English
 文学部
 国文学科
 
講師
宮﨑   三世
MIYAZAKI Mitsuyo

取得学位
博士(人間・環境学)  京都大学  2010/03/23 

学生及び受験生へのメッセージ
昭和期の文学、特に太宰治や石川淳の作品について研究しています。学び続け、授業で皆さんとともに問い、ともに答えを見つけていきたいです。   

研究分野
日本文学 

キーワード
日本近代文学 

研究テーマ
昭和10年前後の太宰治のアンドレ・ジッド受容  太宰治、ジッド   

論文
太宰治「道化の華」における、いかに書く書くかへのこだわり――「パノラマ式」と「ボワ゛ァリー夫人」  人環フォーラム  大学・研究所紀要  単著  34  2015/03         
梶井基次郎「檸檬」論  同志社女子大学学術研究年報  大学・研究所紀要  単著  64  2013/12         
石川淳「山桜」論  同志社女子大学日本語日本文学  大学・研究所紀要  単著  64  2013/06         
文学は言語を用いて何をなしうるか  人環フォーラム  大学・研究所紀要  単著  28  2011/03         
石川淳「葦手」論――「座標」のゆくえ  歴文化社会論講座紀要  大学・研究所紀要  単著  8  2011/02         
詳細表示...

研究発表
学会発表  中原中也「骨」論  日本近代文学会 春季大会  2016/05/29   
その他  梶井基次郎「檸檬」――「えたいの知れない不吉な塊」に「圧へつけられ」た「心」が見せる世界  日本文学協会国語教育部会  2012/04/21   
シンポジウム  石川淳「葦手」論――「道化の華」との比較を通して  太宰治スタディーズ・石川淳研究会共催研究会  2009/09/19   
シンポジウム  太宰治「道化の華」の語り再考――小説のテクストを読むことについて  日本文学協会国語教育部会  2009/05/16   
その他  太宰治「道化の華」における二つのモード再考  石川淳研究会第11回研究会  2009/03/28   
詳細表示...