実施  2016/08/13-2016/08/18   
台湾ISU(義守大学,高雄)と山岡研ゼミ生と京都キャンパスプラザにて,デザインのワークショプを実施  2016/08/06-2016/08/11   
特定非営利法人「人間中心設計推進機構」にて,デザイナー/エンジニア向けの講演会(1)  2016/07/04-2016/07/04   
日本学術振興会,科学研究費委員会,委員  2016/04/01-2017/03/31   
詳細表示...

所属学会
サービス学会 2013/04-現在  国内
ヒューマンインタフェース 2000/04-現在  国内
日本人間工学会関西支部 2000/04/01-現在  国内
感性工学会 1999/04-現在  国内
Human Factors and Ergonomics Society(米国人間工学会) 1994/01-現在  国内
人類働態学会 1988/04-現在  国内
日本生理人類学会 1988/04-2014/03  国内
日本人間工学会 1982/04-現在  国内
日本デザイン学会 1982/04-現在  国内

委員歴・役員歴
中小企業庁・特定ものづくり基盤技術デザイン技術検討委員会・委員
独立行政法人製品評価技術基盤機構,生活安全ジャーナル,編集委員
独立行政法人製品評価技術基盤機構,回機械技術解析ワーキンググループ,委員
一般社団法人 人間生活工学研究センター,人間工学デザインプロセス国際標準検討委員会,委員
Human Computer Interface International2014,プログラム委員
AHFE International Conference 2014, プログラム委員