English
 文学部
 史学科
 
教授
本田   毅彦
HONDA Takehiko

その他の所属・職名
文学研究科 史学専攻博士前期課程 指導教員
文学研究科 史学専攻博士後期課程 指導教員

取得学位
博士  オックスフォード大学  1997/03/08 

学生及び受験生へのメッセージ
イギリスの近現代史を専門に研究しています。しかし広く西洋の近現代史一般に関心を抱いていて、授業ではイギリス以外のヨーロッパ大陸の諸社会の歴史、アメリカ合衆国の歴史も扱います。また、近代のイギリスは巨大な「帝国」でもあったので、西洋の人々のアジアやアフリカの諸社会との関係の歴史も、私にとっては重要なテーマです。分析のための視角としては、コミュニケーションやメディアの歴史に関心を深めています。間口を広くとりながら、皆さんと西洋の近現代史について学んでいきたいと思っています。   

研究分野
西洋史 

キーワード
イギリス近現代史 イギリス帝国史 英印関係史 

著書
つながりの歴史学  北樹出版    2015/10       
ソフト・パワーのメディア文化政策―国際発信力を求めて  新曜社    2012/11       
詳細表示...

論文
イギリス国王のクリスマス・メッセージの由来を考える  京都メディア史研究年報  学術雑誌  単著  2, 103-120  2016/04         
英領インド帝国絶頂期の政治儀礼とメディア  メディア史研究  学術雑誌  単著  39, 99-121  2016/02         
1903年インペリアル・ダーバーにカーゾンが託した夢  帝京史学  大学・研究所紀要  単著  30, 455-522  2015/02         
詳細表示...

研究発表
学会発表  『異端者たちのイギリス』(志村昌幸編、共和国、2016年4月発行)の書評  関西イギリス史研究会、第12回例会  2016/12/17   
学会発表  近代帝国のメディア史的研究の進展と、その可能性  日本マス・コミュニケーション学会2016年度秋季研究発表会  2016/10/29   
学会発表  帝国とメディア史研究-満洲電信電話株式会社を事例に  日本マス・コミュニケーション学会第35期第6回研究会  2016/06/09  本田は、「白戸健一郎著『満洲電信電話株式会社-そのメディア史的研究』を読む-英領インド史の観点から」と題して、発表を行った。 
学会発表  1903、1911年デリー・ダーバーを見つめた視線  第79回西洋史読書会大会(京都大学)  2011/11/03   
詳細表示...