English
 発達教育学部
 教育学科 音楽教育学専攻
 
准教授
田崎   直美
TAZAKI Naomi

その他の所属・職名
発達教育学研究科 表現文化専攻修士課程 授業担当教員

取得学位
修士 (人文科学)  お茶の水女子大学  1996/03/31 
博士 (人文科学)  お茶の水女子大学  2001/09/28 

学生及び受験生へのメッセージ
音楽は「人間である」ために、社会を構成するために、そして人間と社会をつなぐために、欠くことのできない大切なものです。音楽を学ぶことで、自己と他者を多角的に理解し、社会における自分の立ち位置を見出す。皆さんがそうした姿勢を育む力になれますことを、私は望んでいます。   

研究分野
音楽学 
美学・美術史 
西洋史 

キーワード
音楽、フランス、20世紀、文化政策、文化交流 

論文
戦後日本の音楽学とフランスの音楽学の邂逅 ― 日本におけるデュフルクおよびシャイエの影響に関する試論 ―  『人文科学研究』(お茶の水女子大学)  大学・研究所紀要  単著  13, 161-175  2017/03  田崎直美       
戦後日本における招聘フランス人音楽家の活動(1950-53年): 日仏文化交流および日本の音楽界に与えた影響について  『人文科学研究』(お茶の水女子大学)  大学・研究所紀要  単著  12, 151-164  2016/03  田崎直美      1950年代初頭に社会的に注目されたフランス人演奏家招聘について、当時の日本人音楽家へ与えた影響および外交的・歴史的意義について考察した。 
Un concours de composition outil de propagande politique : le cas du Concours musical de la ville de Paris sous la Troisième République  La Revue de Musicologie  学術雑誌  単著  101/ 1, 93-124  2015/07  Naomi Tazaki      フランス第三共和政時代より継続的に実施されたパリ市主催の「音楽コンクール」について音楽政策面での特徴と実態について調査した結果、パリ市議会で多数派政治勢力に属する市議会議員が審査員になることで受賞の基準が左右されていたこと、音楽家との間で対立も生じていたことが判明した。 
芸術音楽を通じた仏独文化交流の黎明:1950-52年独仏の放送局による活動検証より  『文化政策研究』(日本文化政策学会)  学術雑誌  単著  8, 59-75  2015/03  田崎直美      西ドイツ成立(1949)直後のフランスの対独文化政策について、フランス国家影響下の放送局における芸術音楽活動の面より資料調査を行った結果、南西ドイツ放送局(SWF)がフランス現代音楽の宣伝に積極的であったこと、フランス国営放送局(RTF)とSWFの間で新たな仏独「文化交流」の実現が判明した。 
フランス国営ラジオ局 (1946-54) による音楽を通じた国際文化交流  『人間文化創成科学論叢』(お茶の水女子大学)  大学・研究所紀要  単著  16, 235-243  2014/03  田崎直美      戦後(第四共和政期)のフランス国営ラジオ局を対象に、国際文化交流の視点から放送番組およびフランス国立管弦楽団の海外演奏旅行の実態について資料調査した結果、相手国との政治的な力学により交流の仕方は異なるものの、フランス現代音楽紹介が政策的に重要視されていたことが判明した。 
詳細表示...

研究発表
学会発表  Cultural Strategies for Music by the Inspection Générale des Beaux-Arts de la Ville de Paris during the German Occupation:Exploiting the Radiodiffusion Nationale  International Musicological Society 20th Quinquennial Congress in Tokyo  2017/03/21  IGBA音楽政策の特徴について、近年新たに判明した情報に焦点を当てる。中でもIGBA演奏会事業の実質的企画者がヴィシー政権のラジオ局である国営ラジオ放送 Radiodiffusion Nationale との連携を働き掛けていた点に着目し、IGBA音楽政策と国策との関係、および政治情勢との関係についての特徴を報告した。 
シンポジウム  French piano masters invited to post-war Japan: The impact of French–Japanese cultural exchanges (1950, 1952)  International Franco-Japanese Colloquium:First session  2016/02  1950, 1952年に来日した二人のフランス人ピアニストの活動内容と日本音楽界の反応について検証し、日仏音楽交流史上の意義について考察した。 
学会発表  The music policy in the City of Paris during the German occupation (1940–44):Public concerts organized by the Inspection Générale des Beaux-Arts de la Ville de Paris (IGBA)  The 8th International Conference on Cultural Policy Research 2014  2014/09  ヴィシー政権時代のパリ市の音楽政策の中より公開演奏会の企画を取り上げ、失業対策・福祉政策という性質からフランス国家の文化的宣伝という性質へと変化した実態について示した。 
学会発表  The early period of the Radiodiffusion Française (1945–54) and cultural strategies on music: international exchange activities  The 2nd Biennial Conference of the East Asian Regional Association of the IMS  2013/10  1945年から1954年にかけてのフランス国営ラジオ局を対象に、国際文化交流の視点から放送番組およびフランス国立管弦楽団の海外演奏旅行の実態について検証した。 
学会発表  フランス第四共和政前期 (1946-54年) の音楽政策: 国営ラジオ放送におけるフランス国立管弦楽団の演奏曲目より  日本音楽学会第63回全国大会  2012/11  戦後(第四共和政期)のフランス国営ラジオ局とフランス国立管弦楽団を対象に、芸術政策方針及び演奏レパートリーの特徴について検証した。 
詳細表示...