English
 発達教育学部
 教育学科 教育学専攻
 
教授
水戸部   修治
MITOBE Shuji

その他の所属・職名
発達教育学研究科 表現文化専攻修士課程 指導補助教員

職歴
山形県教育庁東南村山教育事務所指導主事  2000/04/01-2001/03/31 
山形県教育庁村山教育事務所指導主事  2001/04/01-2005/03/31 
山形県教育庁義務教育課指導主事  2005/04/01-2006/03/31 
山形大学地域教育文化学部講師  2006/04/01-2008/03/31 
山形大学地域教育文化学部准教授  2008/04/01-2008/09/30 
文部科学省初等中等教育局教育課程課教科調査官  2008/10/01-2017/03/31 
国立教育政策研究所教育課程研究センター研究開発部教育課程調査官・学力調査官  2008/10/01-2017/03/31 
国立教育政策研究所教育課程研究センター基礎研究部総括研究官  2011/01/01-2017/03/31 

取得学位
修士(教育学)  山形大学  1998/03/31 

学生及び受験生へのメッセージ
 教職や教育に関わる職に就くことを目指す皆さんにとって、授業づくりを進める力を身につけることはとても大切な課題です。国語科では付けたい力を明確に押さえることがその基盤となります。変化の激しい未来を生きる子供たちにとって必要となる言葉に関する資質・能力を解明していきましょう。
 小学校等での教職に就くことを目指す受験生の皆さん、是非京都女子大学発達教育学部で学んでみませんか。国語科教育を中心に、授業力のある教師になれるよう皆さんを応援します。   

研究分野
教科教育学 

キーワード
国語科教育、読解力、言語活動、評価規準、読書活動、学習指導要領 

研究費
日本版「PISAスーツケース」の開発  2007-2010  科学研究費  基盤研究(C)一般  日本学術振興会科学研究費補助金  「PISAスーツケース」は,ベルリンにおいて開発された基礎学校向けの読解力育成のための教材集である。本研究においては,ベルリン市における実際の活用状況を調査するとともに,「PISAスーツケース」の市販版である読み方実践ボックスを詳細に分析し,その特性を生かしつつ,教師用解説や学年の発達の段階を踏まえた教材の具体化,指導のモデルとなる学習指導案等の作成を行い,我が国の教育課程に適合させた日本版「PISAスーツケース」を開発した。この研究成果は,『日本版「PISAスーツケース」研究成果報告書』(2010年3月)として公表している。 
「教科を貫く国語力育成」のための授業改革リーダー養成研修  2007-2008  その他    独立行政法人教員研修センター委嘱事業「教員研修モデルカリキュラム開発プログラム」  教員研修センターの教員研修モデルカリキュラム開発プログラムに山形大学地域教育文化学部主担当者として応募,採択され,開発チーフとして研究総括・企画運営を担当した。山形県教育委員会との連携のもと,県内8小中学校を開発拠点校として指定し,各教科の学習の基盤となる国語力を育成するための教員研修プログラムを開発した。本学部教授等5名のアドバイザーによる指導体制を組織し,研究成果を公開シンポジウム等で全国に発信した。この研究成果は,「独立行政法人教員研修センター委嘱事業教員研修モデルカリキュラム開発プログラム(平成19年度教育課題研修) 報告書」(2008年3月),シンポジウムリーフレット『教科を貫く国語力の育成』(2008年1月)として公表している。 
実生活に生きる国語力育成のための教材開発に関する実践的研究  2007-2008  その他    やまがた教育振興財団調査研究事業  国語科で身に付けるべき国語の能力は,子供たちの実生活や各教科等の学習にも機能するものとなることが重要である。本研究では,国語科の教科書に取り上げられている表現様式の分析,国語と他教科等との関連などを踏まえて,具体的な国語科の授業実践例を提示した。この研究成果は,『やまがた教育振興財団調査研究事業研究報告書「実生活に生きる国語力育成のための教材開発に関する実践的研究」』(2008年3月)として公表している。 
「日常生活や各教科等の学習に機能する読解力」育成のための授業モデルの開発  2011-2014  科学研究費  基盤研究(C)一般  日本学術振興会科学研究費補助金  従来未解明であった「各教科等の学習において機能する読解力」の具体的な姿を明らかにする手法を開発した。この手法は,小学校学習指導要領に準拠した各教科の「評価規準の設定例」と『学習指導要領解説』を基に,各教科等で育成すべき読解力を明らかにした上で,各教科等の学習に機能する「国語科で育てたい読解力」を抽出するものである。これにより,例えば社会科の評価規準の設定例を基に,国語科で育成すべき読解力として「自分自身や自分の生活と関わらせながら読む」「自分にできることは何かを考えながら読む」など,単に内容を読み取るにとどまらない,各教科等の学習に機能する読解力の具体像を明らかにできた。本研究の成果は,拙論「各教科等の学習に機能する読解力」解明のための手法開発に関する一考察」(論文(19)再掲)他において公表している。 
「各教科等の学習に機能する読解」育成カリキュラム及び授業実践モデルの開発  2014-2017  科学研究費  基盤研究(C)一般  日本学術振興会科学研究費補助金  各教科等の学習に機能する読解力を小学校国語科において系統的に育むための課題として,学校全体で系統的に育成するためのカリキュラム開発とこのカリキュラムを具体化する,国語科の授業改善を進める授業実践モデル開発があげられる。先行事例となるベルリン・ブランデンブルグ州立学校・メディア研究所(LISUM)を中心とした読解力向上に向けた取組である,読解力育成のためのカリキュラム(Lesecurriculum)の特徴と実践上の諸課題を把握,分析することを通して,日本の教育課程に適合したカリキュラム及び授業実践モデルの開発を進めている。 
詳細表示...

