English
 文学部
 英文学科
 
教授
金澤   哲
KANAZAWA Satoshi

その他の所属・職名
文学研究科 英文学専攻博士前期課程 指導教員
文学研究科 英文学専攻博士後期課程 指導教員

取得学位
博士(文学)  京都大学  2009/01/23 

研究分野
ヨーロッパ語系文学 

キーワード
フォークナー、モダニズム、冷戦期の文学、プリント・カルチャー 

研究テーマ
ウィリアム・フォークナーを中心とするアメリカン・モダニズムとプリント・カルチャーの関係  フォークナー、プリント・カルチャー、モダニズム   

著書
『ウィリアム・フォークナーと老いの表象』  松籟社  11-50  2016/02  金澤哲、相田洋明、森有礼、塚田幸光、田中敬子、梅垣昌子、松原陽子、山本裕子、山下昇     
『アメリカン・ロードの物語学』  金星堂  249-264  2015/03  松本昇・中垣恒太郎・馬場聡編、金澤哲ほか28人     
『アメリカ文学における「老い」の政治学』  松籟社  11-27, 177-202  2012/03  金澤哲、里内克巳、石塚則子、Mark Richardson、山本裕子、塚田幸光、丸山美知代、柏原和子、松原陽子、白川恵子     
 『フォークナーの『寓話』――無名兵士の遺したもの』  京都あぽろん社    2007/03       
『夢の変奏——英米文学に描かれた愛』  大阪教育図書  227-278  1994/06  水野眞理、飯沼万里子、久末源治、山田明子、田口和泉、岩田強、水野尚之、金澤哲、高屋慶一郎     
詳細表示...

論文
ウィリアム・フォークナーと1930年代のプリント・カルチャー  英文学論叢  大学・研究所紀要  単著  60, 22-38  2016/12  金澤 哲  0286-1674     
フォークナーの戦争観の変遷について  『フォークナー』  学術雑誌  単著  17, 13-32  2015/05  金澤 哲       
クエンティン・コンプソンの「老い」  『立命館文学』  学術雑誌  単著  634, 31-41  2014/01  金澤 哲       
ハリーの逃走:"The Wild Palms" におけるペン/ペニス  『コルヌコピア』  学術雑誌  単著  22/23, 39-56  2013/03  金澤 哲       
男たちの『寓話』——「馬泥棒に関する覚え書」を読む——  ALBION  学術雑誌  単著  56, 87-101  2010/11  金澤 哲       
詳細表示...

研究発表
学会発表  ウィリアム・フォークナーと1930年代のプリント・カルチャー  日本アメリカ文学会関西支部例会  2016/10/08   
シンポジウム  フォークナーの戦争観の変遷について  日本ウィリアム・フォークナー協会第17回大会  2014/10/03   
学会発表  Between Allegory and History --Reading William Faulkner's A Fable  Faulkner & Yoknapatawpha Conference 2014  2014/07/23   
学会発表  アメリカの『寓話』——「馬泥棒に関する覚え書」を読む——  京大英文学会平成21年度大会  2009/11/14   
シンポジウム  アメリカ文学における老いの諸相  日本アメリカ文学会関西支部第52回大会フォーラム  2008/12/06   
詳細表示...

その他研究業績
(公開講座)ジュンパ・ラヒリの世界――アメリカの新しい移民文学  2016/05/30-現在  その他  単独   
(書評)高野泰志編著『ヘミングウェイと老い』  2015/03-現在  その他  単独   
(レビュー・エッセイ) 南部文学の「伝統」と「テキスト」 Noel Polk,  Faulkner and Welty and the Southern Literary Tradition.  2014/01-現在  その他  単独   
(パブリック・レクチャー)A Legend of an Unknown Soldier: William Faulkner’s A Fable  2013/11/06-現在  その他  単独   
(書評)Helen Oakley, The Reconstruction of William Faulkner in Latin American Fiction and Culture.  2005/05-現在  その他  単独   
詳細表示...