日本語
 Faculty of Human Development and Education
 Department of Education Music Education Course
 
Associate Professor
TAZAKI   Naomi

Other faculty or department / position
Graduate School of Human Development and Education Department of Integration of Human Expression and Behavior(Master's Course) 授業担当教員

Academic degrees
Master of Arts in Humanities  Ochanomizu University  1996/03/31 
Ph.D (Humanities)  Ochanomizu University  2001/09/28 

Announcement to students
音楽は「人間である」ために、社会を構成するために、そして人間と社会をつなぐために、欠くことのできない大切なものです。音楽を学ぶことで、自己と他者を多角的に理解し、社会における自分の立ち位置を見出す。皆さんがそうした姿勢を育む力になれますことを、私は望んでいます。   

Current research field
Musicology 
Aesthetics/History of Art 
Western History 

Research keywords
music, France, the twentieth century, cultural policy, cultural exchange 

Research expenses
The early period of the Radiodiffusion Française (1945–54) and cultural strategies on music: international exchange activities  2013-2013  Others    日本音楽学会 国際研究発表奨励金 (平成25年度第1回)  1945年から1954年にかけてのフランス国営ラジオ局を対象に、国際文化交流の視点から放送番組およびフランス国立管弦楽団の海外演奏旅行の実態について検証した。 
フランス第四共和政期(1946-58年)パリにおける音楽活動状況の検証  2009-2012  Science research expense  Grant-in-Aid for Young Scientists(B)  日本学術振興会 科学研究費補助金 若手研究(B)  フランス第四共和政期(1946-1958年)パリにおける芸術音楽活動状況を、国家の音楽政策の視点を交えて、フランス国営ラジオ放送音楽部門の方針と活動から検証、考察を行なった。1)強力なフランス芸術文化擁護の方針、2)国際協調と自国文化の国際発信への意欲、が明らかになった。 
被占領から復興の記憶: フランス第四共和政期パリにおける音楽活動状況の検証  2009-2010  Donation    「第2回未来を築く子育てプロジェクト」スミセイ女性研究者支援 (住友生命)  フランス第四共和政期(1946-1958年)パリにおける芸術音楽活動状況を、「被占領からの解放」という記憶の視点を交えつつ、フランス国営ラジオ放送音楽部門の方針と活動から検証、考察を行なった。戦争の悲惨な記憶の記念碑化にする慎重な態度、が明らかになった一方で、国外逃亡した作曲家(ストラヴィンスキー、ミヨーなど)の政治的に中立な作品が「パリ解放の象徴」として評価された現象が判明した。 
占領下(1940-44年)におけるパリ市芸術局の音楽政策  2006-2008  Science research expense  Grant-in-Aid for Young Scientists(B)  文部科学省 科学研究費補助金 若手研究(B)  ドイツ占領下パリにおけるパリ市Ville de Paris独自の音楽政策の実態と意義を考察した結果、1)積極的な現代フランス音楽促進、と2)音楽による「国家」シンボル確立への努力、が判明した。 
占領下(1940-44)のパリにおける、フランス人作曲家の音楽活動の検証と考察  2002-2004  Science research expense  Others  日本学術振興会 科学研究費補助金 (特別研究員奨励費)  占領下パリにおけるフランス人作曲家の音楽活動を具体的に検証し、1) 国立歌劇場連合での国家補助金の増額とフランス人作曲家の作品上演時間延長など、占領前より国家の音楽活動支援が増したこと、2) 政治的立場が異なると思われていた作曲家でも実際は同じ場で活動していたこと、など、当時の音楽様相の一端を明らかにした。 
View details...

Books
音楽教育実践学事典  音楽之友社  136-139, 146  2017/09  日本学校音楽教育実践学会 編  978-4-276-31129-9  第5章 教材の働きと開発より「中世・ルネサンスの音楽と楽器」「バロック・古典派の音楽と楽器」「ロマン派の音楽と楽器」「近代の音楽と楽器」(以上、pp. 136-139, 田中龍三と共著)、「他の媒体とかかわりをもつ音楽」(p.146, 単著) 
中学校・高等学校教員養成課程における音楽科教育の理論と実践  三恵社  100-107  2017/06  京都女子大学発達教育学部教育学科音楽教育学専攻 編  978-4-86487-715-2  第7章 中学校・高等学校の西洋音楽史 
View details...

