English
 発達教育学部
 児童学科
 
准教授
間瀬   知紀
MASE Tomoki

その他の所属・職名
発達教育学研究科 児童学専攻修士課程 授業担当教員

職歴
京都文教短期大学 非常勤講師  1991/04/01-2009/09/30 
佛教大学 非常勤講師  1994/09/01-2007/03/31 
京都光華女子大学 非常勤講師  1997/04/01-2011/03/31 
華頂短期大学 非常勤講師   2000/04/01-2011/03/31 
京都女子大学/京都女子大学短期大学部 非常勤講師  2002/04/01-2011/03/31 
龍谷大学 非常勤講師  2008/04/01-2011/03/31 
関西大学 非常勤講師  2008/04/01-2011/03/31 
聖母女学院短期大学 非常勤講師  2010/04/01-2011/03/31 
名古屋女子大学文学部児童教育学科 専任講師  2011/04/01-2013/03/31 
京都聖母女学院短期大学児童教育学科 准教授  2013/04/01-2016/03/31 
京都女子大学 非常勤講師  2014/04/01-2016/03/31 
京都女子大学発達教育学部児童学科 准教授  2016/04/01-現在 

出身大学院
大阪教育大学大学院  修士  教育学研究科  実践学校教育専攻  2002/03/31  修了  国内   
神戸大学大学院  博士後期  人間発達環境学研究科 研究生    2014/03/31  修了  国内   

取得学位
修士(教育学)  大阪教育大学  2002/03/31 
博士(学術)  神戸大学  2016/02/19 

研究分野
公衆衛生学・健康科学 

キーワード
体格 体組成 発育発達 身体活動 運動 食行動  

研究費
成長期における獲得筋量と骨量・脂肪量および生活習慣との関連性  2014-2016  科学研究費  基盤研究(C)一般  科学研究費助成金  発達段階に応じて獲得する筋量と、それぞれの段階において関連する因子やその変化について縦断的に観察を行った。 
成長期における脂質代謝が骨量獲得および骨代謝に及ぼす影響:小中学生の縦断調査から  2013-2015  科学研究費  基盤研究(B)一般  科学研究費補助金  小児の正確な骨量や体組成のデータを得るため本研究では、二重エネルギーエックス線吸収測定法による体組成の測定を行うとともに、体組成に関連する生活習慣を検討した。 
詳細表示...

著書
健康生活のための運動・スポーツ(第3版)  東山書房    2016/03  中井誠一 寄本明 間瀬知紀 下村雅昭 新矢博美 南千恵 森博文  978-4-8278-1501-6  健康科学の講義用教科書として編集されたものである。健康教育の学習内容を「女性」「健康生活」「運動」「生涯学習」「安全」をキーワードとして生活に密着した具体的な諸問題について乳幼児から高齢者までのライフスタイルを視野に入れて検討した。 [担当部分概要] 第1章2節生活習慣と健康(pp.28-34)、第2章4節ウエイトコントロール(pp.62-75)、第3章1節生活習慣病(pp.90-97)を担当。健康と生活習慣との関連および生活習慣病について概説するとともに体組成および骨量と健康行動との関連を概説した。 
詳細表示...

論文
Relationship among eating behavior, effortful control, and w personality traits in Japanese students: cross-sectional study.  British Journal of Medicine & Medical Research  学術雑誌  共著  18/ 8, 1-9  2016/11  Momoi K, Ohara K, Kouda K, Mase T, Miyawaki C, Fujitani T, Okita Y, Murayama R, Nakamura H  2231-0614  10.9734/BJMMR/2016/29729  食行動とエフォートフル・コントロールならびにパーソナリティの関連について検討した。 
Relationship among Eating Behavior, Effortful Control, and Working Memory in Female Young Adults.  Health  学術雑誌  共著  8/ 12, 1187-1194  2016/09  Momoi K, Ohara K, Okita Y, Mase T, Miyawaki C, Fujitani T, Nakamura H    10.4236/health.2016.812122  食行動とエフォートフル・コントロールならびにワーキングメモリの関連について検討した。 
Cardiovascular response to short-term fasting in menstrual phases in young women: an observational study.  BMC Women's Health  学術雑誌  共著  28/ 15, 67  2015/08  Ohara K, Okita Y, Kouda K, Mase T, Miyawaki C, Nakamura H    10.1186/s12905-015-0224-z  若年女性を対象に,黄体期,卵胞期の各々において,通常の食事摂取と食事制限によるストレス軽減効果を比較検討した。 
Influences of peers' and family members' body shapes on perception of body image and desire for thinness in Japanese female students.  International Journal of Women's Health  学術雑誌  共著  7, 625-633  2015/06  Mase T, Ohara K, Miyawaki C, Kouda K, Nakamura H    10.2147/IJWH.S82193  日本人女子学生を対象として、 体型認識ややせ願望に関わる要因について家族や友人といった身近な人々の体型との関連を検討した。 
The relationships among perception of body image, a desire for thinness, and dieting behavior in young females in Japan.  Health  学術雑誌  共著  7/ 1, 112-182  2015/01  Mase T, Miyawaki C, Ohara K, Nakamura H    10.4236/health.2015.71013  日本人若年女性を対象として 低体重者および普通体重者の体型認識を把握するとともに体型認識およびやせ願望と減量行動との関連を検討した。 
詳細表示...

研究発表
学会発表  成長期における運動経験と獲得筋量との関連-女子学生を対象とした検討-  日本発育発達学会第15回大会  2017/03/18  獲得筋量がピークにあると思われる女子学生を対象として成長期の運動経験と獲得筋量との関連を運動種目の特性により検討した。 
学会発表  ストレスと食行動 -大学生における調査から-  日本学校保健学会第63回学術大会  2016/11/20  大学生を対象に食行動・食態度とストレスとの関連について検討した。 
学会発表  食行動とパーソナリティ,実行注意との関連-大学生における調査より-  日本学校保健学会第63回学術大会  2016/11/20  大学生を対象に食行動とパーソナリティおよび実行注意との関連について検討した。 
学会発表  学校体育における着衣水泳と水難事故の実態について  日本学校保健学会第63回学術大会  2016/11/19  学校体育における着衣水泳の実施は、水難事故を回避するために大変有意義であるとされているが、各学校の実施時期、実施方法や指導者等今後の検討課題である。 
学会発表  女子大学生における感謝・自己実現態度・Sense of Coherence の関係性について  日本学校保健学会第63回学術大会  2016/11/19  日本の大学生においては、自己実現態度とsocの関係性があることが報告されているが、感謝の要因を踏まえた検証はされていない。本研究では、日本人女子大生生を対象に検証を行った。 
詳細表示...

担当授業科目
大学  生理学演習 
大学  児童学基礎演習Ⅰ 
大学  児童学専門演習Ⅰ 
大学  児童保健学Ⅰ 
大学  児童保健学演習 
詳細表示...

所属学会
日本スポーツ健康科学学会 2013/04/01-現在  国内
日本公衆衛生学会 2011/04/01-現在  国内
近畿学校保健学会 2010/04/01-現在  国内
評議委員 2012/04/01-現在
身体運動文化学会(関西支部) 2003/04/01-現在  国内
日本発育発達学会 2002/04/01-現在  国内
日本学校保健学会 2002/04/01-現在  国内
日本体力医学会 2000/04/01-現在  国内
日本体育学会 1998/04/01-現在  国内