著書
言語活動モデル事例集  教育開発研究所  2-3,10-13  2011/03  水戸部修治編著,吉田裕久他40名    学習指導要領に規定する「各教科等における言語活動の充実」を推進する上での基本的課題を整理するとともに,言語活動の充実の必要性とその趣旨を明らかにした。また,全国の小学校及び中学校の言語活動の充実を図った実践を集約し,編集した。 
小学校国語科言語活動パーフェクトガイド1・2年  明治図書  6-15,120-127  2011/07  水戸部修治編著,金久愼一他11名    言語活動の充実を図った国語科の授業づくりについて,小学校低学年を中心に考察した。低学年では場面の様子や登場人物の行動を捉えることなどがねらいとなる。その指導に当たり,ペープサート劇や紙芝居など低学年の実態に応じた活動の特徴を生かすことでねらいに合う言語活動を設定できることを論じた。また,全国の実践家による低学年の言語活動の提案を集め,編集した。 
小学校国語科言語活動パーフェクトガイド3・4年  明治図書  6-15,120-127  2011/07  水戸部修治編著,髙橋多鶴子他13名    小学校中学年では,目的や必要に応じて要約する能力の指導などが課題となる。こうした能力の育成について,児童が目的意識や必要感を明確にもてるような言語活動を位置付けることの重要性について考察した。また,全国の実践家による中学年の言語活動の提案を集め,編集した。 
小学校国語科言語活動パーフェクトガイド5・6年  明治図書  6-15,120-127  2011/07  水戸部修治編著,渡部淳子他12名    小学校高学年では,自分の考えを明確に表現することなどが指導上の課題として挙げられる。こうした課題について,書くことにおいて考えを明確化しながら記述する過程を取り上げて考察した。また,全国の実践家による高学年の言語活動の提案を集め,編集した。 
新評価規準を生かす授業づくり小学校編  ぎょうせい  6-9  2011/08  田中孝一編集代表,水戸部修治編著,笠井健一編著,池田尚子他30名    国語科の評価の観点の考え方,評価規準の設定の在り方,単元の評価の進め方と留意点について明らかにした。また,小学校国語科の単元における学習評価の進め方を,これまで指導を行ってきた全国の実践家の執筆により提案し,編集した。 
詳細表示...

論文
「付けたい力の明確化」を基点とした国語科授業改革  日本国語教育学会『月刊国語教育研究』  学術雑誌  単著  385, 10-15  2004/05  水戸部修治      個に応じた指導を行う際,習熟の程度に応じた指導や補充・発展的学習をどのように行うかが課題となっている。ともすれば指導方法や形態の工夫自体が目的化してしまいがちな現状も見られる。研究協力校において開発した,学年TTのコース学習を例に,「付けたい言語能力」を明確化した上で,指導形態等の工夫を行うことが,ねらいを実現することにつながることを提唱した。 
国語科授業改善システム構築に関する考察  山形大学教職研究総合センター『教職・教育実践研究』  大学・研究所紀要  単著  第2, 43-52  2007/03  水戸部修治       国語科の授業改善を組織的・継続的に推進していくためのシステム構築要因を整理した。特に従来着目されにくかった指導主事等外部協力者との連携の在り方,校内研究体制の在り方について論究し,研究者としては,継続的に研究に関与するアクションリサーチと,個々の国語科授業分析を併用するアプローチが有効であることを明らかにした。  
日本版「PISAスーツケース」の開発に関する基礎的研究  山形大学『山形大学紀要(教育科学編)』  大学・研究所紀要  単著  第14/ 第3, 265-275  2008/02  水戸部修治      日本より早くPISAショックに見舞われたドイツ・ベルリン市では,児童の読解力を育成するためのツール「PISAスーツケース」が開発されている。このツールの特徴を,国内では初めて学術的な見地から紹介するとともに,我が国の国語科授業に適合させた日本版の開発を試みた。 
オーストラリア連邦ニューサウスウェールズ州ワガワガ市における国語科教育の現状  山形大学教職研究総合センター『教職・教育実践研究』  大学・研究所紀要  単著  第3, 19-25  2008/03  水戸部修治      オーストラリアは多言語国家にもかかわらず,PISA(読解力)において好成績を収めている。この要因を解明するため,ニューサウスウェールズ州ワガワガ市において現地調査を行った。学習指導要領とそれを解説した「シラバス」をもとに,独自に教材開発する教師の質の高さやそれを支えるサポートシステムの存在を解明した。  
ベルリン市の基礎学校における「PISAスーツケース」の活用状況と日本版開発の可能性  国立教育政策研究所『国立教育政策研究所紀要』  大学・研究所紀要  単著  第138, 183-193  2009/03        ドイツ・ベルリン市で開発された,子供の読解力を向上させるための教材集「PISAスーツケース」について,より詳細に特徴を分析するとともに,ベルリン市内の基礎学校における活用状況を調査・分析した。さらに,日本の教育課程に適合させた読解力向上のための教材集の開発のポイントとして,発達段階に応じた開発,授業者が子供の実態を踏まえて創意工夫できるための手立てなどが挙げられることを明らかにした。 
詳細表示...

