English
 現代社会学部
 現代社会学科
 
講師
丸野   由希
MARUNO Yuki

その他の所属・職名
現代社会研究科 公共圏創成専攻博士前期課程 授業担当教員

出身大学院
奈良先端科学技術大学院大学  博士後期  情報科学研究科    2015/03/24  修了  国内   

出身学校
京都女子大学  現代社会学部  現代社会学科  2004/03/15  卒業  国内   

取得学位
博士(工学)  奈良先端科学技術大学院大学  2015/03/24 

学生及び受験生へのメッセージ
プログラミングと聞いてどのようなイメージを思い浮かべますか。何だかよくわからないけど難しそうと思うかもしれません。
プログラミングやRubyに少しでも興味・関心を持ったら、プログラミング体験イベント「Ruby Girls」や「Rails Girls Kyoto」に参加してみてください。プログラミング言語 Ruby の世界を体験することができます。

Ruby Girls
http://www.kyoto-wu.ac.jp/news/details/n6eaci0000008gll.html

Rails Girls Kyoto
http://railsgirls.jp/events/   

研究分野
知能情報学 
感性情報学・ソフトコンピューティング 

キーワード
パターン認識,機械学習 

著書
『楽しいプログラミング[増補改訂新版』-オブジェクト指向言語Rubyを使って-  インプレスR&D    2015/07  小波 秀雄/丸野 由希  978-4-8443-9638-3  本書は、初歩的なプログラミングの手ほどきから始めて、実用的なレベルまで高める目的として、他の参考書なしにプログラミングの学習を進められるように細かいところまで説明しています。まずはプログラム例を実際に走らせては、その働きを注意深く観察して、仕組みを理解することで、プログラミングについてかなりのレベルの知識と技術を得られます。各章には練習問題も用意されており、巻末に本文中の練習問題の解答・解説が掲載されています。 
詳細表示...

論文
卒業論文のテーマに何が選ばれてきたか-現代社会学部の卒業論文の語彙分析から-  京都女子大学現代社会学部紀要『現代社会研究』  大学・研究所紀要  単著  19, 35-50  2016/12         
Canine Emotional States Assessment with Heart Rate Variability  Proceedings of APSIPA Annual Summit and Conference 2016  学術雑誌  共著    2016/12  Eri Nakahara, Yuki Maruno, Takatomi Kubo, Rina Ouchi, Maki Katayama, Koichi Fujiwara, Miho Nagasawa, Takefumi Kikusui and Kazushi Ikeda       
Campus Wireless LAN Usage Analysis and Its Applications  In Proceeding of the 23rd International Conference on Neural Information Processing (ICONIP2016)  学術雑誌  共著  Part I/ LNCS 9947, 563–569  2016/10  Kensuke Miyashita and Yuki Maruno       
RubyコミュニティとRails Girls-オープンソースを支えるコミュニティと運動-  京都女子大学現代社会学部紀要『現代社会研究』  大学・研究所紀要  単著  18, 107-115  2015/11        京都女子大学現代社会学部では,2000年の学部創立以来,Rubyによるプログラミング教育を行ってきた.さらに,2013年からはRubyを使ったWebアプリケーション製作のフレームワークであるRuby on Railsを授業に取り入れてきた. 本研究ノートでは,オープンソースソフトウェアとは何かについて触れ,さらに,京都女子大学におけるプログラミング教育や京都女子大学で行われたイベントRails Girlsについて述べた. 
軸索伸長の抑制因子と因子阻害剤の浸透率の推定  電子情報通信学会技術研究報告  学術雑誌  共著  115/ 111, 72 - 76  2015/06  柿崎遼,丸野由希,池田和司,作村諭一       
詳細表示...

研究発表
講演  京都女子大学でのRuby 教育の取り組み  RubyWorld Conference 2017  2017/11   
学会発表  Canine Emotional States Assessment with Heart Rate Variability  計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2016 (SSI2016)  2016/12   
学会発表  京都⼥⼦⼤学現代社会学部の卒業論⽂題⽬のテキストマイニングによる分析  2016年度 情報処理学会関⻄⽀部 ⽀部⼤会  2016/09   
学会発表  Canine Emotional States Assessment with Biosignals  APSIPA BioSiPS Workshop 2016  2016/07   
学会発表  Assessing Canine Emotional States Using an Accelerometer  The 31st International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications (ITC-CSCC 2016)  2016/07  The estimation of emotional states is important to maximize the performances of rescue dogs. Although such physiological data as heart rate and its variability are effective for estimation tasks, they are difficult to measure in noisy environments. In this paper, we proposed a method for emotional state estimation from acceleration data. The method classified positive, negative, and neutral emotions with 92% accuracy within one subject and 72% over all subjects. These accuracies are high enough for practical use in rescue dogs. 
詳細表示...

担当授業科目
大学  プログラミング入門 
大学  応用プログラミング 
大学  テキスト処理の技法 
大学  専門英語講読Ⅰ 
大学院  情報発信技法研究 
詳細表示...

所属学会
情報処理学会 2016/06-現在  国内
電子情報通信学会 2012/03-現在  国内