English
 法学部
 法学科
 
准教授
植村   新
UEMURA ARATA

その他の所属・職名
法学研究科 法学専攻修士課程 指導教員

取得学位
学士(法学)  京都大学  2009/03/24 
法務博士(専門職)  京都大学  2011/03/23 
博士(法学)  京都大学  2014/03/24 

職務上の実績
司法試験合格  2011/09/08   

学生及び受験生へのメッセージ
労働法も社会保障法も、皆さんが社会の中で尊厳を持ちながら安心して生きていくために重要な分野です。ぜひ積極的に学んでください。   

研究分野
社会法学 

キーワード
労働法、社会保障法 

研究テーマ
労働協約に対する法規整のあり方  労働協約、協約能力、ドイツ協約法   

論文
集団的労使関係の再生と法の役割  DIO  学術雑誌  単著  334号, 12-15  2018/02         
実作業従事の経緯・動機と不活動時間の労働時間該当性  民商法雑誌  学術雑誌  単著  153/ 2, 307-324  2017/06         
書面性を欠く労使合意と労働協約-都南自動車教習所事件  労働判例百選(第9版)  学術雑誌  単著  180-181  2016/11         
定額残業制下での割増賃金支払と労働時間規制の趣旨-マーケティングインフォメーションコミュニティ事件  法律時報  学術雑誌  単著  88/ 10, 118-121  2016/09         
ドイツの労働組合による組織化戦術の新展開  『認知資本主義-21世紀のポリティカル・エコノミー』  その他  共著  189-216  2016/04  北川亘太・植村新       
詳細表示...

研究発表
シンポジウム  ILOと労働条件  大阪ILOセミナー  2018/05/24   
講演  Japanese Constantly Low Unemployment Rate and Labor Law-Focus on the Legal Policy for the Japanese Employment System-  PANON戦略研究所招待講演  2016/09   
学会発表  労働協約締結権の再構成-ドイツ法における協約能力の議論を契機として―  日本労働法学会第129回大会  2015/05/17   
詳細表示...

社会活動
障害者雇用調停委員(和歌山労働局)  2016/04-2018/06   
紛争調整委員会委員(和歌山労働局)  2015/10-2018/06   
詳細表示...

所属学会
日本社会保障法学会 2018-現在  国内
日独労働法協会 2015-現在  国内
日本労働法学会 2012-現在  国内