著書
公開件数:3件
No. 書名 出版社名 担当頁 出版日 著者名 ISBN 概要
1 乳幼児の発達臨床心理学: 理論と現場をつなぐ
北大路書房
160-165,172-176.177
2016/05
菊野 春雄,阿部 直美,菊野 雄一郎,倉盛 美穂子,福井 笑子,安原 秀和 ,池川 正也,平野 美沙子 ,藤田 依久子,阪上 節子,隠岐 厚美,瀬々倉 玉奈,橋本 祐子,高城 佳那,渡辺 俊太郎
978-4762829376
第8章 親への支援,第1節育児不安,第3節子育て支援,columu7海外の子育て事情 を担当。育児不安について解説した上で、実践・研究経験にもとづいて,支援者養成のトレーニングや援助実践について具体的に論述した。
2 Ung Dung Tam Ly Hoc tai Nhat Ban
Hanoi: Nha Xuat Ban Tu Dien Bach Khoa 
46-69
2005/01
編者:Vu Dung・Phan Thi Mai Huong・Ito Tetsuji・Yamamoto Toshiya(ドー・ロング・ティ・マイ・フォン・伊藤哲司・山本登志哉). 共著者:ドー・ロング・サトウタツヤ・荒木穂積・瀬々倉玉奈・戸田有一・伊藤哲司・西田公昭・杉万俊夫・杉浦淳吉・谷口俊治・山口真美・渡邊洋・藤森和美・時津倫子・山本登志哉・高岡昌子・脇中洋・齋藤憲一郎・ティ・マイ・フォン・伊藤哲司・山本登志哉.

 ベトナム社会人文科学国家センター心理学研究所Dungドー・ロング所長とHuong博士の協力の下、ベトナムで初めて出版された日本人研究者による日本の心理学専門書。日本の応用心理学をベトナム語で紹介したものである。総頁:343頁。  筆者は,第3章:“Tro giup tre va cha me: Kinh nghiem rut ra tu mot trung tam y te cong cong dua vao cong doag.”(「子育ち・子育て支援 -市町村の保健センターにおける実践経験から-」を担当。昨今の日本において、子育て支援の必要性が叫ばれている現状と、その原因について言及した上で、応募者自身の「子育ち・子育て支援」について述べた。 臨床心理学と発達心理学の知見を応用したかたちで行っている、ある保健センターでの子育ち・子育て支援の実践及び実践研究について、その成立過程を詳解した。
3 事例にまなぶ不登校 思春期のこころと家族
人文書院
55-85
1994/03
編者:菅佐和子.共著者:河合隼雄,菅佐和子,河原省吾,瀬々倉(西田)玉奈,本多利子,加藤礼子,永野浩二,阿部真理子.

 思春期における不登校について、その心性と家族を見据えた事例の考察を編者からの紙上スーパーバイズ的な形式で記載した著書である。総頁:231.  筆者は,第3章:「あゆみ(中学3年・女子)-『男まさり』な女の子の悩み-」を担当。男まさりな女の子「あゆみ」が中学校入学後に呈した不登校状態を思春期における性的同一性の混乱によるものであると捉えて考察を行った。  また、初心のセラピストが思春期という繊細な時期のクライエントに実施し得る心理的援助の可能性と限界にも言及した。