日本語
 Faculty of Home Economics
 Department of Apparel and Space Design
 
Associate Professor
MAEZAKI   Shinya
Birth:1976
Tel.075-531-9018
Repository

Other faculty or department / position
Graduate School of Home Economics Department of Apparel and Space Design(Master's Course) 指導補助教員

Career
Curatorial Inern, Ruth and Sherman Lee Institute for Japanese Art at the Clark Center  2002/10-2003/10 
Invited Scholar, Ruth and Sherman Lee Institute for Japanese Art at the Clark Center  2004/07-2004/12 
Peter Drucker Fellow, Clark Center for Japanese Art and Culture  2008/01-2008/04 
Research Assistant, Kinugasa Research Organization, Ritsumeikan University  2008/10/01-2009/03/31 
Post Doctoral Fellow, Kinugasa Research Organization, Ritsumeikan University  2009/04/01-2009/07/31 
Post Doctral Fellow, Ritsumeikan Global Innovation Research Organization, Ritsumeikan University  2009/08/01-2013/03/31 
京都造形芸術大学大学院芸術研究科[通信教育] 非常勤講師  2010/04/01-2015/03/31 
立命館大学 文学部 非常勤講師「デジタルアーカイブ演習」  2010/09/01-2015/03/31 
京都女子大学 学芸員課程 非常勤講師「博物館情報論」  2011/09/01-2015/03/31 
Senior Researcher, Ritsumeikan Global Innovation Research Organization, Ritsumeikan University  2013/04/01-2014/03/31 
京都精華大学 芸術学部 非常勤講師「陶芸史Ⅰ」  2013/09/01-2016/03/31 
Senior Researcher, Kinugasa Research Organization, Ritsumeikan University  2014/04/01-2015/03/31 
京都市立芸術大学 美術学部 非常勤講師「陶芸史」  2014/04/01-2015/03/31 
京都市立芸術大学 芸術資源研究センター 非常勤研究員  2014/04/01-Present 
大手前大学 総合文化学部 非常勤講師「日本美術工芸史」  2014/09/01-2015/03/31 
立命館大学アート・リサーチセンター客員協力研究員  2015/04/01-Present 
京都女子大学 家政学部 生活造形学科 准教授  2015/04/01-Present 
京都美術工芸大学 非常勤講師「伝統工芸産業工学」  2017/04/01-Present 
立命館大学 文学部 非常勤講師「京都学特殊講義Ⅴ」  2017/09/01-2018/03/31 

Graduate school
School of Oriental and African Studies, University of London  Master course  Humanities  History of Art  2002/08/31  Completed  Overseas  英国 
School of Oriental and African Studies, University of London  Doctor course  Humanities  History of Art  2008/08/31  Completed  Overseas  英国 

School
龍谷大学  文学部  史学科東洋史学専攻  2000/03/31  Graduated  Domestic   

Academic degrees
Ph.D in History of Art  University of London  2009/08/31 

Announcement to students
陶磁器・漆器・ガラス工芸や木竹工芸など、日本には様々な美術工芸品があります。その歴史から使い方や飾り方まで、皆さんの生活空間を美しく豊かにするための勉強をしましょう。   

Current research field
Aesthetics/History of Art 
工芸文化史 
文化情報学 

Research keywords
東洋陶磁研究、近現代窯業史、近現代工芸史、博物館情報、画像データベース、デジタルアーカイブ 

Achievements of joint or funded research
インターネットを用いた伝統文化の世界発信に有効なコンテンツのあり方に関する研究  前﨑信也    2017-2017  Funded research  Other   
インターネットを用いた伝統文化の世界発信に有効なコンテンツのあり方に関する研究  前﨑信也    2016-2016  Funded research  Other   
伝統工芸を中心とする日本文化の発信に寄与する調査研究  赤間亮・前﨑信也    2015-2016  Funded research  Research commisioned by company  グーグル・カルチュラル・インスティテュート上にテーマサイト「Made in Japan: 日本の匠」を公開(2016年1月26日) 
絵の色みが白磁の色合いに与える変化の定量化について  徳永留美  地方独立行政法人京都市産業技術研究所、前﨑信也  2015-2016  Joint research  Domestic joint research within Japan   
アジア圏文化資源研究開拓  赤間亮  冨田美香,金子貴昭,西林孝浩,三須祐介,前崎信也,加茂瑞穂,李増先,川内有子,山口欧志  2014-Present  Joint research  Domestic joint research within Japan   
View details...

Books
『Disappear: Bamboo & Technology』  花筥  5-6  2017/10  四代田辺竹雲斎、貝島佐和子、前﨑信也     
Godai: Tanabe Chikuunsai IV and Tadayuki Minamoto  5 Continents Editions  6-17  2017/09  Shinya Maezaki  978-8874397815  In late 2016, a monumental installation, made wholly of bamboo, was installed in the Musee Guimet in Paris to great acclaim. Over 19 feet high and nearly as wide, this astonishing piece was created by Japanese artist Tanabe Shochiku, now known as Tanabe Chikuunsai IV (b. 1973), the fourth generation of a prestigious family of kagoshi (master bamboo craftsmen). The work, Godai, was composed of 8,000 small pieces of bamboo; it represented a world where the five elements, or godai, that make up the world (wind, water, earth, void, and fire) intertwine. Like other great works of bamboo, or wicker, Godai was dismantled at the end of the exhibition, and the same bamboo will be used for new installations. Widely praised and collected, Tanabe's works are in the collections of major museums worldwide. 
「四代田辺竹雲斎」四代田辺竹雲斎編『四代田辺竹雲斎』  田辺竹雲斎  128-134  2017/04  前﨑信也     
ジュリア・ミーチ(日本語訳:前﨑信也・清水彩野)「「千種」と国際美術市場」竹内順一、岡佳子、ルイズ・コート、アンドリュー・M・ワツキー編『「千種」物語 二つの海を渡った唐物茶壷』  思文閣出版  212-230  2016/12  ジュリア・ミーチ(日本語訳:前﨑信也・清水彩野)  978-4-7842-1870-7   
『融合する工芸―旅に出たヤドカリのはなし』  高島屋美術部  全38  2016/11  前崎信也、田辺小竹、若宮隆志、小黒アリサ、笹井文恵、加藤亮太郎、マニュエラ・ポール・キャバリエ    2016年11月30日~12月6日に大阪高島屋6階美術画廊で開催した企画展の図録 
View details...