研究発表
シンポジウム  シンポジウム「読書人を育てる国語教育のあり方」  全国大学国語教育学会第130回新潟大会  2016/05  生涯にわたって読書を続けていく基盤として,小学校における国語科の授業づくりをどのように進めて行くのかについて,各種調査データ及び映像指導資料を基に提案した。 
学会発表  「各教科等の学習に機能する読解力」解明のための手法開発に関する一考察  全国大学国語教育学会第124回弘前大会  2013/05  「『各教科等の学習に機能する読解力』解明のための手法開発に関する一考察の成果を基に,開発の具体的過程を,フロアからの研究協力者の発言も交えて発表した。 
学会発表  日本版「PISAスーツケース」の開発に関する基礎的研究(2)  全国大学国語教育学会第114回茨城大会  2008/05  ベルリン市で開発された児童の読解力を育成するためのツール「PISAスーツケース」について解明した論文「日本版『PISAスーツケース』の開発に関する基礎的研究」(論文(5)に掲載)の研究成果を基に,日本版の開発状況に焦点を当てて発表した。 
学会発表  国語科授業研究における成果把握に関する考察  全国大学国語教育学会第112回宇都宮大会  2007/05  国語科の授業改善を進めるシステム構築を図る視点として,授業を計画・実践・評価し改善につなげていくP−D− C− Aのサイクルとしてとらえる必要性を指摘し,経営学における非営利組織の成果把握方法を援用する手法を提案した。改善前と改善後の差異を,指導目標を実現するための手立てがどのように機能したかを分析することで,授業改善の成果を把握するBefore-After方式を新たに提案した。 
学会発表  国語科授業改善システム構築に関する考察  全国大学国語教育学会第111回宮崎大会  2006/09  各学校における国語科の授業改善を進める上で関わってくる諸要因を挙げつつ,どのようなシステム構築が必要かを分析した。特に,教育行政との関わり,校内研究の在り方など,従来国語教育学では検討されにくかった視点を取り上げ,授業改善システムを構築することの重要性に言及した。 
詳細表示...

担当授業科目
大学  教育学入門演習Ⅰ 
大学院  表現文化特論AⅠ 
大学院  表現文化基礎論 
大学院  表現文化課題研究Ⅰ 
大学院  言語表現特論A 
詳細表示...

教科書・教材
国立教育政策研究所『小学校国語科映像指導資料「~言語活動の充実を図った「読むこと」の授業づくり~』  2016/04  国立教育政策研究所教育課程研究センターにおいて,小学校国語科の「読むこと」の学習指導の動画資料を主担当者として作成した。全国各地の優れた実践者を委員として委嘱するとともに,資料の構成,企画,指導プランの立案等を指揮した。DVD3巻に計12事例を収録し,学習指導案等を掲載した印刷資料と合わせて刊行している。国としての国語科の動画資料としては初めての資料となるものである。 
株式会社サン・エデュケーショナル『ビジュアル言語活動シリーズ聞く・話す・伝える』第1巻~第5巻  2014/03  音声言語を中心とした学習指導の在り方を,DVD資料5巻にまとめた指導資料を作成・刊行した。①対話・話し合いをしよう,②協議・討論をしよう。③スピーチ・説明をしよう,④読んで伝えよう(目的を持って読む),⑤読んで伝えよう(音読・朗読・群読)の内容構成について監修及び内容の企画立案を行った。 
独立行政法人教員研修センター『研修講師となるために1 言語活動の充実を図る全体計画と授業の工夫』  2010/02  教員研修センターによる,研修講師養成のテキストとして作成した本書において,言語活動の充実を図る国語科の授業づくりの在り方について,小学校第2学年の事例を取り上げつつ明らかにした。
執筆担当箇所pp.15-21「言語活動の充実を図るための学習指導を考える(1)国語科[小学校]」 
全国大学国語教育学会『新たな時代を拓く小学校国語科教育研究』  2009/01  全国大学国語教育学会による,小学校国語科教育の講義テキストを作成。「学習指導案の意義と作成」の項を執筆した。 
詳細表示...

所属学会
全国大学国語教育学会 1996/10-現在  国内
日本国語教育学会 1991/06-現在  国内