Papers
戦後日本の音楽学とフランスの音楽学の邂逅 ― 日本におけるデュフルクおよびシャイエの影響に関する試論 ―  『人文科学研究』(お茶の水女子大学)  Bulletin of Universities and Institutes  Only  13, 161-175  2017/03  田崎直美       
A study of F.Poulenc’s musical activities and works for radio broadcast during the 1940s: their political background related to the German Occupation  『お茶の水音楽論集』  Bulletin of Universities and Institutes  Only  18, 91-100  2016/04  田崎直美       
戦後日本における招聘フランス人音楽家の活動(1950-53年): 日仏文化交流および日本の音楽界に与えた影響について  『人文科学研究』(お茶の水女子大学)  Bulletin of Universities and Institutes  Only  12, 151-164  2016/03  田崎直美      1950年代初頭に社会的に注目されたフランス人演奏家招聘について、当時の日本人音楽家へ与えた影響および外交的・歴史的意義について考察した。 
Un concours de composition outil de propagande politique : le cas du Concours musical de la ville de Paris sous la Troisième République  La Revue de Musicologie  Academic Journal  Only  101/ 1, 93-124  2015/07  Naomi Tazaki      フランス第三共和政時代より継続的に実施されたパリ市主催の「音楽コンクール」について音楽政策面での特徴と実態について調査した結果、パリ市議会で多数派政治勢力に属する市議会議員が審査員になることで受賞の基準が左右されていたこと、音楽家との間で対立も生じていたことが判明した。 
芸術音楽を通じた仏独文化交流の黎明:1950-52年独仏の放送局による活動検証より  『文化政策研究』(日本文化政策学会)  Academic Journal  Only  8, 59-75  2015/03  田崎直美      西ドイツ成立(1949)直後のフランスの対独文化政策について、フランス国家影響下の放送局における芸術音楽活動の面より資料調査を行った結果、南西ドイツ放送局(SWF)がフランス現代音楽の宣伝に積極的であったこと、フランス国営放送局(RTF)とSWFの間で新たな仏独「文化交流」の実現が判明した。 
View details...

Research presentations
Conference presentation  Cultural Strategies for Music by the Inspection Générale des Beaux-Arts de la Ville de Paris during the German Occupation:Exploiting the Radiodiffusion Nationale  International Musicological Society 20th Quinquennial Congress in Tokyo  2017/03/21  IGBA音楽政策の特徴について、近年新たに判明した情報に焦点を当てる。中でもIGBA演奏会事業の実質的企画者がヴィシー政権のラジオ局である国営ラジオ放送 Radiodiffusion Nationale との連携を働き掛けていた点に着目し、IGBA音楽政策と国策との関係、および政治情勢との関係についての特徴を報告した。 
Symposium  French piano masters invited to post-war Japan: The impact of French–Japanese cultural exchanges (1950, 1952)  International Franco-Japanese Colloquium:First session  2016/02  1950, 1952年に来日した二人のフランス人ピアニストの活動内容と日本音楽界の反応について検証し、日仏音楽交流史上の意義について考察した。 
Conference presentation  The music policy in the City of Paris during the German occupation (1940–44):Public concerts organized by the Inspection Générale des Beaux-Arts de la Ville de Paris (IGBA)  The 8th International Conference on Cultural Policy Research 2014  2014/09  ヴィシー政権時代のパリ市の音楽政策の中より公開演奏会の企画を取り上げ、失業対策・福祉政策という性質からフランス国家の文化的宣伝という性質へと変化した実態について示した。 
Conference presentation  The early period of the Radiodiffusion Française (1945–54) and cultural strategies on music: international exchange activities  The 2nd Biennial Conference of the East Asian Regional Association of the IMS  2013/10  1945年から1954年にかけてのフランス国営ラジオ局を対象に、国際文化交流の視点から放送番組およびフランス国立管弦楽団の海外演奏旅行の実態について検証した。 
Conference presentation  フランス第四共和政前期 (1946-54年) の音楽政策: 国営ラジオ放送におけるフランス国立管弦楽団の演奏曲目より  日本音楽学会第63回全国大会  2012/11  戦後(第四共和政期)のフランス国営ラジオ局とフランス国立管弦楽団を対象に、芸術政策方針及び演奏レパートリーの特徴について検証した。 
View details...

Other research achievements
首都大学東京 オープンユニバーシティ講座講師:「占領下パリの音楽生活」(計4回)  2015/10/24-2015/12/05  Others  Only   
講演とピアノ演奏:第50回日本フォーレ協会主催研究会「フォーレの音楽を伝えた場: 国民音楽協会(1871-1939)と、その後のパリの音楽協会(-1939)」  2007/04/01-2007/04/01  Artistic activities  Joint   
View details...

Memberships of academic societies
The Japan Association for Cultural Policy Research 2013/01-Present  Domestic
Japan Music Education Society 2009/04-Present  Domestic
Société franco-japonaise des Sciences historiques 2005/04-Present  Domestic
International Musicological Society 2002/04-Present  Overseas
The Musicological Society of Japan 1996/04-Present  Domestic