Papers
「Google Arts & Culture「Made in Japan:日本の匠」における京都女子大学と立命館大学の取り組みについて」  『生活造形』  Bulletin of Universities and Institutes  Joint  63, 75-78  2018/02  前﨑信也、山本真紗子       
「女子大学生の見た伝統工芸展」  『日本工芸会 近畿支部会報』  Other  Only  29, 22  2017/08  前﨑信也       
「自在に展開する竹のカタチ」  『炎芸術』  Other  Only  130, 95  2017/04  前﨑信也       
「オリンピックは日本文化の救世主か」  『鴨東通信』  Other  Only  104, 19-20  2017/04  前﨑信也       
「世界のアートと日本の工芸を「融合」させる道を求めて」  『月刊美術』  Other  Only  497, 52-55  2017/01  前﨑信也      現代工芸作家によるコラボレーション作品の制作と展覧会の監修を通して、これからの日本の伝統工芸がいかにすれば、世界のアートの中に含まれるのかについて解説。 
View details...

Research presentations
Guest speaker  「三代清風与平」  近代工芸研究会(会場:京都大学楽友会館)  2018/03/22   
Symposium  "Study on the process of creativity: A case study of collaboration in Japanese craft-making"  京都大学未来創生学国際研究ユニット 国際ワークショップ2018  2018/02/15   
Symposium  Presenting Japanese Crafts to the world through Google Cultural Institute: the case of the Made in Japan: Nihon no Takumi Project  Japanese Cultural Studies outside of Japan – its current status and future perspectives  2017/07/14   
Lecture  「世界の陶磁交流史から見る中国と日本」  北京外国語大学 北京日本学研究センター2016年秋学期日本学公開講座(会場:北京日本学研究センター)  2016/11/26   
Other  「Webを用いた伝統工芸の発信に有効なコンテンツのあり方」  4th 京都伝統産業ふれあい館サロン(会場:京都伝統産業ふれあい館)  2016/11/22   
View details...

Other research achievements
煎茶会「前﨑センセイと夜咄茶時を愉しむ」第3回(会場:若王子倶楽部 左右)  2018/03/10-2018/03/10  Artistic activities  Joint   
講演「明治150年―近代工芸史からみる日本の世界戦略」京都クオリア経営者塾2月例会(会場:京都ホテルオークラ)  2018/02/20-2018/02/20  Others  Only   
講演 「煎茶の現在を決めた明治という時代―文化は誰のために、何のために選ばれるのか―」一茶庵講座(会場:佃家煎茶室主屋)  2018/01/27-2018/01/27  Artistic activities  Only   
煎茶会「前﨑センセイと夜咄茶時を愉しむ」第2回(会場:若王子倶楽部 左右)  2018/01/22-2018/01/22  Artistic activities  Joint   
煎茶会「前﨑センセイと夜咄茶時を愉しむ」第1回(会場:若王子倶楽部 左右)  2017/12/17-2017/12/17  Artistic activities  Joint   
View details...

Academic awards
平成24年度 意匠学会論文賞  2012/07  Domestic 
View details...

Alloted class
University  外書購読1 
University  教養科目B(芸術と表現4) 
University  生活造形基礎演習Ⅰ 
University  論文作成演習 
Graduate school  造形意匠学特論ⅢA 
View details...

Teaching achievements
学生アンケートによる優秀授業賞  2015-2015  授業名:教養科目B(芸術と表現3) 
View details...

Textbooks and teaching materials
教科書:赤間亮・鈴木桂子・八村広三郎・矢野桂司・湯浅俊彦編『文化情報学ガイドブック』勉誠出版  2014/11  コラム「美術工芸品を可視化する」pp 77-82 を担当 
View details...

Social activities
大英博物館日本部 学芸ボランティア  2006/09/01-2008/08/31   
View details...

Memberships of academic societies
民族藝術学会 2014/06-Present  Domestic
IAJS国際日本学会 2010/11-Present  Domestic
総務理事 2014/10/01-Present
理事(庶務) 2012/10/01-Present
意匠学会 2010/07-Present  Domestic
東洋陶磁学会 2010/04-Present  Domestic
明治美術学会 2010/04-Present  Domestic
ジャポニスム学会 2009/04-Present  Domestic
美術史学会 2009/04-Present  Domestic

Director and committee career
2014年1月~2015年8月 一般財団法人京都陶磁器協会 京都陶磁器会館店舗運営アドバイザー
2014年4月~2016年3月 京都市教育委員会 元藤平陶芸登り窯の歴史的価値等の調査研究メンバー
2015年9月~  一般財団法人 京都陶磁器協会 店舗・対外事業委員会委員
2016年3月 第45回伝統工芸展近畿展 第一次監査委員(第一部門:陶芸・金工・木竹工)
2016年10月~ 兵庫県宍粟市美術展審査委員
2016年12月 京都陶磁器共同組合連合会主催 「Sake Cheers Cup Competition」審査員
2016年2月 第46回日本伝統工芸近畿展 第一次監査委員(第二部門:染織・陶芸・人形・諸工芸)
2017年4月~ 意匠学会 広報担当委員